Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

うつ病とは?症状やチェック方法、治し方を分かりやすく解説

うつ病

うつ病は気分障害の一種で、脳神経系の障害により深い憂鬱、意欲の低下、食欲不振、不眠などの症状を引き起こす精神疾患です。

この疾患は精神系の疾患に分類されますが、近年の研究では過度のストレスが脳に不具合を引き起こし、発症することが明らかになっています。うつ病は複数の原因により発症し、精神的および身体的な症状が現れるため、治療は複雑です。

世界保健機関(WHO)によると、うつ病にかかっている人の数は世界で約3億5千万人に上るとされています。特に患者数が人口比で多い地域は中東アジアや北アフリカなどです。

日本におけるうつ病患者数は、世界的に見て比較的低いものの、年々増加傾向にあります。統計によると、女性の5人に1人、男性の10人に1人が生涯においてうつ病を経験する可能性があり、この疾患は誰にでも発症する可能性があると認識されています。

うつ病の症状

うつ病にかかると、精神的および身体的な症状が現れます。精神的な症状には、抑鬱状態、気力や意欲、思考力の低下、喜びや興味の喪失、強い罪悪感、集中力の喪失、自殺念慮などがあります。

一方、身体的な症状としては、睡眠障害(不眠や睡眠過多)、疲労感、腰痛、肩こり、首の痛み、腹痛、食欲の変化(食欲不振や増加)、味覚の変化などが挙げられます。これらの症状は必ずしも同時に現れるわけではありませんが、初期の段階では症状が軽微なため気づかれにくいことが多いです。

うつ病の発症タイミングは特定しにくく、自覚があるまでに進行してしまうことも珍しくありません。放置すると症状は悪化することが一般的ですので、自分自身だけでなく周囲の人も症状に注意し、早期に治療を開始することが望ましいです。

精神的な症状

感情、思考、意欲の面で異常が現れるうつ病の代表的な症状には、気持ちが落ち込んだり、抑うつ状態が続くことがあります。

  • 思考力、判断力、集中力の低下
  • 決断できず優柔不断になる
  • 考えがまとまらず進まない
  • 人の話やTV、読むものの内容が頭に入らない
  • 悲観的な考え、思い込みが激しくなる
  • イライラしたり落ち込むなどが増える
  • 好きだったものへの興味がなくなる
  • 自殺念慮

うつ病の前兆としては、仕事や趣味への興味喪失、元気がなくなる、些細なことでミスを繰り返すなどの変化が見られます。これらの症状は一見、単なる疲労によるもののように思えますが、複数の症状が同時に起こり、それが持続する場合はうつ病の可能性が高くなります。

うつ病が悪化すると、自殺のリスクも高まるため、症状の早期発見と適切な治療が非常に重要です。気分の落ち込みや興味喪失が継続する場合は、専門家に相談することをお勧めします。

身体的な症状

うつ病によって引き起こされる身体的な症状には、強い倦怠感や疲労感、睡眠障害、食欲減退などがあります。

  • 睡眠障害(入眠障害・中途覚醒・早期覚醒・熟眠障害)
  • 仮眠状態
  • 食欲不振、増進
  • 味覚障害
  • 減量していない状態での体重減少
  • 急激な体重増加
  • 倦怠感が強く疲労回復しない
  • 物事が完了するまでいつもより時間を要する
  • 首や肩のコリ
  • 腰痛、腹痛
  • 性欲減退

特に不眠症はうつ病と強く関連しており、不眠によってうつ病の発症率や重症度が大幅に増加することが知られています。

精神的な症状と同様に、何かを行うことが困難になり、休息しても気力や体力が回復しない場合は特に注意が必要です。うつ病の症状は多岐にわたるため、体の疲れや不眠が続く場合は、専門家の診察を受けることをお勧めします。

うつ病の原因

うつ病の発症要因は多く、きっかけは1つでもそれまでの要因が複合して引き起こされるケースがほとんどです。

精神的な原因には人間関係でのトラブルや親しい人との死別・離別、大切なものを無くしたといったものがあり、うつ病の発症原因として一番多い要因となります。 性格も大きく関わっていて、几帳面で凝り性、失敗を許せない完璧主義の方が罹患しやすいと言われています。

また遺伝的要因も無関係ではなく、親兄弟や親類にうつ病を発症している場合、うつ病にかかる確率も上がる傾向が確認されています。

さらに、糖尿病や血圧症など慢性疾患の長期的な治療にストレスを覚えることでうつ病も併発するリスクも高まるため、同時にメンタル面でのケアをすることが大切です。

環境要因

うつ病の発症理由として最も多いとされています。

  • 大切な人との死別、離別
  • 失業や収入の減少など財産や仕事がなくなる
  • 病気発症や持病の悪化など健康状態の低下
  • 就職、転職、結婚、妊娠出産など職場や家庭での役割変化
  • 入学やクラス替え、転校など学校生活の変化
  • 仕事や家庭内での人間関係の悪化

環境の変化はストレスを生じやすく、上記のようにライフスタイルを変えるほど大きな出来事は特に大きな不安や緊張をもたらしやすいもので、その変化に対応できずうつ病になることは珍しくありません。

ただしストレスに対する耐性は人それぞれ違い、同じ状況でもストレスを感じる人と感じない人がそれぞれ分かれます。 ストレスを感じていることに自覚のないことも多く、このことから特定が困難で悪化してはじめて気付くといったケースも報告されています。

性格の傾向

うつ病になりやすい性格を、うつ病親和性性格またはメランコリー親和型性格と言います。

生真面目や几帳面、義務感・責任感が強い、凝り性、完璧主義といった性格の方はうつ病を発症しやすく、社会的な信頼を得やすい性格である反面、自分に厳しくなりがちで他人からの評価を気にしやすい面も見られ思いつめやすいためと考えられます。

さらに、これらの性格の人は根を詰めやすく脳エネルギーの消費も激しいため、脳のエネルギー不足と機能不全を起こすうつ病を誘発しやすいと言われています。

愚痴や弱音を誰かに言いにくく1人で全ておこなおうとすることも一因になっているとされていますので、肩に力を入れず息抜きをしてストレスを溜め込まないことが大切です。

遺伝的要因

うつ病の発症は、精神安定に働くセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の異常が関連しているとされています。

そのため親や子、兄弟など2親等以内にうつ病発症者がいる場合、近い脳機能を持っているため身内に発症者がいない人に比べ2〜3倍うつ病にかかりやすい傾向にあります。

セロトニン分泌をコントロールするセロトニントランスポーター遺伝子には、SS型、SL型、LL型の3種類があり、SS型の遺伝子を持つ人は不安や恐怖を感じやすくうつ病にかかるリスクが高いと考えられます。

LL型は鷹揚でストレスを受け流しやすい性格になりやすくSL型はその中間と言われていて、日本人はSS型が多いためうつ病になりやすい遺伝子を持っています。

慢性化した身体疾患

長期間患っている疾患がある場合、そのストレスがうつ病を発症させる要因になることもあります。

例えば糖尿病や脂質異常症の生活習慣病で長い期間、食事制限をおこなっている場合、そのストレスを解消できない状態だとうつ病を併発するリスクが高いと言われています。

がんなど命に関わる疾患は発症そのものがストレスになりますので、抗がん治療による負担と併せて身体・精神的ストレスが非常に高まりうつ病になることも少なくありません。

他にも高血圧や心疾患、骨粗鬆症、関節炎、気管支喘息、慢性閉塞肺疾患(COPD)など慢性化しやすい疾患もうつ病にかかるリスクを有しています。

うつ病のセルフチェックシート

うつ病などの精神的疾患からくる症状を早く改善するためには、早期発見・早期治療が重要です。こちらのチェックリストを使用して、現在の症状を確認しましょう。
  

PHQ-9(Patient Health Questionnaire-9)日本語版(2018年版)

以下の項目について、過去2週間の間にどれくらいの頻度で問題に悩まされていましたか?選択肢は「0. 全くない」「1. 週に数日」「2. 週の半分以上」「3. ほとんど毎日」です。最も当てはまる選択肢を選択してください。

  1. 物事に対してほとんど興味がない、または楽しめない 選択肢:0~3
  2. 気分が落ち込む、憂うつになる、または絶望的な気持ちになる 選択肢:0~3
  3. 寝付きが悪い、途中で目が覚める、または逆に眠り過ぎる 選択肢:0~3
  4. 疲れた感じがする、または気力がない 選択肢:0~3
  5. あまり食欲がない、または食べ過ぎる 選択肢:0~3
  6. 自分はダメな人間だと感じる、人生の敗北者だと気に病む、または自分自身や家族に申し訳ないと感じる 選択肢:0~3
  7. 新聞を読む、またはテレビを見ることなどに集中することが難しい 選択肢:0~3
  8. 他人が気づくほどに動きや話し方が遅くなる、あるいは反対に、そわそわしたり、落ち着かず、普段よりも動き回ることがある 選択肢:0~3
  9. 死んだ方がましと思ったり、自分を何らかの方法で傷つけようと考えたりする 選択肢:0~3

質問1~9の合計点数により、1~4点は軽微、5~9点は軽度、10~14点は中等度、15~19点は中等度~重度、20~27点は重度として、抑うつ症状の評価が可能です。

このチェックリストは診断の一部としてのみ使用されます。専門の医療機関での問診や検査を通じて、正確な診断を受け、適切な治療を受けることをお勧めします。気になる症状があれば、遠慮なく専門家にご相談ください。

うつ病の治療法

うつ病の改善は、医師やカウンセラーの診察を繰り返しながら休養を取り、うつ病を発症した原因を確認していく治療を中心におこなわれます。

人とのコミュニケーションが難しいと感じる場合は対人関係療法をおこなうなどそれぞれに合った療法が取られますが、カウンセリングだけでは改善が難しいと判断された場合は抗うつ剤が処方されます。

代表的なうつ病治療薬の系統はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)・三環系抗うつ薬などで、いずれも脳内環境を正常に戻すために有効に働きます。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor)は名称の通り、神経伝達物質セロトニンのみ取り込みを止めることで脳内のセロトニン濃度を高める薬剤です。

精神安定やリラックス効果、感情のコントロールに関わっているセロトニンは、脳の神経細胞ニューロンと他の神経細胞の接続部位シナプスに吸収されます。 通常は吸収されても新しいセロトニンが分泌されますが、うつ病はセロトニン濃度が極端に低下し脳機能に障害が出ることで発症し、放置しているとほとんど自然治癒はしません。

そのため、SSRIを投与することでセロトニン放出に働くシナプスのセロトニン受容体に作用し、セロトニンの放出を抑えることで減少を防いでうつ病を改善することが可能です。

病院やクリニックで処方される主なSSRIは、日本で最初に販売されたデプロメールやルボックス、パシキルなどパロキセチン、ジェイゾロフトなどセルトラリン、レクサプロなどエスシタロプラムがあります。

エスシタプラムの他のSSRIはジェネリック医薬品も販売されていますので、自身に合った抗うつ剤を選んで治療することができます。

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

SNRIはSerotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors を略した言葉で、セロトニンだけではなくノルアドレナリンの取り込みを阻害する抗うつ剤です。

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンやノルアドレナリンは神経細胞ニューロンの接続箇所シナプスに吸収されますが、何らかの原因でこれらの神経伝達ホルモンが不足すると意欲の低下や抑鬱状態を招きうつ病の発症要因になります。

脳内にセロトニンやノルアドレナリンが放出され再度神経細胞内に取り込まれることを再取り込みといい、SNRIによりこの再取り込みをピンポイントで防ぎ脳内のセロトニン・ノルアドレナリン量を増加させます。

これにより、うつや不安症、不眠症などさまざまなうつ病症状に有効です

代表的なSNRIはトレドミンなどミルナシプランやサインバルタなどデュロキセチン、イフェクサーSRなどベンラファキシンが処方されます。なお国内ではすでにミルナシプランのジェネリック薬が販売されていますが、デュロキセチンやベンラファキシンはまだ開発されていません。

SSRIとSNRIの効果の違いは、日本うつ病学会の公開しているうつ病に関する診療ガイドラインで違いがあまりないと書かれています。 どちらを治療に使うかは体質や体調に応じて変わります。

三環系抗うつ剤

1950年代に開発された一番古い抗うつ剤で、神経細胞シナプス前部のセロトニン・ノルアドレナリンの再吸収を抑え、ノルアドレナリンとセロトニンを増やしてうつ病の各症状を解消します。

脳の興奮神経活性化により改善する作用がありますが、セロトニンやノルアドレナリンだけではなくシナプス後部にあるヒスタミンH1受容体やM受容体、α1受容体にも作用するため、口内が乾いたり便秘が起こりやすくなる抗コリン作用が原因の副作用が出やすい抗うつ剤です。

その後SSRIやSNRIが開発されましたが、有効性はあまり変わらないため現在でも多く利用されてきました。

後の抗うつ剤より副作用発現率が高いものの、緊急入院した重症患者に対して最も効果が認められているため、症状によって服用薬を選ぶことでより効率的にうつ病を改善できます。 また、副作用が軽減された第二世代が開発されたことで、第一世代のものより体に負担をかけず治療することができるようになりました。

第一世代の三環系抗うつ剤はアナフラニールなどクロミプラミン、トフラニールやイミドールなどイミプラミン、トリプタノールなどアミトリプチリンが挙げられます。 第二世代はアモキサンやアモキサピン、プロチアデンなどドスレピン、があり、どちらも医療現場で使われている信頼性の高い抗うつ剤です。

関連商品