Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

フラジール

メーカー

Sanofi Aventis

種類:

500mg

数量:

20錠

¥2,772(10%OFF)

(10%OFF)

60錠

¥6,192(10%OFF)

(10%OFF)

100錠

¥9,270(10%OFF)

(10%OFF)

セール対象商品:クーポン【WEEKLY19】利用で10%off‼

商品説明

フラジールの商品概要

商品名 フラジール(Flagyl)
内容量 1箱/20錠
効果・効能 トリコモナス症、嫌気性菌感染症、感染性腸炎、細菌性膣症、ヘリコバクター・ピロリ感染症、アメーバ赤痢、ランブル鞭毛虫感染症
用法・用量 1/2~1錠(メトロニダゾールとして250~500mg)
有効成分 メトロニダゾール
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 発疹、痒み、下痢、吐き気、上腹部痛、黒色便など
メーカー Sanofi Aventis
発送国 香港

フラジールの特徴

フラジールは先発品として製造・販売されており、日本だけでなく世界中で承認されています。1961年の日本国内での承認以来、50年以上にわたりトリコモナス症治療の第一選択薬として使用され続けています。その臨床実績は豊富で、有効性と安全性が確立されています。

フラジールの作用機序は一般的な抗生物質と異なり、抗原虫および抗菌作用に優れています。トリコモナス症やヘリコバクター・ピロリ感染症、嫌気性菌による細菌感染症に有効で、偽膜性大腸炎を含むクロストリジウム・ディフィシル菌感染症にも適用されます。

フラジールには内服薬と膣錠のタイプがありますが、臨床試験によると、内服薬を使用した治療はトリコモナス原虫の再出現率を15%以上低く抑える効果があることが示されています。原虫再出現率は、治療後の原虫の存在を示す指標で、低い方が望ましい結果です。

トリコモナス原虫は膣内だけでなく、尿道にも感染することがあるため、膣錠だけでは膣内の原虫に対する効果はあっても、全身への影響が限定的です。したがって、トリコモナス症の効果的な治療のためには、全身に作用する内服薬の使用が推奨されています

フラジールはこんな方におすすめ

フラジールは、古くからトリコモナス症の治療薬として用いられており、現在でも第1選択薬として多くの医療機関で処方されています。そのため、確実にトリコモナス症を治療したい方におすすめです。

また、胃癌の原因であるヘリコバクター・ピロリ感染症の治療薬としてもよく用いられており、1回治療を試みたのに失敗したときの2次除菌薬として用いることができます。

トリコモナス症に対して高い治癒率がある

フラジールに対する試験では、トリコモナス症(膣トリコモナスによる感染症)の対象例337例中、治癒率は96.4%(325例)だったと報告されています。非常に高い治癒率であり、適切な用法で服用すれば、ほぼ100%トリコモナス症を治療することができます。

トリコモナス症の原因であるトリコモナス症原虫に対し殺虫的に作用します。トリコモナス原虫がいなくなれば、外陰部の痛みや痒み、排尿時の不快感、泡立ったおりものなどの症状も改善します。

ヘリコバクター・ピロリに対しても高い除菌率がある

フラジールは胃炎や胃潰瘍、胃癌の原因菌であるヘリコバクター・ピロリ菌に対しても強い殺菌作用を示します。

他の抗生物質や胃薬(プロトンポンプ阻害薬)と併用することで、81.7~100%の除菌効果が得られたと報告されています。

フラジールの効果・効能

フラジールは以下の症状に効果があります。

  • トリコモナス症(膣トリコモナスによる感染症)
  • 嫌気性菌感染症(深在性皮膚感染症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、骨髄炎、肺炎、肺膿瘍、骨盤内炎症性疾患、腹膜炎、腹腔内膿瘍、肝膿瘍、脳膿瘍)
  • 感染性腸炎(偽膜性大腸炎を含む)
  • 細菌性膣症
  • ヘリコバクター・ピロリ感染症(胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃 MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)
  • アメーバ赤痢
  • ランブル鞭毛虫感染症

フラジールには、トリコモナス症やアメーバ赤痢などの原虫に対する効果の他、特定の細菌群である嫌気性細菌に対する殺菌効果もあります。これにより、通常の抗生物質では効果が限定的な感染性腸炎やヘリコバクター・ピロリ感染症に対しても効果を発揮します。

フラジールの服用期間は通常10日間で、この期間内にトリコモナス症の完治が期待されます。服用を開始して数日で、陰部のかゆみや泡状のおりもの、悪臭などのトリコモナス症特有の症状が改善されることが多いです。しかし、原虫を完全に死滅させるためには、10日間の連続服用が重要です。症状が改善されたとしても、服用を中断すると再発のリスクがあるため、指示された期間の服用を続けることが必要です。

フラジールの抗原虫効果と合わせて、細菌に対する殺菌効果も持っています。原虫感染により免疫力が低下している膣では、二次感染としての雑菌繁殖がよく見られ、これが魚の腐敗臭に似た悪臭の主要な原因となります。そのため、フラジールはトリコモナス症の病原体を除去し、同時に症状の緩和を図るのに効果的です。

フラジールの服用方法・使用方法

1回の用量 1/2~1錠(メトロニダゾールとして250~500mg)
1日の服用回数 1日2~4回
服用間隔 3~4時間
服用のタイミング 朝・昼・夕および寝る前など

<トリコモナス症(膣トリコモナスによる感染症)>

通常、成人にはメトロニダゾールとして、1クールとして、1回250mgを1日2回、10日間服用します。

<嫌気性菌感染症>

通常、成人には1回500mgを1日3~4回服用します。

<感染性腸炎>

通常、成人には1回250gを1日4回、または1回500mgを1日3回、10~14日間服用します。

<細菌性膣症>

通常、成人には1回250mgを1日3回、または1回500mgを1日2回、7日間服用します。

<ヘリコバクターピロリ感染症>

アモキシシリン、クラリスロマイシンおよびプロトンポンプ阻害薬の3剤による除菌治療が失敗した場合にのみ服用できます。通常、成人には1回250mg、アモキシシリンとして1回750mg、プロトンポンプ阻害薬の3剤を同時に1日2回、7日間服用します。

<アメーバ赤痢>

通常、成人には1回500mgを1日3回、10日間服用します。

なお、症状に応じて1回750mgを1日3回服用します。

<ランブル鞭毛虫感染症>

通常、成人には1回250gを1日3回、5~7日間服用します。

フラジールの有効成分

有効成分はメトロニダゾールです。

メトロニダゾールは病気の原因となる原虫あるいは細菌内に取り込まれることで、ニトロソ化合物といわれる物質に変化し、それが病原微生物の遺伝子(DNA)合成を阻害します。その結果、抗原虫・抗菌作用を発揮します。

一般的な抗生物質とは効き方が異なるので、原虫や一般的な抗生物質が効きにくいような細菌にもよく効きます。

フラジールの副作用

主な副作用として、発疹、痒み、下痢、吐き気、上腹部痛、黒色便などが報告されています。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した重篤な副作用の初期症状である可能性があります。

  • 手足の痺れ、痛み、感覚の麻痺[末梢神経障害]
  • ふらつき、歩行障害、痙攣、意識障害、幻覚[中枢神経障害]
  • 発熱、頭痛、吐き気・嘔吐[無菌性髄膜炎]
  • 発熱、水膨れ、眼や口など粘膜のただれ、全身の発赤[中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群]
  • 吐き気、急に激しくお腹が痛む、背中が痛む[急性膵炎]
  • 腹痛、下血を伴う下痢、発熱[出血性大腸炎]
  • 倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害]
  • 眩暈、動悸、気を失う、胸の不快感[QT延長、心室頻拍(トルサード・ド・ポアントを含む)]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談するよう注意喚起がされています。

フラジールの注意事項

フラジールの禁忌(次の方は服用できません)

  • フラジールに含まれている成分に対し過敏症の既往歴のある患者(服用することで過敏症を再発するおそれがあります。)
  • 脳、脊髄に器質的疾患のある患者(脳膿瘍の患者を除く)[中枢神経系症状があらわれることがあります。]
  • 妊娠3ヵ月以内の女性(有益性が危険性を上回ると判断される場合は服用できます。)

フラジールの使用に注意する人

  • 血液疾患のある患者…白血球減少、好中球減少があらわれることがあります。
  • 脳膿腫の患者…中枢神経症状があらわれることがあります。
  • コケイン症候群の患者…重度の肝毒性または急性肝不全が発現し死亡に至ることがあります。
  • 血液透析患者…メトロニダゾールを投与後の血液透析により、投与量の約45%が除去されてしまったとの方向があります。
  • 肝機能障害患者…血中濃度が上昇し、作用が増強するおそれがあります。
  • 妊娠3ヵ月を過ぎた女性…治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与することができます。
  • 授乳婦…授乳しないことが望ましいです。母乳中に移行することが報告されています。
  • 小児等…小児等を対象とした臨床試験は実施されていません。
  • 高齢者…一般的に生理機能が低下していることが多いため、副作用を起こすおそれがあります。

フラジールの併用禁忌

  • 特に無し

フラジールの併用注意

  • リトナビル含有製剤(内用液)…副作用を起こすおそれがあります。
  • ジスルフィラム…精神症状(錯乱等)が出現することがあります。
  • ワルファリン…ワルファリンの抗凝血作用を増強し、出血等があらわれることがあります。
  • ジスルフィラム…精神症状(錯乱等)が出現することがあります。
  • リチウム…リチウムの血中濃度が上昇し、リチウム中毒があらわれることがあります。
  • ブスルファン…ブスルファンの作用が増強されることがあります。
  • 5-フルオロウラシル…5-フルオロウラシルの作用が増強されるおそれがあります。
  • シクロスポリン…シクロスポリンの作用が増強されるおそれがあります。
  • フェノバルビタール…フラジールの作用が減弱する可能性があります。

フラジールの重要な注意事項

  • フラジールの使用にあたっては、耐性菌の発現を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の服用に留めてください。
  • 白血球減少、好中球減少があらわれることがあるので、定期的に血液検査を受けるなど、状態を十分に観察してください。
  • 肝機能障害があらわれることがあるので、定期的に肝機能検査を受けるなど、状態を十分に観察してください。
  • ヘリコバクター・ピロリ感染症の治療の場合、フラジールのみでなく併用するプロトンポンプ阻害薬(ランソプラゾール、オメプラゾール、ラベプラゾールナトリウム、エソメプラゾールまたはボノプラザン)およびアモキシシリンの注意事項にも従ってください。

フラジールの参考サイト

よくあるご質問

Q:フラジールを飲んでいる時にお酒を飲んでも大丈夫ですか?

絶対に禁止というわけではありませんが、フラジールはアルコールを分解する酵素に影響を与える作用が報告されています。そのため、併用すると腹部の疝痛、嘔吐、潮紅があらわれることがあるので、服用期間中は飲酒を避けることとされています。

Q:感染症がよくなったけど、フラジールを飲み続けた方がいいですか?

フラジールは、体調がよくなったと自己判断して使用を中止したり、量を加減したりすると病気が悪化することがあります。指示通りに飲み続けることが重要です。

レビュー・口コミ

2023年4月11日

トリコモナス症にかかったことがあるので、念のため薬だけ買っておこうと思って事前に購入させてもらいました。持っていると安心します。

スパム さん

2023年4月5日

おりものがおかしかったり、膣が炎症をおこしている時に飲むようにしています。病院に行かずに治療できるので有難いです!

まる さん

2023年2月9日

思ったより早く届いてありがたい!

のりすけ さん

2022年11月7日

トリコモナスにかかってから備えておくようにしてます。 安く買えたので満足してます。

匿名 さん

記事の著者情報と記事監修した商品

専門薬剤師(研修認定薬剤師)の資格を持つ現役の薬剤師であり、その知識と経験はお薬だけにとどまらず、美容、サプリメント、ダイエット、健康全般にわたります。一人ひとりの健康や美しさを追求するための信頼できる情報を提供しています。

レボフロックス

レボフロックス

クラミジア・淋病・梅毒 性病・感染症
4
¥2,280
エリスロマイシンTC

エリスロマイシンTC

クラミジア・淋病・梅毒 性病・感染症
0
¥2,980