Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

エチニラ

メーカー

Lloyd Laboratories, Inc.

種類:

0.05㎎

数量:

112錠

¥3,780

224錠

¥6,780

336錠

¥9,680

商品説明

商品概要

商品名 エチニラ(Etinila)
内容量 1箱/28錠
効果・効能 更年期障害の症状緩和、月経不順改善、不妊治療サポート、前立腺がん治療、末期乳がん治療
用法・用量 1日1~3回、1回0.5~1mg
有効成分 エチニルエストラジオール
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 発疹、精神障害の再発、吐き気、食欲不振、頭痛など
メーカー Lloyd Laboratories, Inc.
発送国 香港

エチニラはこんな方におすすめ

エチニラは、更年期障害の症状に悩む女性や、ホルモンレベルのバランスを整えたい方に特におすすめの医薬品です。エチニルエストラジオールを有効成分として配合しており、エストロゲンの不足が引き起こす不快な症状を軽減します。月経不順や更年期障害のほか、不妊治療にも用いられることがあります。

また、前立腺がんや閉経後の末期乳がんの治療に効果を示すため、これらの疾患に対する治療を受けている方にも推奨されます。エチニラは、男性ホルモンの影響を抑えることにより、がん細胞の増殖を防ぐ助けとなることが期待されています。

以下のような方にエチニラは特におすすめです。

  • 更年期障害の症状で悩んでいる女性
  • 月経不順や不妊治療で助けを求めている方
  • 前立腺がんや閉経後の末期乳がんの治療を受けている方
  • ホルモンバランスの乱れを感じている方
  • 自然なホルモン補充療法を探している方

エチニラは、これらの条件に当てはまる方々に対して、ホルモンバランスの改善、症状の緩和、またはがん治療の補助としての役割を果たすことが期待される医薬品です。

エチニラの特徴

エチニラは、更年期障害ホルモン由来の疾患治療に効果的な卵胞ホルモン製剤です。この医薬品は、女性ホルモンの不足を補い、月経不順や更年期障害の症状を改善するとともに、不妊治療における自然な排卵や生理の誘発にも使用されます。また、エチニラは前立腺がん閉経後の末期乳がん治療においても効果を示すことが知られています。

エチニラの有効成分であるエチニルエストラジオールは、エストロゲン不足に起因する不快な症状を緩和し、前立腺がんや乳がんの治療においても男性ホルモンの影響を低下させることにより、病状の改善を目指します。

フィリピンのロイドラボラトリーズ社によって製造・販売されるこの製品は、アメリカFDAやWHOの承認を受けており、信頼性の高いグローバル企業による品質保証があります。

女性ホルモン補充療法としてのエチニラは、更年期におけるホルモンバランスの乱れを整え、月経不順や更年期障害に伴うイライラ、不安感、急な発汗などの症状を緩和します。また、前立腺がんや閉経後乳がんの治療においても、ホルモンレベルを調節することで、腫瘍の成長を抑える効果が期待されます。

エチニラは、更年期障害やホルモン関連疾患の治療を求める方、または前立腺がんや乳がんの治療を目指す方にとって、効果的な治療選択肢の一つと言えます。

エチニラの効果・効能

  • 更年期障害の症状緩和:ホットフラッシュ、イライラ、不眠など
  • 月経不順や不妊治療のサポート
  • 前立腺がん治療:男性ホルモンの影響を受けるがん細胞の成長を抑制
  • 末期乳がん治療:特に閉経後の女性において、ホルモン依存型の乳がんの進行を遅らせる

エチニラは、エチニルエストラジオールを有効成分とする卵胞ホルモン製剤で、主に更年期障害の症状緩和や特定のがん治療に用いられます。

この医薬品は、女性ホルモンであるエストロゲンの不足を補うことにより、更年期によく見られるホットフラッシュ、イライラ、不眠などの症状を改善します。また、加齢に伴う女性ホルモンの自然な減少に対しても効果的です。

エチニラのもう一つの重要な効能は、前立腺がんや閉経後の末期乳がんの治療に対する効果です。エチニラは男性ホルモンの濃度を下げ、がん細胞の増殖を抑制することにより、これらの病状を管理します。具体的には、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制し、腫瘍の成長を抑えることで、がんの進行を遅らせることが可能です。

これらの効果により、エチニラは更年期障害を抱える女性や特定のがんの治療を必要とする患者に推奨される選択肢となっています。

エチニラの育毛効果について

エチニラに含まれるエチニルエストラジオールは、女性ホルモンの一種であり、避妊薬や女性ホルモン剤に使用されていますが、育毛効果に関しても注目されています。エチニルエストラジオールは、男性ホルモンの濃度を低下させることが知られており、この作用が育毛に寄与する可能性があります。

特に、女性で軽度の薄毛の患者に対して、エチニルエストラジオールが配合された外用育毛剤が効果を発揮したという研究結果があります。また、スカルプD ボーテシリーズのメディカルエストロジー スカルプセラムには、エチニルエストラジオールが配合されており、女性ホルモンを頭皮に補充し、育毛・発毛を促進する商品もあります。

しかし、エチニルエストラジオールの副作用としては、肝機能の低下や血圧の上昇、頭痛や吐き気などの胃腸症状、そして乳房の肥大や性機能障害などが挙げられます。

これらの副作用は、エチニルエストラジオールを服用した場合に起こりうるもので、育毛剤に配合されている程度の量では重度の副作用が起きる可能性は低いとされています。

そのため、服用タイプのエチニラで育毛効果を期待して服用する場合は注意が必要です。副作用や使用方法に不安がある方は医師に相談するようにしてください。

エチニラの服用方法・飲み方

1回の用量 0.5~1mg
1日の服用回数 1~3回
服用間隔 6~24時間毎
服用のタイミング 毎日同じタイミング(食前食後は問わず)

エチニラの服用方法は、治療する病状や個人の状態に応じて変わります。

更年期障害の場合

更年期障害の症状改善を目的とする場合、推奨される服用量は1日に1錠です。服用する際は、水またはぬるま湯で錠剤を飲みます。

前立腺がんや乳がんの場合

前立腺がんや乳がんの治療を目的とする場合、服用量は1日3回、1回につき1~2錠(0.05mg~1mg)となります。この場合も、水やぬるま湯を使用して服用してください。

※注意事項

飲み忘れた場合は、気が付いた時に1回分を飲みます。ただし、次に飲む時間が近い場合は飲み忘れた分は飲まずに、次に飲む時間に1回分を飲みます。2回分を1度には飲めません。

エチニラの有効成分

有効成分はエチニルエストラジオールです。

エチニルエストラジオールは卵胞ホルモン製剤ともよばれており、服用すると体内で女性ホルモンとして作用します。

エチニルエストラジオールはホルモン系の抗がん剤として古くから用いられていました。

また、強力な女性ホルモン(卵胞ホルモン)作用があるため、ほぼすべての低用量ピルにエチニルエストラジオールは配合されています。(様々な黄体ホルモンとの配合剤として)

卵胞ホルモン(エストロゲン)には男性ホルモン(アンドロゲン)の働きを抑える作用があり、主にアンドロゲンによって増殖が促進される前立腺癌に用いられています。

エチニラの副作用

主な副作用として、発疹、精神障害の再発、吐き気、食欲不振、頭痛などが報告されています。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した重篤な副作用の初期症状である可能性があります。

  • 脚の痛み・浮腫、息切れ、胸や頭の痛み[血栓症]
  • 全身のむくみ、息切れ、胸の痛み[心不全、狭心症]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談するよう注意喚起がされています。

エチニラの注意事項

エチニラを使用してはいけない人

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)およびその疑いのある患者(治療の目的で投与する場合を除く)[腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがあります。]
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症またはその既往歴のある患者[血液凝固能の亢進により、これらの症状が増悪することがあります。]
  • 〈閉経後の末期乳癌(男性ホルモン療法に抵抗を示す場合)〉未治療の子宮内膜増殖症のある患者[子宮内膜増殖症は細胞異型を伴う場合があります。]

エチニラの併用禁忌

  • 特に無し

エチニラの併用注意

  • 副腎皮質ホルモン(プレドニゾロン等)、三環系抗うつ剤(イミプラミン等)、セレギリン塩酸塩、シクロスポリン、テオフィリン、オメプラゾール…これらの薬剤の作用が増強するおそれがあります。
  • リファンピシン、バルビツール酸系製剤(フェノバルビタール等)、ヒダントイン系製剤(フェニトインナトリウム等)、カルバマゼピン、ボセンタン、モダフィニル、トピラマート…エチニラの効果の減弱化および不正出血の発現率が増大するおそれがあります。
  • テトラサイクリン系抗生物質(テトラサイクリン等)、ペニシリン系抗生物質(アンピシリン等)…エチニラの効果の減弱化および不性器出血の発現率が増大するおそれがあります。
  • テルビナフィン塩酸塩…黄体ホルモン・卵胞ホルモン配合剤との併用で、月経異常があらわれたとの報告があります。
  • Gn-RH誘導体(ブセレリン酢酸塩等)…これらの薬剤の作用を減弱するおそれがあります。
  • 血糖降下剤(インスリン製剤、スルフォニル尿素系製剤、スルフォンアミド系製剤、ビグアナイド系製剤等)…血糖降下剤の作用が減弱するおそれがあります。血糖値などの状態を観察し、血糖降下剤の用量を調節するなど注意が必要です。
  • ラモトリギン、モルヒネ、サリチル酸…これらの薬剤の血糖値が低下するおそれがあります。
  • HIVプロテアーゼ阻害剤[(ネルフィナビルメシル酸塩、リトナビル、ダルナビル、ホスアンプレナビル(リトナビル併用時)、ロピナビル・リトナビル配合剤等]、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(ネビラピン)…エチニラの作用が減弱するおそれがあります。
  • HIVプロテアーゼ阻害剤(アタザナビル)…エチニラの血中濃度が上昇するおそれがあります。
  • 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(エトラビリン)…エチニラの血中濃度が上昇するおそれがあります。
  • フルコナゾール…エチニラの血中濃度が上昇するおそれがあります。
  • ボリコナゾール…エチニラおよびボリコナゾールの血中濃度が上昇するおそれがあります。
  • アセトアミノフェン…エチニラの血中濃度が上昇するおそれがあり、アセトアミノフェンの血中濃度が低下するおそれがあります。
  • セイヨウオトギリソウ(St.John’s Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品…エチニラの効果の減弱化および不正規出血の発現率が増大するおそれがあります。

参考サイト

よくあるご質問

Q:エチニラを服用する最適なタイミングはありますか?

A:更年期障害の治療を目的とする場合、特に指定された時間はありませんが、毎日同じ時間に服用することで、効果を最大限に発揮します。前立腺がんや乳がんの治療を目的とする場合は、医師の指示に従ってください。

Q:エチニラの副作用はありますか?

A:エチニラには、頭痛、吐き気、食欲不振などの副作用が報告されています。副作用が心配な場合や異常を感じた場合は、速やかに医師に相談してください。

Q:エチニラはどのような症状に効果がありますか?

A:エチニラは、更年期障害の症状緩和、前立腺がん、閉経後の末期乳がんの治療に効果があります。

Q:エチニラは男性も服用できますか?

A:エチニラは、前立腺がんの治療目的で男性が服用することがあります。しかし、用量や用法は異なる場合があるため、医師の指示に従うことが重要です。

Q:高齢者でも服用できますか?

A:高齢者の方もエチニラを服用することができます。ただし、一般に高齢者は生理機能が低下していることが多いため、服用する際は減量するなど注意喚起がされています。

Q:エチニラ服用中に避妊は必要ですか?

A:エチニラを服用している女性が妊娠を望む場合、または妊娠の可能性がある場合は、医師に相談してください。エチニラの成分が胎児に影響を与える可能性があるため、適切な避妊方法についても相談が必要です。

Q:閉経後乳癌ならば誰でも飲むことができますか?

A:女性が服用する場合には、服用前に医師による病歴、家族素因などの問診、乳房検診並びに婦人科検診(子宮を有する患者においては子宮内膜細胞診および超音波検査による子宮内膜厚の測定を含む)を受診することが推奨されています。また、服用開始後も定期的に乳房検診並びに婦人科検診を受診する必要があります。

レビュー・口コミ

2023年6月9日

更年期の症状緩和のためにエチニラを使用し始めました。毎日1錠服用していますが、肌質が改善され、乾燥やほてりが減りました。ただ、時々頭痛がするので、その点だけ注意が必要かもしれません。

明美 さん

2022年5月12日

更年期障害のためにエチニラを服用しています。1日に2錠ずつ飲んでいると、不安やイライラが減り、生活がラクになりました。副作用なのか時々胃の不調を感じるので、食後に服用するようにしています。

匿名 さん

2022年3月8日

診療代が高いのでお薬市場を利用して購入しています。処方されている薬と効果は変わらないようなので、たまに医師に診てもらいながら費用を抑えて治療を続けられてます。

S さん

2021年6月5日

実績があるので安心して服用できます。副作用は発疹と少しの頭痛がありましたが、許容範囲内でした。

匿名 さん

記事の著者情報と記事監修した商品

専門薬剤師(研修認定薬剤師)の資格を持つ現役の薬剤師であり、その知識と経験はお薬だけにとどまらず、美容、サプリメント、ダイエット、健康全般にわたります。一人ひとりの健康や美しさを追求するための信頼できる情報を提供しています。

テストヒール クーポン対象商品

テストヒール

トレーニング・ダイエット ホルモン剤 不妊治療 更年期障害 筋肉増強剤
2
¥4,482 (10% OFF)
オエストロジェル

オエストロジェル

ホルモン剤 更年期障害
6
¥3,980