Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

サイフィルAD プラス

メーカー

Cyno Pharmaceuticals Ltd

種類:

100mg+60mg

数量:

10錠

¥5,780

20錠

¥9,980

30錠

¥14,480

商品説明

商品概要

商品名 サイフィルAD プラス(cyfiladplus)
内容量 入り数:1箱/10錠、1シート/10錠
効果・効能 ED改善、早漏防止
用法・用量 1日1回、1/2~1錠
有効成分 アヴァナフィル、ダボキセチン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 血圧の低下、目の充血、ほてり、動悸、頭痛など
メーカー Cyno Pharmaceuticals Ltd
発送国 インドなど

サイフィル AD プラスの特徴

主な特徴

サイフィル AD プラスは、ED(勃起不全)と早漏(PE)の両方を同時に治療することができるED治療薬です。アバナフィル100mgとダポキセチン60mgを配合し、1錠で2つの悩みを同時に解消 することができます。

ED治療と早漏防止を同時に改善

サイフィル AD プラスは、アバナフィルとダポキセチンの2つの有効成分を含み、それぞれEDと早漏に対して効果を発揮します。このため、別々の治療が必要だったEDと早漏を一つの錠剤で改善できます。

即効性と持続性

アバナフィルはED治療薬として即効性が高く、服用後15分ほどで効果が現れます。ダポキセチンは早漏を防止し、射精までの時間を平均3倍に延長する効果があります。サイフィル AD プラスの効果は約6時間持続します。

食事の影響を受けにくい

サイフィル AD プラスは、食事の影響を受けにくいため、食前や食後に関わらず服用できます。このため、日常生活に合わせて柔軟に使用することが可能です。

副作用が少ない

サイフィル AD プラスは、副作用が少なく、安全性が高いとされています。臨床試験でも高い効果が確認されており、安心して使用できます。

サイフィル AD プラスはこんな方におすすめ

サイフィル AD プラスは、次のような方におすすめです。

  • ED(勃起不全)と早漏の両方に悩んでいる方
    サイフィル AD プラスは、EDと早漏を同時に改善できるため、2つの悩みを一度に解決したい方に最適です。
  • 即効性を求めている方
    服用後約15分で効果が現れるため、すぐに効果を実感したい方におすすめです。
  • 長時間の効果を期待している方
    効果が最大6時間持続するため、長時間の効果を求める方に適しています。
  • 食事の影響を受けずに服用したい方
    食事による影響が少ないため、食事のタイミングを気にせずに服用したい方にぴったりです。
  • ジェネリック医薬品を選びたい方
    サイフィル AD プラスは、先発薬ステンドラやプリリジーよりも経済的なジェネリック医薬品であるため、費用を抑えたい方におすすめです。
  • 安全性と効果を重視する方
    有効成分の品質が保証されているため、安全に効果を実感したい方に最適です。
  • 性生活の質を向上させたい方
    勃起力と持続力を向上させ、射精時間を延ばすことで、充実した性生活を送りたい方におすすめです。

サイフィル AD プラスの効果・効能

主な効果・効能

  • 勃起不全(ED)の改善
    アバナフィルは、PDE-5酵素を阻害し、陰茎海綿体の平滑筋をリラックスさせます。これにより、陰茎への血流が増加し、強固で持続的な勃起が可能になります。
  • 早漏(PE)の防止
    ダポキセチンは、セロトニントランスポーターを阻害することで、脳内のセロトニン濃度を調整し、過剰な興奮や緊張を抑制します。これにより、射精までの時間が延長され、早漏を効果的にコントロールします。

効果の持続時間

サイフィル AD プラスの効果は服用後約15分で現れ、最大で約6時間持続します。即効性と持続性を兼ね備えており、性的な刺激があった際に効果を発揮します。

適応症

  • 軽度から重度の勃起不全(ED)
  • 心因性および生理的要因による早漏(PE)

サイフィル AD プラスは、これらの問題を同時に解決しようとする男性にとって、効果的かつ便利な選択肢となります。

サイフィル AD プラスの服用方法・使用方法

1回の用量 1/2~1錠
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間以上
服用するタイミング 性行為の30分~1時間前

サイフィル AD プラスは空腹時で性行為の30分~1時間前に服用するのが正しい飲み方です。服用後15分ほどで効果が現れ始め、最大で6時間程度持続します。服用後は少なくとも24時間以上の間隔を空けるようにしてください。

服用量の目安

  • アバナフィル: 100mg または 200mg
  • ダポキセチン: 60mg
  • 1回の性行為で服用できるアバナフィルの最大量は200mg、ダポキセチンの最大量は60mgです。効果を強く期待して、決められた用量を超えて服用しないでください。

推奨用量

  • 初めて服用する場合: 1/2錠の服用が推奨されています。
  • 2回目以降に服用する場合: 1錠の服用が推奨されています。

食事の影響

サイフィル AD プラスは食事の影響を受けにくいとされていますが、メーカー発表によると約700kcal未満で脂肪分が30%以内であれば影響はほとんどありません。食事の30分ほど前に服用するか、食後2時間程度経ってから服用することで効果を最大限に引き出せます。脂質の多い食事は避け、空腹時の服用を心がけてください。

アルコールの影響

ダポキセチンはアルコールの副作用を強めるため、アルコールとの併用は避けてください。アルコールを摂取する場合は、服用後1~4時間が経過してからにしてください。アルコールとダポキセチンの相乗作用により、吐き気や動悸、頭痛、大量の発汗、悪酔い、失神する場合があります。

サイフィル AD プラスの有効成分について

アバナフィル

アバナフィルは、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬として分類されます。この酵素を阻害することで、陰茎付近の血管を拡張し、陰茎内部の海綿体の筋肉を弛緩させます。その結果、陰茎内の海綿体に多くの血液が流れ込みやすくなり、勃起を促進します。アバナフィルの効果は服用後15分ほどで現れ、最長で6時間持続します。

臨床試験では、アバナフィル100mgを服用したグループで挿入成功率が73.9%に達し、50mgを服用したグループでも64.3%まで改善が見られました。

ダポキセチン

ダポキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として分類されます。脳内のセロトニン濃度を高めることで、過剰な興奮を抑え、射精までの時間を延長させる効果があります。具体的には、脳内で分泌されるセロトニンの再取り込みを阻害し、セロトニン濃度を安定させることで、不安や緊張を軽減し、射精を遅らせます。

臨床試験では、ダポキセチンの使用により膣への挿入中に射精するまでの時間が約3倍に延長され、継続して服用することで最大で4倍以上に延長できることが示されています。

併用のメリット

ED患者の3人に1人が早漏を併発しているとされており、サイフィル AD プラスはこの両方の問題に対処します。アバナフィルは勃起を促進し、ダポキセチンは射精を遅らせることで、強力な勃起力と持続性を提供します。この併用により、1錠で2つの悩みを同時に克服することができます。

サイフィル AD プラスは、アバナフィルとダポキセチンの相乗効果により、男性の性機能を総合的にサポートし、性生活の質を向上させます。

サイフィル AD プラスの副作用

主な副作用

  • 血圧の低下:血管の拡張に伴うものです。
  • 目の充血:血流の増加により発生します。
  • 顔のほてり:血管の拡張によるものです。
  • 動悸:心拍数の増加によるものです。
  • 鼻詰まり:鼻粘膜の血管が拡張するためです。
  • 頭痛:血管の拡張に伴うものです。
  • 口の渇き:唾液の分泌が減少するためです。
  • めまい:血圧の低下に伴うものです。
  • 吐き気:消化器系の影響によるものです。

これらの副作用は血管を広げる作用によるもので、性欲求によってペニスへ血流が強く流れると副作用も緩和します。

特異な症状

  • 視覚異常:青色のメガネをかけているように見える、青と緑の区別がつかないなどの視覚異常が生じることがあります。多くの場合、一過性のもので問題ありませんが、著しく視力が低下する場合には非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)のリスクがあります。万が一、急激な視力低下や視力喪失の症状が現れた場合には、直ちに眼科で専門医に相談してください。
  • プリアピズム(持続勃起症):4時間以上痛みを伴う勃起状態が続く場合があります。これは陰茎の海綿体内に存在する動脈系の破綻が主な原因とされています。もし勃起が4時間以上続くようでしたら、直ちに医師の診察を受けてください。

サイフィル AD プラスの注意事項

服用に注意する人

次の方はサイフィル AD プラスの服用に注意が必要です。服用前にかかりつけ医師にご相談ください。

  • 陰茎の構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病など)がある方
  • 血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある方
  • PDE5阻害薬または他の勃起不全治療薬を使用している方
  • 出血性疾患または消化性潰瘍のある方
  • 精神的な問題があり、性行為が不適当と考えられる方
  • 統合失調症の方
  • てんかん既往のある方
  • 緑内障の方
  • 抗精神病剤を使用している方
  • 出血傾向のある方

併用注意

サイフィル AD プラスと以下の薬剤や食べ物の併用には注意が必要です。

  • α遮断薬:血管を拡張して血圧を下げる薬
  • エリスロマイシン:マクロライド系抗菌薬
  • アンプレナビル、フォサンプレナビル:エイズの治療薬
  • フェニトイン、フェノバルビタール:抗てんかん薬
  • アプレピタント:NK1受容体拮抗薬
  • ジルチアゼム、ベラパミル:狭心症・不整脈の治療薬
  • フルコナゾール:抗真菌薬
  • シメチジン:H2受容体拮抗薬
  • リファンピシン:結核や肺MAC症の治療薬
  • ワーファリンなど:抗血栓薬
  • キニジン:抗不整脈薬
  • タムスロシン:尿路結石・前立腺肥大症治療薬
  • ホサアンプレナビル、ラパミル:抗HIV薬
  • グレープフルーツ(ジュース含む):併用は避けてください。薬の血中濃度が高まり、効果や副作用が強く出る可能性があります。
  • カフェイン:併用は控えてください。胃に負担がかかり、胃痛が起こる場合があります。

服用してはいけない人

次の方はサイフィル AD プラスを使用しないでください。

  • 過去にサイフィル AD プラスに含まれる成分で過敏な反応を経験した方
  • 抗ウイルス薬、抗真菌薬を使用している方
  • 心臓に障害があるなど性行為が不適当と考えられる方
  • 最近6ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を起こした方
  • 血液透析が必要な腎臓に障害のある方、低血圧の方、治療を受けていない高血圧の方、不安定狭心症の方
  • 胸痛(狭心症)がある方、または性交中に胸の痛みを感じる方
  • 肝臓に重い障害がある方
  • 網膜色素変性症の方
  • 非動脈性虚血性視神経症の方
  • 過去に失神の経験がある方
  • 過去にうつ病を患ったことがある方または重度のうつ病の方

併用禁忌薬

サイフィル AD プラスと併用してはいけない薬には以下のものがあります。

  • アミオダロン:不整脈治療薬
  • 硝酸イソソルビド、亜硝酸アミル、ニトログリセリン:狭心症の治療薬
  • ケトコナゾール:薬物の分解を阻害する薬
  • リトナビル、アタザナビル、インジナビル、ネルフィナビル、サキナビル:エイズの治療薬
  • クラリスロマイシン、テリスロマイシン:細菌による感染症の治療薬
  • イトラコナゾール:真菌感染症治療薬
  • ネファゾドン:抗うつ薬
  • イソニアジド、セレギリン:MAO阻害薬
  • パロキセチン、セルトラリン、エスシタロプラム:SSRI
  • ミルナシプラン、デュロキセチン:SNRI

他の薬を使用している場合や新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師にご相談ください。

サイフィル AD プラスのよくある質問

Q:サイフィル AD プラスの効果はどのくらい持続しますか?

A:サイフィル AD プラスの効果は服用後30分前後で現れ、最大で6時間程度持続します。ただし、個人差があるため効果の持続時間は異なる場合があります。

Q:サイフィル AD プラスを服用する際の注意点はありますか?

A:サイフィル AD プラスは空腹時に服用することが推奨されています。また、服用後に脂肪分の多い食事を摂ると効果が低減する可能性があるため、注意してください。アルコールとの併用も避けるべきです。

Q:サイフィル AD プラスの服用方法は?

A:サイフィル AD プラスは1日1錠を性行為の30分~1時間前に服用してください。次に服用する場合は24時間以上の間隔を空けてください。水またはぬるま湯で服用することが推奨されています。

Q:サイフィル AD プラスの服用に適さない人は?

A:以下の方はサイフィル AD プラスの服用を避けてください:

  • 心臓に障害がある方
  • 最近6ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を起こした方
  • 肝臓に重い障害がある方
  • 抗ウイルス薬、抗真菌薬を使用している方
  • 網膜色素変性症の方

Q:サイフィル AD プラスの副作用にはどのようなものがありますか?

A:主な副作用には、血圧の低下、目の充血、顔のほてり、動悸、鼻詰まり、頭痛、口の渇き、めまい、吐き気などがあります。特異な症状として、視覚異常や4時間以上の持続勃起(プリアピズム)があります。

Q:サイフィル AD プラスは他の薬と併用できますか?

A:一部の薬剤とは併用が禁忌または注意が必要です。特に、α遮断薬、抗真菌薬、抗ウイルス薬、抗不整脈薬、抗うつ薬などとの併用には注意が必要です。詳しくは医師または薬剤師に相談してください。

Q:サイフィル AD プラスを服用した後にアルコールを摂取しても大丈夫ですか?

A:アルコールとの併用は避けてください。アルコールはダポキセチンの副作用を強める可能性があり、吐き気や動悸、頭痛、大量の発汗、悪酔い、失神などのリスクがあります。

Q:サイフィル AD プラスの効果が感じられない場合はどうすれば良いですか?

A:効果が感じられない場合は、次回の服用を24時間以上空けた上で、用量を増やすか、服用のタイミングを調整してください。それでも効果が得られない場合は医師に相談してください。

Q:サイフィル AD プラスは女性も使用できますか?

A:サイフィル AD プラスは男性専用の医薬品です。女性、特に妊娠中や授乳中の女性は使用しないでください。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年4月25日
趣味:写真撮影と旅行(特に国内の温泉地を巡るのが好き)
経歴:以前は製薬会社で働いており、医薬品の研究開発に携わっていた。自然が好きで、休日はよく山に行く。お薬市場では過去の技術を生かして、理解しやすい記事の作成を行っています。

アーユルスリム

アーユルスリム

トレーニング・ダイエット プロテイン・サプリメント
2
¥2,780
ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
5
¥4,780