Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

フェブトップ

メーカー

Healing Pharma LLC

種類:

40mg

80mg

数量:

30錠

¥4,280

60錠

¥5,980

90錠

¥8,080

商品説明

商品概要

商品名 フェブトップ(febutop)
内容量 1箱/30錠
効果・効能 痛風や高尿酸血症の改善
用法・用量 1日1回症状に応じて
有効成分 フェブキソスタット
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 肝機能検査値異常など
メーカー Healing Pharma LLC
発送国 インドなど

フェブトップの特徴

フェブトップは、痛風や高尿酸血症の治療に使用される医薬品で、日本で処方されています。主成分であるフェブキソスタットは、尿酸生成を抑制するための作用を持ちます。この作用は、体内で尿酸を生成するキサンチンオキシダーゼと呼ばれる酵素の働きを阻害することによって実現されます。その結果、体内や尿中の尿酸量が減少し、痛風や高尿酸血症の症状を軽減します。

また、フェブトップはフェブリクと同じ有効成分を含むジェネリック医薬品であり、がん化学療法による高尿酸血症の治療にも効果があります。フェブトップは尿酸降下薬の一種であり、ザイロリックと比較して尿酸低下作用が優れています。さらに、複数の経路を通じて尿酸排泄が行われるため、腎機能が低下している患者にも適しています。

フェブトップはこんな方におすすめ

  • 高尿酸血症や痛風に悩む方
  • 尿酸値が高いと診断された方
  • 痛風の発作や関節炎による痛みを予防したい方
  • 尿酸結晶による痛風の再発を防ぎたい方
  • 尿酸生成を抑制する薬を探している方

フェブトップの効果・効能

痛風の治療

フェブトップは尿酸生成抑制薬として働き、体内での尿酸の生成を阻害します。尿酸の過剰な生成が引き起こす痛風の症状を軽減し、痛みや関節の腫れを緩和します。

高尿酸血症の治療

高尿酸血症は、血液中の尿酸濃度が高くなる状態であり、フェブトップはこの症状の改善に役立ちます。尿酸の生成を抑制することで、血中の尿酸濃度を低下させ、高尿酸血症に関連する症状を緩和します。

がん化学療法による高尿酸血症の治療

がん患者は、がん治療に伴って高尿酸血症を発症することがあります。フェブトップは、がん化学療法による高尿酸血症の治療にも効果的であり、尿酸の生成を抑制して症状を緩和します。

ザイロリックに比べての特徴

ザイロリックと比較して、尿酸低下作用が優れています。また、複数の排泄経路を通じて排泄されるため、腎機能が低下している患者にも使いやすい特徴があります。

フェブトップの服用方法・使用方法

1回の用量 10mg〜(下記推奨量をご参考ください)
1日の服用回数 1回
服用間隔 指定なし
服用するタイミング 指定なし

推奨量: 以下症状に応じて、1日1回下記推奨量を水またはぬるま湯と服用してください。

  • 高尿酸血症、痛風: 1日1回10mgから服用を開始し、症状に応じて1回40mgに増量してください。1日の服用上限は60mgです。
  • がん化学療法に伴う高尿酸血症: 1日1回60mgを服用してください。

フェブトップの有効成分について

フェブトップの有効成分であるフェブキソスタットは、高尿酸血症や痛風の治療に使用される薬剤です。この薬の作用機序は、キサンチンオキシダーゼと呼ばれる酵素を阻害することによって尿酸の生成を抑制することです。キサンチンオキシダーゼは、プリンヌクレオチド(DNAやRNAの構成成分)から尿酸を合成する過程で重要な役割を果たしています。フェブキソスタットの阻害により、尿酸の生成が抑制され、血中の尿酸濃度が低下します。

この薬の効果は、尿酸の生成を抑制することで、血中の尿酸濃度を下げ、尿酸結晶が体内で沈着するリスクを減らします。これにより、痛風の発作や高尿酸血症に伴う関節炎などの症状を予防または緩和します。

フェブトップの副作用

主な副作用

  • 肝機能検査値異常〔ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、γ-GTP増加等〕
  • 関節痛

稀な副作用

  • 肝機能障害や全身性皮疹・発疹などの過敏症

フェブトップ使用時の注意事項

フェブトップを使用してはいけない人

  • メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを服用されている人
  • 過去に含有している成分にてアレルギー反応を起こしたことがある人

フェブトップの使用に注意する人

  • 腎臓機能が低下している人
  • 妊娠中または授乳中の人
  • 高齢者

併用禁忌

  • アザチオプリン、メルカプトプリン水和物(ロイケリン、アザニン、イムラン)

併用注意

  • ジダノシン
  • ビダラビン
  • アラセナ

フェブトップに関するよくある質問

Q: フェブトップはどのような医薬品ですか?

A: フェブトップは尿酸生成を抑制する医薬品で、痛風や高尿酸血症の治療に用いられます。その主成分はフェブキソスタットであり、尿酸の生成に関与する酵素であるキサンチンオキシダーゼの働きを阻害します。

Q: フェブトップの効果は何ですか?

A: フェブトップは血中の尿酸値を下げることで、痛風や高尿酸血症の症状を改善します。また、がん化学療法による高尿酸血症の治療にも効果があります。

Q: フェブトップの主な作用機序は何ですか?

A: フェブトップの有効成分であるフェブキソスタットは、キサンチンオキシダーゼという酵素の働きを阻害することで尿酸生成を抑制します。これにより、体内や尿中の尿酸量を減少させます。

Q: フェブトップはどのような患者に適していますか?

A: フェブトップは痛風や高尿酸血症の患者に適しています。特に、尿酸値が高く、それによって痛風の症状が現れる患者やがん化学療法による高尿酸血症の患者に効果があります。

Q: フェブトップの服用方法は?

A: フェブトップは1日1回の服用が一般的です。

フェブトップのメーカー情報

Healing Pharma LLC社:Healing Pharma LLC社

Healing Pharma LLC社は、インドに拠点を置く医薬品メーカーです。同社は、医薬品や健康製品の製造・販売を行っています。 品質と効果の高い製品を提供することで知られています。

フェブトップの関連商品

  • ザイロリックジェネリック:痛風や高尿酸血症を治療・改善するための薬です。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年9月10日
趣味:ピラティス、写真撮影、自然散策
経歴:大学で生物学を専攻し、医薬品関連の公的研究機関で勤務。10年以上の研究経験を持ち、現在はお薬市場スタッフとして医療・薬学分野の最新ニュースを提供。国内外の医薬品市場の動向に精通しており、読者に有益な情報を提供することを重視しています。

ムルヒノール

ムルヒノール

アレルギー 喘息・呼吸器
3
¥3,180 在庫切れ
ムコリド

ムコリド

アレルギー 喘息・呼吸器
3
¥2,880