Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

ミオナール

メーカー

Bushu Pharmaceuticals Ltd.

種類:

50mg

数量:

30錠

¥3,980

60錠

¥6,480

90錠

¥8,780

商品説明

商品概要

商品名 ミオナール(myonal)
内容量 1箱/30錠
効果・効能 解熱や鎮痛
用法・用量 1日1〜3回、1回1錠(50mg)
有効成分 エペリゾン塩酸塩
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 眠気やふらつきなど
メーカー Bushu Pharmaceuticals Ltd.
発送国 香港など

ミオナール の特徴

効果的な筋弛緩薬

ミオナールは、筋肉の緊張を和らげ、コリや痛みを軽減する筋弛緩薬です。特に重度の肩こりや腰痛に高い効果があり、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛症などの筋緊張状態を改善し、痙性麻痺など筋肉がこわばる病気の治療にも用いられます。

幅広い適応症

また、緊張性頭痛や五十肩の治療にも効果的で、慢性的な痛みの緩和にも役立ちます。

安心して使用できる

ミオナールは効果が穏やかで、副作用が少ないため、初めて使用する方にも安心してお使いいただけます。

ミオナール はこんな方におすすめ

ミオナール は、次のような方におすすめです。

  • 慢性的な腰痛に悩んでいる方
  • 肩こりがひどく、日常生活に支障をきたしている方
  • 筋肉の緊張や痙攣が頻繁に起こる方
  • スポーツや運動後の筋肉痛を和らげたい方
  • 長時間のデスクワークや同じ姿勢での作業が多い方
  • 外傷や手術後のリハビリテーション中で、筋肉の緊張緩和が必要な方
  • 筋肉のけいれんによる不眠や不快感を感じる方

ミオナール の効果・効能

主な効果・効能

  • 筋肉の緊張緩和:筋肉のこわばりや痙攣を抑制することで、筋肉の過度な緊張を緩和します。これにより、筋肉の柔軟性が向上し、痛みや不快感を軽減します。
  • 疼痛の軽減:筋肉の緊張が原因で生じる疼痛を和らげる効果があります。筋肉痛や腰痛、肩こりなど、日常生活でよく見られる痛みの症状を改善することが期待できます。
  • 血流の改善:エペリゾン塩酸塩は、筋肉を弛緩させると同時に血管を拡張する作用があり、局所の血流を改善します。これにより、酸素や栄養素の供給が増え、回復を促進します。
  • 末梢神経の保護:筋肉の緊張が神経を圧迫することによる痛みやしびれを軽減し、末梢神経の正常な機能をサポートします。これにより、手足のしびれや神経痛の緩和が期待されます。

以下のような症状や疾患に対して使用されます。筋緊張性頭痛、頚肩腕症候群、腰痛症、関節リウマチ、変形性脊椎症、筋筋膜痛症候群、筋・骨格系の損傷や手術後のリハビリテーション。

ミオナール の服用方法・使用方法

1回の用量 1錠(50mg)
1日の服用回数 1〜3回
服用間隔 4時間以上
服用のタイミング 食後

1日1〜3回、1回1錠(50mg)を水またはぬるま湯と服用してください。

服用時の注意事項

  • 1日の服用上限は3錠(150mg)までです。
  • 過剰投与しても効果が倍増することはありませんので推奨量を守り服用してください。
  • 万一飲み忘れた場合、気づいた時点で直ちに服用してください。
  • 次回分までの間隔が近い場合は忘れた分は服用せず、次回分から服用してください。
  • 飲み忘れたからと2回分を一度に服用しないでください。

食事の影響

食事の影響をあまり受けないため、食前・食後を問わず服用できます。ただし、胃腸が弱い方は食後に服用することで胃への負担を軽減することができます。

アルコールの影響

服用中にアルコール摂取は副作用を強める可能性があるため、避けてください。

ミオナールの保管方法

  • 直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。

ミオナール の有効成分

エペリゾン塩酸塩の効果

本製品の有効成分であるエペリゾン塩酸塩は、筋肉のこわばりや痛みを和らげるために広く使用されており、適切な投与と管理のもとで効果的に症状を軽減することができます。

中枢神経系と末梢神経系への作用

エペリゾン塩酸塩は中枢神経系に作用し、筋肉の緊張を和らげることで筋弛緩効果を発揮します。また筋肉の緊張を緩和するだけでなく、疼痛を和らげる効果もあります。特に筋収縮による痛みの軽減に有効です。

適応症

エペリゾン塩酸塩は筋弛緩が必要な様々な疾患に使用され、肩こり、腰痛、筋筋膜性疼痛症候群、変形性脊椎症などの治療に用いられます。

作用機序

エペリゾン塩酸塩は中枢性筋弛緩剤であり、脊髄反射の抑制を通じて筋弛緩効果を発揮します。また、末梢神経系にも作用し、直接筋肉に作用して筋収縮を抑制する効果もあります。

html コードをコピーする

ミオナールの副作用

主な副作用

  • 発疹
  • 眠気
  • 不眠
  • 頭痛
  • 四肢のしびれ
  • 悪心・嘔吐
  • 食欲不振
  • 胃部不快感
  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘
  • 口渇
  • 脱力感
  • ふらつき
  • 全身倦怠感
  • ほてり

稀な副作用

  • ショック
  • アナフィラキシー
  • 中毒性表皮壊死融解症
  • 皮膚粘膜眼症候群

ミオナール の注意事項

ミオナール の使用に注意する人

  • 肝機能障害がある方
  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方
  • 授乳中の方

ミオナール を使用してはいけない人

  • ミオナールの成分に対し過敏症の既往歴のある方

併用禁忌

  • 現在とくに報告されていませんが、服用中の薬や持病がある方は医師に相談し服用してください。

併用注意

  • メトカルバモール

その他注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を理解してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ミオナール のよくある質問

Q: ミオナール はどのような薬ですか?

A: ミオナール は、筋弛緩薬であり、筋肉の緊張を緩和し、筋肉の痛みを軽減するために使用されます。特に、腰痛や肩こり、筋肉の痙攣などの治療に効果があります。

Q: ミオナール を服用する際に注意すべき点は何ですか?

A: 眠気やめまいを引き起こすことがあるため、運転や危険を伴う作業は避けてください。また、アルコールとの併用は控えるようにしてください。妊娠中や授乳中の方は、医師に相談の上、使用してください。

Q: 他の薬と併用しても大丈夫ですか?

A: ミオナール は他の薬と相互作用を起こす可能性があります。特に、鎮痛剤や抗不安薬などを服用している場合は、必ず医師に相談してください。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1989年4月15日
趣味:ヨガ、料理(ヘルシーなレシピ開発と世界の料理を試すこと)
経歴:薬学部卒業後、国内外の製薬会社での研究職を経て、医学・薬学ジャーナリストへ転職。その後、出産を機に研究者としての経験を生かし、お薬市場スタッフに転身した一児のママ。専門的な内容をわかりやすく解説する記事が魅力です。

マーシロン

マーシロン

低用量ピル 避妊
4
¥2,480
ノルパック

ノルパック

アフターピル 避妊
4
¥2,480