Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

ミノキシジルとは?効果や副作用、効果倍増⁉の併用薬も紹介

顕微鏡

ミノキシジルは、もともと高血圧症治療のための血管拡張薬として開発された成分です。 後から発毛効果と脱毛抑制効果があることが分かり、1980年代になって発毛剤ロゲインとして販売されました。

男性型脱毛症(AGA)、女性男性型脱毛症(FAGA)どちらに対しても発毛効果が高く、脱毛を促すホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」生成の元になる酵素5αリダクターゼを阻害すると同時に、毛根にある毛母細胞を活性化させる作用があります。

頭皮に直接塗布する外用薬だけではなく、体内から効果を発揮する経口内服薬も出ています。

薬理効果が違うためフィナステリド配合薬とも併用でき、それぞれを別個に使用するよりも、脱毛症の改善効果が高くなります。

ミノキシジルはもともと高血圧治療のための血管拡張薬として開発されましたが、後に発毛効果と脱毛抑制効果があることが判明し、1980年代に発毛剤ロゲインとして市場に投入されました。

ミノキシジルは男性型脱毛症(AGA)および女性型脱毛症(FAGA)の両方に対して有効であり、脱毛を促すホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成に関与する酵素5αリダクターゼの活動を抑制します。同時に、毛根に存在する毛母細胞を活性化させる作用もあります。

ミノキシジルは、頭皮に直接塗布する外用薬としてだけでなく、経口内服薬のタイプでも利用可能です。

成分フィナステリドなどを含む、他のAGA治療薬との併用が可能で、単独で使用するよりも脱毛症の改善効果が高まるとされています。フィナステリドは薬理作用が異なるため、ミノキシジルと併用することで、さらに効果的な治療が期待できます。

ミノキシジルの効果

  • AGAとFAGAの改善、発毛・育毛促進と抜け毛予防 壮年性脱毛症による抜け毛を抑制し、髪のボリュームを上げます

ミノキシジルは壮年性脱毛症の治療薬や高血圧治療薬に配合される成分で、AGA(男性型脱毛症)とFAGA(女性型脱毛症)の両方に効果があります。この成分は、特に頭頂部や髪の生え際など前頭部の脱毛抑止、そして発毛・育毛に効果が高いため、薄毛改善に有効です。頭頂部の改善率が特に高いことから、AGA治療薬として世界中で広く使用されています。

AGAは、主に男性に見られる壮年性脱毛症です。この症状は、つむじ周辺の頭頂部や生え際の前頭部から始まる抜け毛によって、徐々に頭全体の毛髪が薄くなる特徴があります。男性の場合、思春期を過ぎた頃から症状が現れることが多く、環境や遺伝的要因によっては20代から発症することもあります。

FAGA(女性型脱毛症)では、男性型脱毛症(AGA)のように頭頂部や前頭部から脱毛するのではなく、頭髪全体が薄くなる傾向があります。加齢に伴い女性ホルモンが減少し、それによって脱毛を促す男性ホルモンが相対的に増加することが発症の一因です。ミノキシジルを使用することで、脱毛を防ぎ、発毛や育毛を促進することにより、薄毛の問題を回避することが可能です。

ミノキシジルは、塗布する外用薬の形態と経口内服薬の2タイプがあります。AGAの治療には主に外用薬が用いられていますが、内服薬の開発と販売は外用薬よりも先に行われました。もともと、ミノキシジルは高血圧症の治療薬として開発された成分でしたが、服用する患者に発毛効果が見られたことから、発毛剤としても使用されるようになりました。

外用薬と内服薬は基本的な作用に違いはありませんが、内服薬の場合は、外用薬では成分の浸透が難しい部分にも発毛効果を期待できます。また、外用薬と比較して内服薬は服用の利便性が高く、水があればいつでも服用できるのがメリットです。

ミノキシジルの働き

ミノキシジルの発毛効果は、下記2点の作用によるものです。

  • 毛母細胞の増殖促進
  • 髪の成長期の延長

ミノキシジルが頭皮に塗布されたり内服されたりすると、最初に血管平滑筋という細胞を弛緩させることで血流を改善します。この作用は、アデノシン三リン酸(ATP)感受性チャネルと呼ばれる細胞内部と外部を繋ぐ通路を開放し、細胞の成長を促すATPを血管平滑筋に流入させることで達成されます。この過程でATPが供給されると、血管平滑筋が弛緩し、頭皮の血管が拡張されます。

以上の、このミノキシジルによる血管拡張作用が毛根に栄養を届け、毛髪の成長を促進し、薄毛の改善を助けます。

ミノキシジルは毛髪の細胞分裂や増殖に関わる成長因子の分泌を促進する効果も持っています。ミノキシジルによって活性化される主要な毛髪成長因子には以下のものがあります:

  • IGF-1(インスリン様成長因子)
  • VEGF(血管内皮細胞増殖因子)
  • FGF-7(ケラチノサイト増殖因子)

これらの成長因子は毛母細胞の増殖を支援し、毛根を取り巻く毛包の成長を促進します。この過程は毛髪の成長に不可欠であり、ATPの供給によってさらに毛母細胞の死滅が防がれることが可能になります。

ミノキシジルのAGA(男性型脱毛症)改善率は90%

日本での臨床試験は、薄毛部分に24週間ミノキシジルを塗る方法でおこなわれました。

ミノキシジルの継続使用で明確に薄毛が改善され、治験開始から8週目では10%、12週目では60%、24週目では患者の90%に発毛効果が認められました。

より細かい報告では、1cm四方の薄毛の変化として、太い毛髪の数+25.6本増加、総毛髪量+21.8本増加という目に見えて髪のボリュームが増えたというデータも残っています。

AGA治療薬としてのミノキシジル配合薬は、先発薬ロゲインをはじめとしていくつかの後発薬も販売されています。

FAGA(女性型脱毛症)にもミノキシジルは有効

脱毛症にかかっている女性を対象にしておこなわれた臨床試験でも、ミノキシジルは改善効果が高いという結果が出ています。 女性に対する試験では、男性の半分以下の成分量2%のミノキシジルを24週間継続して塗布しました。

薄毛部分1cm四方、太い毛髪の数+8.15本増加、総毛髪量+15.15本増加という効果が出ましたので、現在では女性用の薄毛改善発毛剤も多く販売されています。

ミノキシジルは他のAGA治療薬との併用がおススメ

ミノキシジル単独でもその効果は期待できますが、他の薄毛治療薬との併用により、より効果的な治療が可能です。以下では、ミノキシジルと他の薄毛治療薬との併用における作用と副作用について詳しくご紹介します。

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの併用可能

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの併用は、男性型脱毛症(AGA)治療において可能です。これらの治療薬は、厚生労働省によって発毛効果が認められており、作用機序が異なるため、併用することでAGAの改善効果を高めることが期待できます

男性型脱毛症を専門とする病院やクリニックの多くは、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの併用を推奨しています。これは、両方を組み合わせることで発毛効果をさらに促進できるためです。

プロペシア(フィナステリド)は、プロペシアの有効成分であり、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を防ぎ、AGAの進行を抑制します。DHTは、男性ホルモンのテストステロンと頭皮の5αリダクターゼII型が結合して生成されます。フィナステリドはこの5αリダクターゼII型を阻害することで、DHTの生成を抑え、AGAの進行を抑制します。

プロペシア(フィナステリド)でAGAの進行を抑制しながら、ミノキシジルで発毛を促すことができます。多くのクリニックでこの併用療法が採用されており、両薬剤の作用機序が異なるため、副作用の面でも共通点は少ないです。ただし、プロペシア(フィナステリド)の副作用には性欲減退、勃起不全、精液量の減少などがあり、これらに注意する必要があります。

ミノキシジルとザガーロ(デュタステリド)との併用もおすすめ

ザガーロ(デュタステリド)は、5αリダクターゼのI型とII型の両方を阻害することにより、プロペシア(フィナステリド)よりも強力にジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する薬です。従来、DHTは主に5αリダクターゼII型からのみ生成されると考えられていましたが、I型もDHT生成に関与しているという見解が近年強まっています。このため、ザガーロ(デュタステリド)はAGA治療においてプロペシア(フィナステリド)よりも広範な効果を発揮する可能性があり、プロペシアで効果が得られなかった方にも効果が期待できます

ザガーロ(デュタステリド)の副作用には、プロペシアと同様に性欲減退や勃起不全などがありますが、ミノキシジルの副作用と重なる項目はありません。このため、ザガーロとミノキシジルを併用することで、副作用のリスクを増やすことなく、AGA治療の効果を高めることが可能です。

ミノキシジルの副作用

  • 頭皮の異常(発疹、かゆみ、かぶれ、ふけ)
  • 発赤
  • 局所熱感
  • 頭痛
  • めまい
  • 胸痛
  • 頻脈
  • 体重増加
  • 手足のむくみ

比較的出やすい副作用は、頭皮のかゆみや発疹、頭痛、めまい、手足のむくみです。 湿疹、毛根上が白ニキビのような状態になる毛のう炎、かぶれは被験者全体の2.0%ほどの発症率で、かゆみや発疹など主な副作用は8.0%の人に発症したという報告がされていますが、いずれも一過性のものです。

かゆみ、粃糠疹などの発疹、かぶれ、赤みや紅斑、刺激感、乾燥、痛み、熱感、腫れ、分泌物といった塗布した箇所に出る副作用は、ミノキシジル製剤に配合されているアルコールにより皮膚に負担がかかるためと考えられています。 外用薬のアルコール濃度は高く、皮膚の弱い方はかぶれや炎症につながることがあるためご注意ください。

ミノキシジルの血管拡張作用が影響する副作用もあり、頭痛、めまい、血圧上昇、動悸、心拍数増加、手足のむくみが多く報告されています。 頭痛は、頭皮の血管拡張で神経を圧迫するために起こります。 また、血流の急激な変化に伴い動悸、めまい、血圧上昇などの状態になるケースも少なくありません。 手足のむくみは、全身の血管が拡がって血中濃度が急に下がることで、血管に含まれる水分が排出されるために引き起こされます。

ミノキシジルの初期症状で起こる脱毛

ミノキシジルを服用し始めると、毛根の活性化に伴い古い毛髪が新しい毛髪に生え変わって成長していきます。 その流れで、一時的な脱毛症状である「初期脱毛」が現れます。

初期脱毛は副作用ではなく、ミノキシジルの作用が効き始めた証拠ですので、心配する必要はありません。

ミノキシジルを服用すると抜け毛の量が増えることがありますが、これは抜け毛が悪化したわけではなく発毛前の準備段階に入った「生え変わり」現象です。 抜けるのは成長が止まった毛髪ですので、毛根が活性化して正常なヘアサイクルのもと髪全体が生え変われば、脱毛症状はなくなります。 初期症状は長くても服用開始から1ヶ月程度で治るといわれています。

ミノキシジルの禁忌事項

下記項目に当てはまる方のミノキシジル使用は禁止されています。

外用薬・内服薬

  • ミノキシジル使用で過敏症を起こしたことがある
  • 壮年性脱毛症以外の脱毛症
  • 急激な脱毛、もしくは斑状の脱毛
  • 頭皮に傷や湿疹、炎症がある
  • 未成年者
  • 妊婦、授乳中の女性

内服薬

  • 褐色細胞腫を患っている

過去、ミノキシジルの配合された薬剤を使用して蕁麻疹や発疹、アレルギーなどの過敏症が現れたことのある方は使用できません。 再度の使用で、より重い症状に発展することもあります。

ミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性型脱毛症)などに対して改善効果が現れます。 そのため、自己疾患障害や強いストレスによる脱毛症は原因が異なるため、使用しないでください。 特に、急激な脱毛や斑状の脱毛は、壮年性脱毛症ではない可能性が考えられます。

頭皮に傷、湿疹、炎症がある場合も悪化を防ぐために使用は控えましょう。 ミノキシジルは、あくまで健康な頭皮にだけ使用できる薬剤です。

未成年者や妊娠中の方の使用も、安全性が確認されていません。 授乳中は薬の成分が移ることがあり、乳児に危険を及ぼす可能性が高くなっています。 なお、妊婦であっても医師の判断のもと、高血圧症の治療薬としてミノキシジル配合薬が使用されるケースもあります。 いずれにせよ専門家の検査や診断によってされるものですので、自己判断での使用はおやめください。

褐色細胞腫は、血圧に関するホルモンが過剰分泌される事で高血圧症を発症する腫瘍です。 ミノキシジルが、このホルモンの分泌過剰を招く理由から高血圧症の内服薬との併用は厳禁とされています。

ミノキシジルの注意事項

  • 高血圧症か低血圧症を患っている
  • 心機能障害や腎機能障害がある
  • むくみがある
  • 身内に壮年性脱毛症患者がいない
  • 甲状腺機能障害を患っている
  • 高齢者
  • 薬、化粧品にアレルギー反応が出たことがある

ミノキシジルは降圧剤としても使用されているため、高血圧症や低血圧症の方の使用は血圧への悪影響が懸念されます。 また、心機能障害か腎機能障害を持つ方も同じです。 ミノキシジルの血管拡張作用による血流増加で、心臓や腎臓に大きな負担がかかる恐れがあります。 特に狭心症や腎不全などを患っている方は、ミノキシジルの使用に注意してください。

むくみのある場合、症状が増幅することがあります。 ミノキシジルの継続使用では、体内の水やナトリウムの滞留を促してむくみが生じやすくなります。 高用量のミノキシジルを使用する高血圧症の治療では、水分の排泄効果を持つ利尿剤と併用してください。

遺伝的要因の大きい壮年性脱毛症は、身内に壮年性脱毛症がいる場合は発症しやすいといわれています。 そのため家族に壮年性脱毛症がいない方の脱毛の原因は生活習慣の乱れやストレス、別の疾患である可能性が高く、ミノキシジルは改善に役立ちません。

甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症など甲状腺疾患は症状の一部に脱毛が報告されています。 甲状腺異常による脱毛にミノキシジルは効果がありませんので、使用前に確認してください。

ミノキシジルの副作用はそこまで強くありませんが、薬物の代謝機能が低下してくる高齢者の使用では、用法用量を守っていても意図しない副作用が現れるリスクがあります。 血圧の変動や他の疾患の増悪も招く場合もありますので、使用前に医師の判断を仰いてください。

何らかの薬や化粧品にアレルギー反応(かゆみ、かぶれ、発疹、発赤)が出たことがある方は、ミノキシジル配合薬の使用に注意しましょう。

ミノキシジルとの併用に注意がいる薬剤

  • 血管拡張薬
  • グアネチジン
  • 角質層の障壁を変化させる薬剤
  • ベタメタゾンジプロピオン酸エステル

ヒドララジンなどの血管拡張薬は、同じ作用を持つミノキシジルとの併用で強力な降圧作用を誘発するリスクがあります。 国外で重篤な高血圧症治療に用いられるグアネチジンにも注意してください。 血圧の急速なコントロール作用があるため、併用で起床時や立ち上がった時の急激な血圧低下を引き起こす起立性低血圧が生じるおそれがあります。

トレチノイン、アントラリンなどの角質層の障壁に作用する薬剤は、ミノキシジル外用薬が吸収される角質層に変化をもたらし、吸収率を増加させることがあります。 血中濃度が過剰に上がることで副作用が強く現れることもあり危険です。

皮膚炎や湿疹、乾癬などの治療薬に使われるベタメタゾンジプロピオン酸エステルは、ミノキシジルの吸収率を下げてしまいます。 塗布した箇所の成分濃度は高まりますが、血管への浸透率が下がるため効果も減少します。

関連商品