Loading…

お知らせ:[2024-05-27] 【重要】ドメイン変更完了のお知らせ

もっと見る

クラミジア感染症とは?原因や症状、治療方法をご紹介

壁際に立つ男女

クラミジア感染症は日本で最も発生率が高い性感染症(STD)の一つであり、特に若年層に多いことが報告されています。この感染症は主に性行為を通じて感染し、陰茎や膣からの分泌物、頻尿、排尿時の痛みといった症状を引き起こします。また、オーラルセックスによる咽頭への感染もありますが、症状が目立ちにくいため、気付かれずに感染が拡大することがあります。

クラミジア感染症は、潜伏期間が長く、初期症状が軽微なため、重症化するまで発見されにくい特徴があります。女性の場合、妊娠検診で偶然発見されることが多く、自覚症状がない感染者も少なくありません。症状が無視されたり、感染に気付かれないまま放置されると、不妊症のリスクが高まるほか、流産、早産、異所性妊娠のリスクもあります。したがって、何らかの違和感を感じた場合は、早めに検査を受けることが重要です。

クラミジア感染症は自然治癒することはないですが、適切な医療処置を受ければ治療可能です。

クラミジア感染症の症状

クラミジア感染症は、以下の症状が現れます。

性器クラミジア

  • 陰茎や膣から透明、あるいは濁った分泌物が出る
  • 排尿時に熱さを伴う痛みを覚える
  • 性行時に痛みを感じる

咽頭クラミジア

  • 喉の痛みや腫れ
  • 鼻水
  • 頭痛

クラミジア感染症の潜伏期間は通常1〜3週間ですが、自覚症状が出にくいため、3週間以上経過しても症状が現れないことがあります。また、症状が時間が経過してから現れ、悪化して初めて気付くケースも少なくありません。

男性が感染した場合、排尿時の痛みや陰茎からの分泌物が見られることがあります。この分泌物は淋菌感染症の場合よりも量が少なく、症状も軽いことが多いですが、陰茎の開口部が赤くなり、乾燥した分泌物が付着することもあります。

女性の場合、おりものの増加、排尿時の軽い痛み、膣からの黄色い粘液や膿の排出が見られることがあります。また、頻尿や性行為時の痛みも起こり得ます。これらの症状に気付けば早期に治療を開始することが可能です。

オーラルセックスによる咽頭や扁桃腺のクラミジア感染もあります。咽頭クラミジアは1〜3週間の潜伏期間の後に発症し、風邪のような症状が見られることがあります。

クラミジア感染症は放置すると不妊症や合併症につながる

クラミジア感染症は自覚症状が軽微なため、感染が進行しやすく、不妊症や他の重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

男性の場合、クラミジア菌が尿道から精巣上体に感染すると、精巣上体炎が発症し、痛みや腫れ、発熱などの症状が現れます。さらに、前立腺炎を引き起こす可能性があり、これが勃起不全の原因になることもあります。

女性では、子宮内膜炎、腹膜炎、卵管炎などの合併症が発生するリスクがあります。妊娠中の女性がクラミジアに感染していると、出産時に新生児に結膜炎や肺炎を引き起こす可能性が高まります。

咽頭クラミジアを放置すると、感染が拡大し、鼻炎や中耳炎に進行することもあります。

性別や感染部位に関わらず、クラミジア感染症は深刻な健康問題を引き起こし、不妊症を含む様々な合併症につながる可能性があります。症状が自覚しにくいため、性行為に関わる前に検査を受けることが推奨されます。性感染症は自然治癒しないため、早期の医療対応が重要です。泌尿器科、婦人科、耳鼻科で適切な診断と治療を受けることができます。

クラミジア感染症の原因

クラミジア感染症の原因は、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)と呼ばれる細菌です。この細菌は泌尿器(尿道)、生殖器(陰茎、膣)および咽頭に感染し、痛み、腫れ、膿などの症状を引き起こします。

クラミジア感染症は性交渉によってのみ感染します。そのため、空気感染や間接キスによって感染することはありません。粘膜を介して感染するため、性交だけでなく、ディープキスやオーラルセックスによって咽頭クラミジア感染症が発症することもあります。

潜伏期間が長いため、初期症状が軽微であるため、自覚症状のない人が多いため、パートナーから感染されたり、逆に感染を広げてしまうことがあります。

保菌している相手との性交渉で感染する確率は50%と高く、気づかずに治療しないままに放置すると、様々な合併症を引き起こすリスクファクターになります。男性では、精巣上体炎や前立腺炎を合併し、ED(勃起不全)の原因になることが報告されています。

女性は、淋病を引き起こすだけでなく、クラミジア菌が腹腔内に感染して子宮や骨盤などに悪影響を及ぼし、子宮内膜炎、腹膜炎、卵管炎などの病気になる危険があります。さらに、妊婦が感染すると、絨毛膜羊膜炎を発症して子宮収縮につながり、早産や流産の原因にもなります。分娩時には、新生児結膜炎や肺炎などの病気を発症することがあり、新生児に悪影響を及ぼすことがあります。

クラミジア感染症は、性病の中で最も罹患率が高く、多くの報告例があります。日本国内でも、1998年から2002年にかけての5年間の調査で、10〜20代の若い人に広がっていることが判明しました。2012年には、米国で140万件を超える報告例があり、自覚症状のない人を含めると、実数はさらに多いと考えられています。

クラミジア感染症の治療方法

クラミジア感染症の治療は、大抵の場合、抗菌薬の服用だけで症状が改善することが多いです。

主に使われる治療薬は、アジスロマイシン、クラリスロマイシン、ミノサイクリンなどの抗菌薬で、アジスロマイシンは一度の単独投与、クラリスロマイシンとミノサイクリンは7日間の経口投与によって治療を行います。また、同じタイミングで淋菌感染症治療をするために、セフトリアキソンなどの抗菌薬を筋肉内注射で投与することもあります。これは、クラミジアと淋病2つの疾患の症状が酷似していて、また両方の感染症に同時にかかる人が多いためです。

妊娠している人の治療では、妊娠中でも影響がないとされているアジスロマイシンを使用することになります。通常、治療開始してから完治するまでには3〜4週間かかりますが、症状が重い場合はさらに多くの治療期間が必要になることもあります。ただし、治療期間中には性行為を避けることが重要です。パートナーにも同じ治療を受けてもらうことが望ましいです。自覚症状がなく発症していない場合でも、保菌している場合は高い確率で再感染するリスクがあるためです。

クラミジア感染症が完治した後は、再度検査を受けることが必要です。これは、クラミジア菌が治療薬に対して耐性を持っていた場合、完全に死滅させることができないため、菌が耐性を持たない別の薬を使用して改めて治療することが重要です。

クラミジア感染症治療の第一選択薬であるジスロマック

現在のクリニックや病院では、クラミジア感染症治療の第一選択薬として、ジスロマックがよく使われています。その理由は、ジスロマックに含まれるアジスロマイシンが、クラミジア菌に対して高い効果を発揮し、また、1回の服用で治療できる利便性があるためです。

アジスロマイシンは、クラミジア菌だけでなく、歯周病などの細菌性の疾患にも効果的なマクロライド系抗生物質であり、多くの感染症の治療に使用されています。

ジスロマックは1回の服用で10日間ほど持続する効果を持ち、クラミジア感染症の改善率が90%を超える特異性を持ちます。そのため、ジスロマックはクラミジア感染症治療において特効薬と呼ばれています。また、ジスロマックのジェネリック医薬品であるアジーも知られています。

泌尿器や呼吸器に効力の高いゾクラー

クラリスロマイシンは、タンパク質の合成を抑制して細菌の繁殖を止めるニューマクロライド系の抗生物質です。このクラリスロマイシンを含む治療薬に、ゾクラー、クラリス、クラリシッドがあります。

ゾクラーは、通常の抗生物質では治せない性器クラミジア感染症(尿道炎、子宮頸管炎)に対して非常に効果的であり、さらにペニシリン系の抗生物質に多く見られるアレルギーの発症率が低いため、安全性の面でも多く利用されています。また、呼吸器や泌尿器の感染症にも使用されます。

クラミジア感染症の予防方法

性行為によるクラミジア感染症の予防には、不特定多数の相手との性行為を避けることが最も効果的です。また、感染している可能性がある人とのセックスも控えましょう。クラミジア感染症は、喉や性器などの粘膜から感染しますので、避妊具を使用することも重要です。

クラミジア菌は感染してもすぐに症状が現れないことがあります。また、自覚症状がないまま長期間にわたって感染が続くこともあります。このため、複数の性的パートナーがいる場合は、定期的に検査を受けることが重要です。

関連商品