Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

ベザリップ

メーカー

Generis Farmaceutica, S.A.

種類:

400mg

数量:

30錠

¥3,480

商品説明

商品概要

商品名ベザリップ(Bezalip)
内容量1箱/30錠
効果・効能脂質異常症(高脂血症)
用法・用量1日1回、1錠(ベザフィブラートとして400mg)
有効成分ベザフィブラート
形状・剤形錠剤(経口服用タイプ)
副作用腹痛、発疹、吐き気、貧血など
メーカーGeneris Farmaceutica, S.A.
発送国香港

特徴

ベザリップは日本の先発品ベザトールと同じ有効成分ベザフィブラートを配合しており、同様の治療効果が期待できます。

さらに、ベザトールが1日2回服用しなければいけないところ、ベザリップは長時間体内で作用するように調整されている徐放錠なので、1日1回、朝あるいは夕に服用すれば24時間コレステロール値を下げる効果を発揮します。

ベザリップはこんな方におすすめ

ベザリップは先発品として製造・販売されており、どのようなタイプの脂質異常症にも用いることができますが、特に中性脂肪の値が高いタイプの方におすすめです。

中性脂肪(トリグリセライド)の数値が高い人におすすめ

ベザリップは全体的に血中の脂質を減らす効果があるので、どのようなタイプの脂質異常症にも有効です。

しかし、そのなかでもベザリップは中性脂肪を下げる作用が特に顕著なため、中性脂肪の値が高めな方の使用がおすすめです。

中性脂肪が減少すれば、心筋梗塞など心血管系の病気の予防に繋がります。

先発品なので安心感がある

日本ではベザトールという商品名ですが、ベザリップは欧米諸国では先発品として承認・販売されています。

ジェネリック医薬品ではないので、世界中の医療機関で使用されている実績があり、有効性・安全性は折り紙付きです。

ジェネリック医薬品に不安感がある方でも安心して服用することができます。

効果・効能

脂質異常症の治療に用いることができます。

昔は高脂血症とよばれていましたが、2007年に名称「脂質異常症」に変更になりました。

中性脂肪(トリグリセライド)やコレステロールなどの脂質代謝に異常をきたし、血液中の値が正常域から外れている状態をいいます。そのままの状態でも自覚症状などは無いのですが、放置していると動脈硬化の危険因子となり、脳梗塞や心筋梗塞など命にかかわるような動脈硬化性疾患を引き起こします。

そのため、脂質異常症の方は必ず治療する必要があります。

服用方法・使用方法

1回の用量1錠(ベザフィブラートとして400mg)
1日の服用回数1回
服用間隔24時間
服用のタイミング朝または夕食後

日本と海外では有効成分ベザフィブラートの承認されている用法・用量が異なります。

日本ではベザフィブラートとして100mgあるいは200mgのものしか承認されておらず、1日2回に分けて朝夕食後に1日400mgを服用します。

しかし、海外では一般的にベザリップのように1錠中にベザフィブラートとして400mg配合しているものが主流であり、1日1回朝または夕に1錠服用する用法が多いです。

なお、腎機能障害を有する患者および高齢者に対しては適宜減量します。

有効成分

有効成分ベザフィブラートはフィブラート系の高脂血症治療薬です。

ベザフィブラートは日本の「ベザトール」という先発品の主成分でもあります。

ベザフィブラートは血清脂質を総合的に改善する効果があります。

肝臓でのコレステロール、トリグリセライド(中性脂肪)の合成を阻害し、悪玉コレステロールである血液中のLDL-コレステロール、トリグリセライドを低下させ、善玉コレステロールであるHDL-コレステロールの量は増加させます。

幅広いタイプの高脂血症に対して優れた改善効果があり、通常、高脂血症の治療に用いられます。難治性といわれている家族性高脂血症に対しても有効です。

副作用

主な副作用として、腹痛、発疹、吐き気、貧血などが報告されています。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した重篤な副作用の初期症状である可能性があります。

  • 筋肉の痛み、力が抜ける、尿が赤褐色になる[横紋筋融解症]
  • 顔がむくむ、口唇が腫れる、ショック症状[アナフィラキシー様症状]
  • 皮膚や白目が黄色くなる、体が怠い、食欲がない[肝機能障害、黄疸]
  • 発熱、全身に赤い発疹や水ぶくれができる、眼が赤くなる[皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談するよう注意喚起がされています。

注意事項

ベザリップの使用に注意する人

  • 胆石またはその既往歴のある患者…胆石の形成がみられることがあります。
  • 腎機能検査値異常のある患者(人工透析患者(腹膜透析を含む)、腎不全などの重篤な腎疾患のある患者または血清クレアチニン値が2.0mg/dL以上の患者を除く)…ベザリップの服用により急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症があらわれやすいです。服用する場合は定期的に腎機能検査などを受け、自覚症状(筋肉痛、脱力感)の発現、CK上昇、血中および尿中ミオグロビン上昇並びに血清クレアチニン上昇などの腎機能の悪化を認めた場合は直ちに服用を中止します。
  • 肝障害またはその既往歴のある患者…血中濃度が上昇して副作用を起こすおそれがあります。
  • 授乳婦…治療上の有益性および母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続または中止を検討します。動物実験(ラット)で乳汁中への移行が認められています。
  • 小児等…小児等を対象とした臨床試験は実施されていません。
  • 高齢者…一般的に高齢者は腎機能が低下していることが多く、また体重が少ない傾向があるので副作用を起こしやすいといわれています。合併症、既往歴、自・他覚症状などに留意し、ベザリップを少量から服用を開始するなど投与量に注意が必要です。

ベザリップを使用してはいけない人

  • 人工透析患者(腹膜透析を含む)…急激な腎機能の悪化を伴う横紋筋融解症があらわれやすいです。
  • 腎不全などの重篤な腎疾患のある患者…急激な腎機能の悪化を伴う横紋筋融解症があらわれやすいです。
  • 血清クレアチニン値が2.0mg/dL以上の患者…腎機能が悪化しているため横紋筋融解症があらわれやすいです。
  • ベザリップの成分に対し過敏症の既往歴のある患者…服用することで再度過敏症を起こすおそれがある。
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性…妊娠中の投与に関する安全性は確立していません。

併用禁忌

  • 特に無し

併用注意

  • HMG-CoA還元酵素阻害薬(プラバスタチンナトリウム、シンバスタチン、フルバスタチンナトリウム等)…急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症があらわれやすいです。
  • 抗凝血薬(ワルファリンカリウム)…出血しやすくなることがあります。出血またはその傾向が認められた場合には、抗凝血薬あるいは全ての該当薬剤を減量または中止するよう注意喚起がされています。
  • スルホニル尿素系血糖降下薬(グリベンクラミド、グリクラジド、グリメピリド等)、ナテグリニド…冷汗、強い空腹感、動悸などの低血糖症状があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には血糖降下薬の量を調節します。
  • インスリン…低血糖症状があらわれることがあります。併用する場合には血糖値や状態を十分観察しながら服用する必要があります。
  • シクロスポリン…腎障害があらわれることがあるので、腎機能検査値(クレアチニン、BUN等)の変動に十分注意してください。
  • 陰イオン交換樹脂剤(コレスチラミン)…ベザリップの吸収が遅延または減少する可能性があるため、併用する場合には、少なくとも2時間以上の間隔をあけて服用します。

重要な基本的注意

  • 全身性の過敏反応や重度の皮膚刺激症状が認められた場合はベザリップの使用を中止します。耐えられる程度の症状であれば、塗布するクリームの量を減らすか、刺激感が無くなるまでベザリップの使用頻度を1日1回に減らします。必要に応じて、ニキビ治療を数日間一時的に中断する場合もあります。
  • 他の外用剤と併用する場合は、皮膚刺激症状が増すおそれがあるので注意が必要です。
  • 外用としてのみ使用し、内服しないでください。
  • 切り傷、擦り傷、湿疹のある皮膚への塗布は避けてください。
  • 眼、口唇、鼻翼および粘膜を避けながら、患部に塗布してください。眼の周囲に使用する場合には、眼に入らないように注意が必要です。万一、眼に入った場合は直ちに水で洗い流してください。
  • ベザリップの使用中に皮膚剥脱(鱗屑・落屑)、紅斑、刺激感、腫脹などがあらわれることがあります。紅斑や腫脹が顔面全体や頚部にまでおよぶ症例も報告されているので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には使用を中止するなど適切な処置を行ってください。

参考サイト

よくあるご質問

Q:錠剤を割って服用量を調節してもいいですか?

A:ベザリップは徐放錠ですので、そのまま服用することで、体内で作用するように調整がされています。割ったり砕いたりしてしまうと、吸収に影響を与えるおそれがあるので、そのまま服用するようにしてください。

Q:他の脂質異常症治療薬と併用しても大丈夫ですか?

A:以前まではベザリップのようなフィブラート系お薬とスタチン系の高脂血症治療薬の併用は併用禁忌とされていましたが、現在は併用注意となっています。そのため絶対に禁止ではありませんが、腎機能が低下して横紋筋融解症などの重篤な副作用を起こすおそれがあるため、併用するのは治療上やむを得ないと判断される場合のみとされています。

レビュー・口コミ

2023年3月29日

3回目の購入です。中性脂肪が高かったのが、かなり落ち着きました。副作用は少しありましたが、効果はあったようで安心しました。

娘が可愛すぎる さん

2022年11月21日

会社の健康診断で引っかかってしまったので購入しました。毎日きちんと服用したわけではないですが、コレステロール値が改善していました。今は下がっているので飲んでないですが、上がったらまた使用します。

ワイズ さん

2021年12月3日

通販での購入は非常に便利で、価格も手ごろ。ベザリップを飲むことでコレステロール値が安定しているので、これからも続けていくつもりです。

mimoza さん

記事の著者情報と記事監修した商品

専門薬剤師(研修認定薬剤師)の資格を持つ現役の薬剤師であり、その知識と経験はお薬だけにとどまらず、美容、サプリメント、ダイエット、健康全般にわたります。一人ひとりの健康や美しさを追求するための信頼できる情報を提供しています。

フォシーガ

フォシーガ

ダイエット薬 トレーニング・ダイエット 生活習慣病 糖尿病・高血糖値
3
¥6,080
メトホルミン

メトホルミン

ダイエット薬 トレーニング・ダイエット 生活習慣病 糖尿病・高血糖値
3
¥5,380