Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

ファベリン

メーカー

Abbott

種類:

100mg

数量:

30錠

¥2,880

60錠

¥5,380

商品説明

商品概要

商品名 ファベリン(faverin)
内容量 1箱/30錠
効果・効能 うつ病、強迫性障害、社交不安障害(あがり症)などの改善
用法・用量 1日2回50mg〜150mg
有効成分 フルボキサミンマレイン酸塩
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 めまい、動悸、発疹、貧血、口喝など
メーカー Abbott
発送国 インドなど

ファベリンの特徴

主な特徴

ファベリンは、Abbott Laboratories社が製造販売している抗うつ薬で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に属します。主成分はフルボキサミンマレイン酸塩で、脳内のセロトニン濃度を増やすことで神経伝達を改善します。 セロトニンは幸福ホルモンと呼ばれ、心の安定や安らぎをもたらし、うつ病や不安障害の治療に効果があります。ファベリンはセロトニンの再取り込みを阻害し、不足したセロトニンの働きを補うことでうつ症状を改善します。

  • ファベリンは社交不安障害や強迫性障害の治療にも用いられ、セロトニンの選択性が高く、副作用の発症リスクが低い特徴があります。
  • ファベリンはフルボキサミンマレイン酸塩を含むルボックスのジェネリック医薬品であり、効果的な治療を低価格で提供します。
  • うつ病や不安障害の患者にとって重要な選択肢となっています。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、脳内のセロトニンが神経細胞に再取り込まれるのを防ぎ、セロトニン濃度を高めることで、うつ病や不安障害の治療に有効です。 強迫性障害やパニック障害などの治療にも用いられますが、副作用に注意し、慎重な服用が必要です。

ファベリンはこんな方におすすめ

  • 心のバランスが崩れがちで、うつ病や不安障害、強迫性障害などの精神疾患でお悩みの方
  • 社会不安障害やあがり症で日常生活に支障をきたしている方
  • 他の抗うつ薬を試してみたが効果が得られなかった方
  • 経済的な負担を軽減しながら効果的な治療を求める方
  • 安全性が高く、副作用が少ない治療薬をお探しの方

ファベリンの効果・効能

主な効果・効能

  • うつ病の症状改善: ファベリンは、うつ病やうつ状態に対して効果的です。脳内のセロトニン量を増加させることで、気分の落ち込みや悲観的な感情を和らげます。不安感やイライラなどの症状も改善され、患者の心のバランスを整える助けとなります。
  • 不安障害の症状改善: ファベリンは、社会不安障害や強迫性障害などの不安障害にも効果があります。セロトニンの再取り込みを阻害することで、不安や恐怖感を軽減し、患者の心理的な安定を促進します。
  • 神経伝達物質の働きを強化: ファベリンは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの再取り込みを阻害し、その濃度を高めます。これにより、セロトニン不足による心のバランスの乱れを改善し、患者の気分を前向きにし、意欲を向上させます。
  • 副作用が少ない: ファベリンは、他の抗うつ薬と比較して選択性が高く、副作用の発症リスクが低い特徴があります。

ファベリンの服用方法・使用方法

1回の用量 100mg〜150mg
1日の服用回数 2回
服用間隔 24時間
服用するタイミング 指定なし

症状別の服用方法

  • うつ病・うつ状態、社会不安障害、強迫性障害:1日50mgを初期容量とし、1日2回水またはぬるま湯と服用してください。(上限1日150mgまで)

服用時の注意事項

  • 服用後の運転など危険を伴う作業は控えるようにしてください。
  • 飲み忘れ時は、気づいた時点で服用し、2回分を一度にまとめて服用しないでください。

食事・アルコールの影響

  • 食事中や食後の服用は効果が発揮されない場合があるため服用を控えてください。
  • アルコールの影響も受けやすく強い副作用を伴う場合がありますのでアルコールは控えてください。

ファベリンの保管方法

  • 直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。

ファベリンの有効成分

主な有効成分

  • ファベリンに含まれるフルボキサミンマレイン酸塩は、抗うつ薬の一種であり、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。
  • その特徴は、副作用が比較的少なく、広範囲の抗うつ効果を持つことです。
  • うつ病、パニック障害、社会不安障害の治療に有効です。

症状の改善や再発を防ぐために一定期間の継続的な投与が推奨されます。継続的な治療で効果を確認しながら、医師と相談して正しい用法・用量を守ることが重要です。

ファベリンの副作用

主な副作用

  • 嘔気・悪心
  • 眠気
  • 腹痛
  • 食欲不振
  • 頭痛など

稀な副作用

  • 悪性症候群
  • ショック
  • アナフィラキシー
  • 血球減少など

ファベリンの注意事項

ファベリンの使用に注意する人

  • 肝障害のある患者の人
  • 重篤な腎障害のある患者の人
  • てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者の人
  • 自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者の人
  • 躁うつ病患者の人
  • 脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある患者の人
  • 衝動性が高い併存障害を有する患者の人
  • 心疾患のある患者の人
  • 出血性疾患の既往歴又は出血性素因のある患者の人
  • 緑内障又は眼内圧亢進のある患者の人
  • 高齢者の人(65歳以上)
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある人
  • 授乳中の人

ファベリンを使用してはいけない人

  • ファベリンの服用で過去に過敏症の既往歴のある人
  • MAO阻害剤を服用している人
  • ピモジド、チザニジン塩酸塩、ラメルテオンを服用している人

併用禁忌

  • MAO阻害剤
  • ピモジド
  • チザニジン塩酸塩
  • ラメルテオン

併用注意

  • セロトニン作用を有する薬剤、トラマドール塩酸塩、リネゾリド、選択的セロトニン再取り込み阻害剤など
  • 抗てんかん剤、三環系抗うつ剤、シルデナフィルクエン酸塩など
  • プロプラノロール塩酸塩

その他の注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を理解してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ファベリンのよくある質問

Q: ファベリンはどのような症状に効果がありますか?

A: ファベリンは、うつ病や不安障害、強迫性障害などの精神疾患の治療に効果があります。また、社会不安障害や強迫性障害の症状も緩和します。

Q: ファベリンを服用するときの適切なタイミングはありますか?

A: 特に指定されている服用タイミングはありません。ただし、定期的に服用することが重要です。医師の指示に従い、毎日同じ時間に服用することをお勧めします。

Q: ファベリンを服用するときの副作用はありますか?

A: 副作用は個人によって異なりますが、一般的な副作用には吐き気、頭痛、不眠症、性的な機能障害などがあります。重度の副作用が現れた場合は医師に相談してください。

Q: ファベリンの効果を感じるまでにはどのくらい時間がかかりますか?

A: SSRIの特性上、効果を感じるまでには数週間から数か月かかる場合があります。効果を感じない場合や副作用が現れた場合は、医師と相談してください。

Q: ファベリンは他の薬と併用しても安全ですか?

A: ファベリンを他の薬と併用する場合は、医師に相談してください。特にモノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)や他の抗うつ薬との併用は注意が必要です。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年4月25日
趣味:写真撮影と旅行(特に国内の温泉地を巡るのが好き)
経歴:以前は製薬会社で働いており、医薬品の研究開発に携わっていた。自然が好きで、休日はよく山に行く。お薬市場では過去の技術を生かして、理解しやすい記事の作成を行っています。

アーユルスリム

アーユルスリム

トレーニング・ダイエット プロテイン・サプリメント
2
¥2,780
ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
5
¥4,780