Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

フェブリク

メーカー

Ajanta Pharma

種類:

20mg

数量:

30錠

¥3,132(10%OFF)

(10%OFF)

90錠

¥6,282(10%OFF)

(10%OFF)

セール対象商品:クーポン【WEEKLY17】利用で10%off‼

商品説明

商品概要

商品名 フェブリク(feburic)
内容量 1箱/30錠
効果・効能 高尿酸血症治療剤
用法・用量 1日1回食後に1/2錠(10mg)〜
有効成分 フェブキソスタット
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 関節痛、四肢不快感、手足のしびれ、めまい、下痢など
メーカー Ajanta Pharma
発送国 インドなど

フェブリクの特徴

フェブリクは高尿酸血症治療剤です。尿酸の生成に関与する酵素、キサンチンオキシダーゼを選択的に阻害することで、血液中や尿中の尿酸値を低下させます。

従来の薬(アロプリノール)に比べ、フェブリクは特にキサンチンオキシダーゼに対する選択性が高いです。そのため、他の酵素の働きを妨げることなく、尿酸の生成を効果的に抑えることができます。

またフェブリクは肝臓で代謝されるため、軽度から中等度の腎機能障害がある患者さんでも減量の必要がなく使用できます。ただし、重度の腎機能障害がある場合は用量調節が必要です。

高尿酸血症とは?

高尿酸血症(Hyperuricemia)は、血液中の尿酸の濃度が正常範囲を超える状態を指します。尿酸は、体内のプリンという物質が分解される過程で生成される廃棄物です。通常、尿酸は血液中に溶け、腎臓を通じて尿として排出されます。しかし、尿酸の生成が多すぎるか、排出が少なすぎる場合、血液中に尿酸が蓄積し、高尿酸血症を引き起こします。

高尿酸血症の原因は?

  • 食事: 高プリン食(肉、魚、アルコールなど)の過剰摂取
  • 遺伝: 家族歴に高尿酸血症や痛風がある場合
  • 肥満: 体重が増えると尿酸の生成も増える
  • 腎機能低下: 腎臓が尿酸を効果的に排出できない場合
  • 薬物: 一部の薬物(利尿薬など)の副作用
  • その他: 高血圧や糖尿病などの病状

高尿酸血症の症状は?

  • 痛風: 尿酸が結晶化し、関節に沈着して炎症を引き起こす
  • 腎結石: 尿酸結晶が腎臓に形成される
  • 腎機能障害: 尿酸の蓄積により腎臓が損傷される

フェブリクはこんな方におすすめ

フェブリクは、次のような方におすすめです。

高尿酸血症と診断されている方

フェブリクは、高尿酸血症と診断された方に適しています。尿酸値を下げることで、健康管理をサポートします。

痛風発作を予防したい方

フェブリクは、痛風発作を予防するために使用されます。尿酸値を効果的にコントロールすることで、痛風発作のリスクを減少させます。

血中尿酸値が高く、管理が必要な方

血中尿酸値が高く、管理が必要な方にはフェブリクがおすすめです。継続的に尿酸値を低下させる効果があります。

腎結石のリスクを減らしたい方

フェブリクは、腎結石のリスクを減らすためにも使用されます。尿酸値をコントロールすることで、腎結石の発生を防ぎます。

長期間にわたり尿酸値のコントロールを希望する方

フェブリクは、長期間にわたり尿酸値をコントロールすることを希望する方に適しています。安定した効果が期待できます。

食事療法や生活習慣の改善だけでは尿酸値が下がらない方

食事療法や生活習慣の改善だけでは尿酸値が下がらない方に、フェブリクは効果的です。薬の力を借りて、尿酸値をしっかりと管理します。

他の尿酸降下薬で効果が不十分な方

他の尿酸降下薬で効果が不十分だった方には、フェブリクをおすすめします。異なる作用機序で尿酸値を低下させます。

フェブリクの効果・効能

主な効果・効能

  • フェブリク(一般名:フェブキソスタット)は、体内で尿酸を生成するキサンチン酸化還元酵素(XOR)を選択的に阻害することで、尿酸の生成を抑える薬です。これにより、尿酸値が高くなるのを防ぎます。
  • フェブリクは、尿酸が過剰に生成されるタイプの高尿酸血症(尿酸産生過剰型)の患者さんに適しています。また、痛風関節炎や痛風結節、無症候性高尿酸血症(尿酸値が8~9mg/dL以上)の治療にも有効です。
  • フェブリクは、腎臓のATP(エネルギー源)の再合成を促進することで、腎機能障害の進行を抑える可能性があります。これにより、腎機能を保護し、長期的な健康維持に貢献します。
  • 尿酸値を低下させることで、尿路結石の発症を予防する効果も期待できます。

フェブリクの服用方法・使用方法

1回の用量 1/2錠(10mg)〜
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間以上
服用するタイミング 食後

1日1回食後に、1/2錠(10mg)から服用開始し、血中尿酸値を確認しながら徐々に増量してください。急な増量は痛風関節炎などの副作用を起こす場合がありますので、必ず1/2錠(10mg)から開始し、2週間後に1錠(20mg)、6週間以降に2錠(40mg)にするなど調整してください。

服用時の注意事項

  • 1日の服用上限は最大3錠(60mg)までです。
  • 過剰投与しても効果が倍増することはありませんので推奨量を守り服用してください。
  • 万一飲み忘れた場合、気づいた時点で直ちに服用してください。
  • 次回分までの間隔が近い場合は忘れた分は服用せず、次回分から服用してください。
  • 飲み忘れたからと2回分を一度に服用しないでください。

食事やアルコールの影響

高尿酸血症や痛風の原因となる食事は控えてください。尿酸値を上げてしまうものは、脂の多い肉類やアルコールです。それ自体のプリン体は多くなくても、体内で尿酸の合成を促します。特にプリン体の多い食品としては、レバー、あん肝や白子、ビールなどです。

フェブリクの保管方法

  • 直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。

フェブリクの有効成分について

フェブキソスタットの効果

  • 尿酸値の低下

    キサンチンオキシダーゼという酵素を阻害することで尿酸の生成を抑制します。これにより、血液中の尿酸値が低下し、高尿酸血症の管理が行えます。

  • 痛風発作の予防

    尿酸値の低下により、尿酸の結晶化が防がれ、関節などでの痛風発作の発生を予防します。

  • 腎結石のリスク軽減

    尿酸値が低下することで、尿酸の結晶が腎臓に形成されるリスクも減少します。

フェブリクの副作用

主な副作用

  • 関節痛
  • 四肢不快感
  • 手足のしびれ
  • めまい
  • 下痢

稀な副作用

  • 動悸
  • 頭痛
  • じんましん
  • 倦怠感
  • 肝機能障害

フェブリクの注意事項

フェブリクの使用に注意する人

  • 過去に含有している成分にてアレルギー反応を起こしたことがある方
  • ビダラビンを使用中の人
  • ジダノシンを服用中の人
  • 腎機能障害のある人
  • 肝機能障害のある人
  • 65歳以上の高齢者
  • 15歳未満の小児
  • 妊娠中または授乳中の人

フェブリクを使用してはいけない人

  • フェブキソスタットに対して過敏症の既往歴がある人
  • メルカプトリン水和物またはアザチオプリンを服用中の人

併用禁忌

  • メルカプトプリン水和物(ロイケリン)
  • アザチオプリン(イムラン、アザニン)

併用注意

現在とくに報告されていませんが、服用中の薬や持病がある方は医師に相談し服用してください。

その他注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を理解してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

フェブリクのよくある質問

Q: フェブリクを服用している間に避けるべき食べ物はありますか?

A: フェブリクを服用している間は、プリン体を多く含む食品(レバー、魚の干物、アルコールなど)を避けることが推奨されます。

Q: フェブリクの服用を忘れた場合はどうすれば良いですか?

A: 服用を忘れた場合は、気づいた時点で速やかに服用してください。ただし、次の服用時間が近い場合は、次回の服用を通常通り行い、二重に服用しないように注意してください。

Q: フェブリクを他の薬と一緒に服用しても問題ないですか?

A: フェブリクと他の薬を併用する場合は、必ず医師に相談してください。特に、抗がん剤や免疫抑制剤などと併用する際は注意が必要です。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1989年4月15日
趣味:ヨガ、料理(ヘルシーなレシピ開発と世界の料理を試すこと)
経歴:薬学部卒業後、国内外の製薬会社での研究職を経て、医学・薬学ジャーナリストへ転職。その後、出産を機に研究者としての経験を生かし、お薬市場スタッフに転身した一児のママ。専門的な内容をわかりやすく解説する記事が魅力です。

マーシロン

マーシロン

低用量ピル 避妊
4
¥2,480
ノルパック

ノルパック

アフターピル 避妊
4
¥2,480