Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

アジシップ

メーカー

Cipla

種類:

250mg

数量:

6錠

¥2,052(10%OFF)

(10%OFF)

12錠

¥3,402(10%OFF)

(10%OFF)

18錠

¥4,932(10%OFF)

(10%OFF)

30錠

¥7,272(10%OFF)

(10%OFF)

60錠

¥12,402(10%OFF)

(10%OFF)

セール対象商品:クーポン【WEEKLY19】利用で10%off‼

商品説明

商品概要

商品名 アジシップ(Azicip)
内容量 1箱/6錠、1シート/6錠
効果・効能 一般的な感染症、クラミジア、マイコプラズマなど
用法・用量 1日1回、1~4錠(アジスロマイシンとして250~1,000mg)
有効成分 アジスロマイシン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、腹部不快感、腹部膨満など
メーカー Cipla
発送国 インドなど

アジシップの特徴

強力な抗菌効果がある

アジシップの有効成分であるアジスロマイシンが属しているマクロライド系抗生物質は、一般的には細菌の増殖を抑制する静菌的に作用しますが、アジスロマイシンは強力な抗菌効果があるため菌を殺す殺菌的に作用しているといわれています。

病原菌が殺されて死滅すれば、腫れや発赤が治まり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。

細菌感染部位に対する高い移行性がある

アジシップは、従来型マクロライド系抗生物質であるエリスロマイシンの弱点である胃酸による不活化もほとんどされず、体内に吸収されやすいという性質があります。感染部位で高い組織内濃度が得られ、特にのどなどの扁桃組織では血中濃度の20倍以上高い濃度が得られるので、のどの感染症によく用いられています。

アジシップはこんな方におすすめ

アジシップは服用回数が少なくても感染症が治療でき、安全性が高い抗生物質です。そのため、短期間でしっかり感染症を治療したい方や、飲み忘れしたくない方、他の抗生物質にアレルギーのある方におすすめです。

飲み忘れしにくくクラミジアによく効く

アジシップは、一般的な感染症の場合、1日1回、3日間の服用で治療が完結するので、飲み忘れしにくいです。さらに、3日間服用すれば抗菌効果が約7日間持続するので強力な効果が期待できます。

アジシップは、一般的な抗生物質では効きにくいマイコプラズマや、性病として有名なクラミジアにもよく効くので、先発品のジスロマック錠はこれらの疾患の治療によく処方されています。

アレルギー(副作用)を起こしにくい

ペニシリン系やセフェム系など別系統の抗生物質は比較的アレルギーを起こしやすいのですが、アジシップの有効成分アジスロマイシンは安全性が高くアレルギーを起こしにくいのが特徴です。

アジシップの効果・効能

アジシップはいろいろな細菌による感染症に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。

アジシップは基本的には細菌による感染症が治療対象ですが、マイコプラズマやクラミジアにも有効です。

具体的な適応症としては、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎です。

抗菌効果を発揮する対象となる適応菌種は、アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、クラミジア属、マイコプラズマ属です。

アジシップの服用方法・使用方法

1回の用量 1~4錠(アジスロマイシンとして250~1,000mg)
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間
服用のタイミング 毎日任意の同じ時間

一般的な感染症の場合は、成人は1回2錠を1日1回、3日間服用します。

尿道炎、子宮頸管炎の場合は、成人は1回4錠を1回だけ服用します。

骨盤内炎症性疾患の場合は、成人はアジスロマイシン注射剤による治療を行った後、1回1錠を1日1回、服用します。

飲み忘れた場合は、1日以内に気がついた場合であれば、気がついた時点で1回分を飲んでください。アジシップは絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合、聴力障害(声や音が聞こえづらい、耳が詰まる感じ、耳鳴り)があらわれる可能性があります。アジシップの服用中にいくつかの症状が同じような時期にあらわれた場合は、ただちに医師に連絡してください。

アジシップの有効成分

アジシップの有効成分アジスロマイシンは、マクロライド系抗菌剤とよばれるグループに属する薬です。

同系統の中でも比較的新しく開発されたお薬であり、世界初の15員環マクロライド系抗生物質製剤とよばれています。

強力な抗菌効果があり、一般的な抗生物質が適応を有していないマイコプラズマ、クラミジアや、従来のマクロライド薬では抗菌力が弱かったインフルエンザ菌に対しても強い抗菌力を示し、急性感染症治療に求められる幅広い抗菌作用を有しています。

アジシップの臨床試験結果

インフルエンザに対する臨床試験結果

この研究では5,066人のインフルエンザウイルス肺炎患者を対象に、アジスロマイシンの静脈内投与の有効性を検証しました。患者は入院後7日以上の呼吸状態に基づき、軽度、中等度、重度の3つのグループに分類されました。アジスロマイシン投与群と非投与群の比較により、中等度グループでは投与群の平均IMV(侵襲的機械換気)持続時間が0.126日短縮しました。また、重篤グループでは、投与群の30日死亡率が26.49%、非投与群は36.65%であり、投与群の死亡率が10.16%低かったことが示されています。

コロナに対する臨床試験結果

アジスロマイシンは抗生物質であり、ウイルス性のインフルエンザに対して有効性が確認されているものの、コロナウイルスに対する有効性については明確な証拠が不足しています。現段階では、アジスロマイシンがコロナウイルスに対して有益な効果を発揮するという確固たる臨床実験結果は少なく、そのためコロナウイルスの治療には有効ではないとされています。

アジシップの副作用

主な副作用として、下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、腹部不快感、腹部膨満、血栓性静脈炎、カンジダ症、注射部位疼痛、発疹、蕁麻疹、痒みなどが報告されています。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した重篤な副作用の初期症状である可能性があります。

  • 呼吸困難、喘鳴(ヒューヒュー音)、顔や唇のむくみ・のどの腫れ[ショック、アナフィラキシー]
  • 発疹、粘膜のびらん・水ぶくれ、高熱[中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症]
  • 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全]
  • 尿量減少、手足や顔のむくみ、のどの渇き[急性腎障害]
  • 腹痛、頻回の下痢、血便[偽膜性大腸炎、出血性大腸炎]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談するよう注意喚起がされています。

アジシップの注意事項

アジシップを使用してはいけない人

  • アジシップの成分に対し過敏症の既往歴のある患者…服用することで再度過敏症を起こすおそれがある。

アジシップの使用に注意する人

  • 他のマクロライド系またはケトライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 心疾患のある患者
  • 高度な肝機能障害のある患者
  • 妊婦
  • 授乳婦
  • 小児
  • 高齢者

アジシップの併用禁忌

  • 特に無し

アジシップの併用注意

  • 制酸剤(水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム)
  • ワルファリン
  • シクロスポリン
  • ネルフィナビル
  • ジゴキシン
  • ベネトクラクス

アジシップの重要な注意事項

  • アジシップは自己判断で飲むのを止めたり、1回分を減らしたりしないでください。指示通りにきちんと飲まないと、治療効果が低下するばかりでなく、病原菌がアジシップの効かない細菌に変化したり、他の薬も効かなくなったりする可能性があります。
  • 意識障害などがあらわれることがあるので、自動車の運転など、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意してください。
  • アジスロマイシンは組織内半減期が長い(体内に長期間薬が残留する)ことから、服用終了数日後においても副作用が発現する可能性があるので、観察を十分に行うなど注意してください。

参考サイト

アジシップに関するよくあるご質問

Q:アジシップを3日飲むと何日間効果が持続しますか?

A:有効成分アジスロマイシンは体内に長期間留まる性質があり、用法通り3日間服用するとその効果は約7日間持続します。そのため、副作用が4日以降にあらわれることがあります。アジシップで治療を開始し、4日目以降においても臨床症状が不変もしくは悪化する場合には、医師の判断で適切な他の薬剤に変更することを検討してください。

また、アジシップの効果が持続している7日間に医療機関を受診する際も、他の抗生物質と相互作用を起こしたり、重複して薬を処方されたりしないように、医師にアジシップを服用していることを申告してください。

Q:アジシップで治療中は性行為をできますか?

A:もし治療中にクラミジアなどの性病の症状が消えたとしても、性行為は原則避けることが推奨されています。コンドームなどの性病感染予防措置を講じたとしても、性行為に準ずるオーラルセックスやキスによる粘膜同士の接触により、パートナーの性器やのどなどに感染するおそれがあります。

レビュー・口コミ

2023年10月28日

先月、ちょっと心配な症状が出たので、このジスロマックジェネリックのアジシップを試してみました。3日間服用して、症状はすっかり改善されました。幸い副作用もなく、とても信頼できる薬だと感じました。また怪しいなと思ったら、アジシップを飲もうと思います。

匿名 さん

2023年3月15日

仕事のストレスからか、最近ひどい副鼻腔炎に悩まされていました。このアジシップを試したところ、驚くほど早く症状が改善しました。これからは常備薬として持っておこうと思います。

サラリーマンX さん

記事の著者情報と記事監修した商品

専門薬剤師(研修認定薬剤師)の資格を持つ現役の薬剤師であり、その知識と経験はお薬だけにとどまらず、美容、サプリメント、ダイエット、健康全般にわたります。一人ひとりの健康や美しさを追求するための信頼できる情報を提供しています。

エリスロマイシンTC

エリスロマイシンTC

クラミジア・淋病・梅毒 性病・感染症
0
¥2,980
レボフロックス

レボフロックス

クラミジア・淋病・梅毒 性病・感染症
4
¥2,280