Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

サインバルタ

メーカー

Lilly

種類:

30mg

数量:

28錠

¥4,680

商品説明

商品概要

商品名 サインバルタ(cymbalta)
内容量 1箱/28カプセル
効果・効能 うつ症状の改善
用法・用量 1日1回朝食後1錠〜(症状に応じて)
有効成分 デュロキセチン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 倦怠感、頭痛、動悸、耳鳴、排尿困難など
メーカー Lilly
発送国 インドなど

サインバルタの特徴

主な特徴

サインバルタは、うつ症状や慢性疼痛を改善する効果が期待される医薬品です。その主成分であるデュロキセチンは、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するSNRIとして作用し、脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を増加させます。 この作用によって、不安感や悲観的な気分を和らげ、心のバランスを整えると同時に、疼痛を軽減する効果も期待されます。

  • サインバルタは他の神経系への影響が少ないため、副作用が比較的少ないとされています。
  • デュロキセチンはセロトニンとノルアドレナリンの両方に作用するため、他の抗うつ薬に比べて口渇や便秘などの副作用が軽減される傾向があります。

セロトニンとノルアドレナリンの不足による影響

  • セロトニンが不足すると?:感情コントロールが効かず平常心を維持できなくなります。
  • ノルアドレナリンが不足すると?:無気力で意欲が減退します。

サインバルタはこんな方におすすめ

サインバルタは、次のような方におすすめです。

サインバルタの購入を検討されている方へ、どのような症状で悩まれている方におすすめされているかをご説明します。

うつ病やうつ状態で悩んでいる方

サインバルタは、うつ病やうつ状態に悩む方に適した治療薬です。

糖尿病による神経障害に伴う痛みを抱えている方

糖尿病に関連した神経障害による痛みに悩む方にも、サインバルタは適応されます。

慢性腰痛で日常生活に支障をきたしている方

慢性腰痛により日常生活に支障をきたす方に、サインバルタはおすすめされます。

変形性関節症による関節炎で痛みを感じている方

変形性関節症での関節炎による痛みを抱えている方にとって、サインバルタは効果的です。

線維筋痛症による慢性的な痛みに悩んでいる方

線維筋痛症の慢性痛に悩む方にとっても、サインバルタは良い選択肢です。

精神的なストレスや不安感を抱えており、それに伴う身体的な痛みを感じている方

精神的ストレスや不安による身体的な痛みを感じている方には、サインバルタが適しています。

セロトニンやノルアドレナリンのバランスが崩れている可能性がある方

サインバルタは、セロトニンやノルアドレナリンのバランスを整え、効果を発揮します。

サインバルタの効果・効能

主な効果・効能

  • うつ病やうつ状態の治療:セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで、脳内の神経伝達物質のバランスを整えます。これにより、不安感や悲観的な気分を和らげ、うつ症状を改善します。
  • 糖尿病性神経障害の治療:セロトニンとノルアドレナリンの濃度を高めることで、糖尿病による神経障害に伴う痛みを軽減します。
  • 慢性腰痛症の治療:神経伝達物質の再取り込みを阻害することで、腰痛の症状を緩和します。
  • 変形性関節症の治療:薬剤の作用により、関節炎に伴う痛みを和らげる効果が期待されます。
  • 線維筋痛症の治療:神経伝達物質のバランスを整えることで、線維筋痛症による慢性的な痛みを軽減します。

サインバルタの服用方法・使用方法

1回の用量 症状に応じて(下記注意事項をご参考ください)
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間
服用のタイミング 朝食後

以下の症状に応じて推奨量を朝食後に水またはぬるま湯と服用してください。

  • うつ病、うつ状態、糖尿病性神経障害:1日1回朝食後に40mg
  • 慢性腰痛症、変形性関節症、線維筋痛症:1日1回朝食後に60mg

初めて服用する際は1日20mgから始め、1週間以上間隔をあけて20mgずつ増量してください。本製品は1錠30mgなので40mgを服用する際は、1錠(30mg)と1/4錠(10mg)を服用してください。10mgを服用する際はピルカッターなどを使用して割って服用してください。

服用時の注意事項

  • 服用後の運転など危険を伴う作業は控えてください。
  • 飲み忘れ時は、気づいた時点で服用し、2回分を1度にまとめて服用しないでください。

食事・アルコールの影響

  • 食事中や食後の服用は効果が発揮されない場合があるため控えてください。
  • アルコールの影響を受けやすく、強い副作用が出る場合があるため控えてください。

サインバルタの保管方法

  • 直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。

サインバルタの有効成分

主な有効成分

デュロキセチンは、セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)として分類される抗うつ薬の主要な有効成分です。 この成分は、脳内で放出されたセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する働きを持ち、その結果、これらの神経伝達物質の濃度が増加し、うつ病やうつ状態の症状を改善する効果が期待されます。 さらに、デュロキセチンは糖尿病性神経障害や慢性腰痛症などの疼痛を緩和する効果も持つことが報告されています。

SNRIとは

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)とは、脳内でセロトニンとノルアドレナリンという二つの神経伝達物質の再取り込みを阻害します。 これにより、これらの物質の脳内濃度が増加し、神経伝達がスムーズになり、抗うつ作用や抗不安作用を示すと考えられています。 この作用により、うつ病やうつ状態の改善に効果を示します。

  • SNRIは、主に意欲の低下が問題となるうつ病の治療に用いられることが多いです。
  • SNRIの副作用には、吐き気や嘔吐などの消化器系の症状、眠気やめまいなどの精神神経系の症状があります。
  • また、ノルアドレナリンの濃度が上がることで、血圧の上昇や動悸、排尿障害などの泌尿器系の症状も起こり得ます。

これらの症状により、自動車の運転など危険を伴う作業は避けるべきです。 また、SNRIを長期服用していた場合、急に薬を中止すると、頭痛やめまい、全身の倦怠感などの離脱症状が生じることがあります。 そのため、服用を終了する際には徐々に薬の量を減らしていくことが推奨されます。 飲み忘れがあると離脱症状が出ることがあるため、定時に薬を服用することが大切です。

サインバルタの副作用

主な副作用

  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 動悸
  • 耳鳴
  • 排尿困難
  • 発汗

稀な副作用

  • セロトニン症候群
  • 悪性症候群
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
  • 痙攣
  • 幻覚
  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
  • アナフィラキシー反応
  • 高血圧クリーゼ
  • 尿閉

サインバルタの注意事項

サインバルタの使用に注意する人

  • 合併症や既往歴がある人
  • 前立腺肥大症等排尿困難を患っている人
  • 高血圧又は心疾患のある人
  • 緑内障または眼内圧亢進のある人
  • 過度にアルコールを接種している人
  • 躁うつ病を患っている人
  • 脳の器質的障害または統合失調症の素因のある人
  • 衝動性が高い併存障害を有している人
  • てんかんやその他の痙攣性疾患、またはその既往歴がある人
  • 出血性疾患の既往歴または出血性素因のある人
  • 腎機能障害がある人
  • 肝機能障害がある人
  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある人
  • 授乳中の人
  • 小児
  • 高齢者(65歳以上)

サインバルタを使用してはいけない人

  • サインバルタに含まれる成分に対して過敏な反応を経験したことがある人
  • 高度の肝機能障害もしくは腎機能障害がある人
  • MAO阻害剤を投与中もしくは投与中止後2週間以内の人
  • コントロール不良の閉塞隅角緑内障を患っている人

併用禁忌

  • MAO阻害剤

併用注意

  • ピモジド
  • セロトニン作用を有する薬剤、トラマドール塩酸塩、リネゾリド、選択的セロトニン再取り込み阻害剤など
  • 三環系抗うつ剤、イミプラミン塩酸塩、リスペリドンなど
  • 中枢神経抑制剤、バルビツール酸誘導体,ロラゼパムなど

その他注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を理解してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

サインバルタに関するよくある質問

Q: サインバルタの有効成分であるデュロキセチンはどのような薬ですか?

デュロキセチンは、セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)に分類される抗うつ薬の主要な有効成分です。この成分は、脳内で放出されたセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する働きを持ち、うつ病やうつ状態の症状を改善する効果が期待されます。また、糖尿病性神経障害や慢性腰痛症などの疼痛を緩和する効果も報告されています。

Q: サインバルタはどのような症状や疾患の治療に使用されますか?

サインバルタは、主にうつ病やうつ状態の治療に使用されますが、糖尿病性神経障害や慢性腰痛症の治療にも有効とされています。その他、線維筋痛症や変形性関節症などの痛みや、不安障害などの精神的疾患の治療にも用いられます。

Q: デュロキセチンはどのように作用し、どのような効果が期待されますか?

デュロキセチンは、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで、これらの神経伝達物質の濃度を増加させます。その結果、不安感や悲観的な気分を和らげ、うつ状態を改善する効果が期待されます。また、痛みの伝達を抑制することで、疼痛を軽減する効果もあります。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年4月25日
趣味:写真撮影と旅行(特に国内の温泉地を巡るのが好き)
経歴:以前は製薬会社で働いており、医薬品の研究開発に携わっていた。自然が好きで、休日はよく山に行く。お薬市場では過去の技術を生かして、理解しやすい記事の作成を行っています。

アーユルスリム

アーユルスリム

トレーニング・ダイエット プロテイン・サプリメント
2
¥2,780
ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
5
¥4,780