Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

グリコメット

メーカー

USV

種類:

850mg

数量:

50錠

¥3,582(10%OFF)

(10%OFF)

100錠

¥5,382(10%OFF)

(10%OFF)

セール対象商品:クーポン【WEEKLY17】利用で10%off‼

商品説明

商品概要

商品名 グリコメット(glycomet)
内容量 1箱/100錠、1シート/10錠
100錠以外のご注文は、箱なし、シートのみの発送となります。
効果・効能 2型糖尿病の治療、ダイエット
用法・用量 1日500mg~2,250mg
有効成分 メトホルミン塩酸塩
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 頭痛、めまい、眠気、浮腫、動悸など
メーカー USV
発送国 ロシアなど

グリコメットの特徴

主な特徴

グリコメットは、メトホルミン塩酸塩を850mg配合した、高用量タイプの2型糖尿病治療薬です。一般的な250mgや500mgのメトホルミン製品と比べ、より少ない服用回数で効果が期待できるため、忙しい日常においても治療を継続しやすくなっています。

グリコメットはメトグルコのジェネリック医薬品で、先発医薬品に比べて価格が抑えられています。高用量タイプであるため、1錠当たりのコストが低く、経済的にも続けやすいのが特徴です。

グリコメットの有効成分であるメトホルミンには、食欲抑制効果やブドウ糖の排出促進、脂肪燃焼の促進など、ダイエットをサポートする作用があります。これにより、糖尿病治療だけでなく、体重管理も行うことができます。

メトホルミンは血糖値を効果的に下げることで、糖尿病による心筋梗塞や脳卒中などの重篤な合併症のリスクを低減します。グリコメットはこれらのリスクを管理しながら、2型糖尿病の治療を効率的に進めるための選択肢となります。

グリコメットはこんな方におすすめ

グリコメットは、次のような方におすすめです。

  • 2型糖尿病をお持ちの方:グリコメットは2型糖尿病の治療に特化した薬であり、食事療法や運動療法だけでは血糖コントロールが難しい方に特に推奨されています。
  • 体重管理をしながら糖尿病を治療したい方:メトホルミンに含まれる食欲抑制や脂肪燃焼促進の効果により、ダイエットを意識されている糖尿病患者にも適しています。
  • 経済的に治療をしたい方:ジェネリック医薬品としてのグリコメットは、先発薬と同等の効果を持ちながらもコストを抑えることができ、長期的な治療にもおすすめです。
  • 高用量の薬を探している方:グリコメットは850mgの高用量タイプで提供されており、用量の調整が可能です。これにより、個々の健康状態に合わせた柔軟な治療が可能となります。
  • 副作用への心配が少ない治療を望む方:メトホルミンは低血糖のリスクが少なく、インスリンの使用に比べて安全性が高いため、安心して服用できます。

これらの特徴により、グリコメットは多くの2型糖尿病患者にとって、治療の一環として非常に有効な選択肢となるでしょう。

グリコメットの効果・効能

主な効果・効能

  • 2型糖尿病の治療: グリコメットは、食事療法や運動療法だけでコントロールが困難な2型糖尿病の血糖値を効果的に下げることができます。
  • インスリン分泌を伴わない血糖値の調整: グリコメットに含まれるメトホルミンは、インスリンの過剰な分泌を引き起こすことなく、血糖値を安定させます。これにより低血糖のリスクが軽減されます。
  • 体重管理のサポート: 食欲抑制効果により、体重管理が容易になり、2型糖尿病患者の健康維持に役立ちます。
  • 合併症のリスク低減: 長期的な血糖コントロールにより、糖尿病に関連する合併症のリスクを抑えます。

作用機序

  • 肝臓での糖新生の抑制: グリコメットは肝臓での過剰な糖新生を抑えることで血糖値を下げます。
  • 筋肉および脂肪組織での糖の利用促進: 体内のインスリン感受性を改善し、より効率的に糖をエネルギーとして使用します。
  • 腸内での糖の吸収抑制: 食事からの糖の吸収を遅らせることで、食後の血糖値の急激な上昇を防ぎます。

グリコメットはこれらの効果を通じて、2型糖尿病の方々の生活の質を向上させ、より健康で活動的な日々を送る手助けをします。

グリコメットの服用方法・使用方法

1日の用量 500mg~2,250mg
1日の服用回数 2~3回
服用間隔 4時間以上
服用するタイミング 食事の前後に服用(どちらでも可)

服用方法と用量

  • 初期用量: 1日に500mgから開始
  • 維持用量: 1日に750mgから1,500mgを服用
  • 最大用量: 1日に2,250mgまで増量可能

服用時の注意事項

  • グリコメットの錠剤はメトホルミン塩酸塩850mgが含まれていますので、必要に応じてピルカッターで錠剤を適切な量に分割して服用してください。
  • 用法用量を守り、過剰な服用は避けてください。過剰な服用は治療効果を高めないだけでなく、副作用のリスクを増加させる可能性があります。
  • 飲み忘れた場合は、次の服用時間が近ければ忘れた分は飛ばしてください。一度に2回分を服用しないでください。
  • 服用を中止する場合は、自己判断で中止せず医師の指示を仰いでください。
  • 車の運転や機械操作は、服用によるめまいやふらつきが発生する可能性があるため控えてください。
  • アルコールとの併用は、肝機能への負担が増大するため避けてください。肝機能障害のリスクが高まる場合があります。
  • 体調不良を感じた際は、速やかに服用を中止し、医師の診断を受けてください。

グリコメットの有効成分について

有効成分と配合量

  • 有効成分: メトホルミン塩酸塩
  • 配合量: 850mg

メトホルミン塩酸塩は、糖新生を抑制し、インスリンの効果を高めることで血糖値を下げる作用があります。具体的には、以下のような作用があります。

  • 肝臓での糖新生の抑制
  • インスリン感受性の向上
  • 小腸での糖吸収の遅延

メトホルミンには食欲を抑える作用があり、無意識のうちに摂取カロリーを減少させることができます。また、体内の糖の利用効率を改善することで、脂肪の蓄積を防ぎ、体重減少に貢献することが報告されています。

これらの特性から、メトホルミンを活用したグリコメットは、2型糖尿病患者にとって効果的な選択肢として推奨されています。また、体重管理やダイエット効果も期待されています。

グリコメットの副作用

主な副作用

  • 頭痛
  • めまい
  • 眠気
  • 浮腫
  • 動悸
  • 発疹
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 胃腸障害
  • 貧血
  • 肝機能異常

これらの症状は一般的に軽度であり、体が薬に慣れるにつれて減少することが期待されています。

稀ながら重大な副作用

  • 低血糖
  • 乳酸アシドーシス
  • 肝機能障害と黄疸
  • 横紋筋融解症

これらの重い副作用は非常に稀ですが、症状が確認された場合は直ちに服用を中止し、医療機関へ相談してください。特に、薬の副作用に敏感な方や、他の病状を抱えている方は、副作用が出やすい可能性が高いため、使用前に医師に相談することをお勧めします。

グリコメットの注意事項

グリコメットの使用に注意する人

  • 初めてメトグルコ・ジェネリックを服用する方
  • 高齢者
  • 不規則な食事をしている方や食事量が不足している方
  • 激しい筋肉運動を行う方
  • 感染症をお持ちの方
  • 他の糖尿病用薬を併用している方
  • 軽度から中等度の腎機能障害を持つ方
  • 軽度から中等度の肝機能障害を持つ方

グリコメットの服用を避けるべき方

  • メトグルコ・ジェネリックまたはビグアナイド系薬剤に対してアレルギー反応を示したことがある方
  • 妊娠中、妊娠の可能性がある方、授乳中の方
  • 乳酸アシドーシスの既往がある方
  • 重度の腎機能障害や肝機能障害を持つ方
  • 心血管系や肺機能に高度な障害がある方
  • 低酸素血症、脱水症、または重症ケトーシスのリスクが高い方
  • 糖尿病性昏睡または前昏睡の状態にある方
  • 1型糖尿病をお持ちの方
  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷がある方
  • 栄養不良、飢餓状態、または衰弱している方
  • 脳下垂体または副腎機能不全をお持ちの方
  • 過度のアルコール消費者

併用注意薬

  • ヨード造影剤
  • 腎毒性のある抗生物質
  • 利尿薬
  • その他糖尿病治療薬
  • タンパク同化ホルモン剤
  • サリチル酸剤
  • β-遮断剤
  • モノアミン酸化酵素阻害剤
  • アドレナリン
  • 副腎皮質ホルモン
  • 甲状腺ホルモン
  • 卵胞ホルモン
  • ピラジナミド
  • イソニアジド
  • ニコチン酸
  • フェノチアジン系薬剤
  • シメチジン
  • ドルテグラビル
  • ビクテグラビル
  • バンデタニブ
  • イメグリミン塩酸塩

併用禁忌

  • アルコール(過剰摂取)

その他注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を確認してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

グリコメットのよくある質問

Q: グリコメットはどのような病気に用いられますか?

グリコメットは主に2型糖尿病の治療に使用されます。食事療法や運動療法だけでは血糖コントロールが十分でない場合に効果的です。

Q: グリコメットの服用で注意することは何ですか?

グリコメット服用中は、腎機能のチェックが必要です。また、重度の腎障害や肝障害がある方、またアルコールを過剰に摂取する方は使用を避ける必要があります。

Q: グリコメットは体重減少を期待できますか?

はい、グリコメット(メトホルミン)には食欲を抑える効果があり、ダイエットをサポートする効果が報告されています。

Q: グリコメットの主な副作用は何ですか?

主な副作用には、胃腸障害(吐き気、下痢)、めまい、稀に乳酸アシドーシスがあります。何か異常を感じた場合は、すぐに医師に相談してください。

Q: グリコメットの服用を忘れた場合、どうすればいいですか?

次の服用時間が近い場合は、忘れた分を飛ばして通常の用量を続けてください。2回分を一度に服用することは避けてください。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1984年12月5日
趣味:料理、ワインの収集
経歴:食品関連の会社で品質管理を担当していた。健康と栄養に関心が高く、その知識を医薬品の分野に応用している。お薬市場スタッフとして健康や医薬品については誰にも負けないと自負している。

威覇クリーム(男性用)

威覇クリーム(男性用)

ナイトライフ 媚薬
6
¥2,680
ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
6
¥4,780 在庫切れ