Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

ハイレス

メーカー

Berlin

種類:

100㎎

数量:

100錠

¥5,580

商品説明

商品概要

商品名ハイレス(Hyles)
内容量1箱/100錠
効果・効能高血圧症(本態性、腎性など)、浮腫など
用法・用量1~数回、1/2~1錠(トラネキサム酸として250~500mg)
有効成分スピロノラクトン
形状・剤形錠剤(経口服用タイプ)
副作用女性型乳房、乳房腫脹、性欲減退、陰萎、多毛、月経不順など
メーカーBerlin
発送国香港

特徴

一般的な利尿剤のようにカリウムを排出しない

一般的な利尿剤は余分な水分と一緒にカリウムも排出してしまい、低カリウム血症やこむら返りなどの低カリウム症状を起こしてしまうおそれがあります。

しかし、ハイレスはカリウム保持性利尿薬というグループに属するお薬であり、カリウムを体内に保持しながら余分な水分を体外に排出することができます。

ただし、カリウムを保持しすぎて逆に高カリウム血症になるおそれがあるので注意が必要です。

ハイレスはこんな方におすすめ

ハイレスは日本のアルダクトンA錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

先発品と同等の効能・効果が期待でき、それでいながらコストを抑えながら安価にむくみ(浮腫)を解消してデトックスすることができます。

強力な利尿作用によるむくみ解消やデトックス効果

腎臓は、体内に溜まった老廃物や毒素を排出させるデトックスに深く関わっています。

ハイレスは利尿剤として製造されており、腎臓に作用し、体からナトリウムなどの電解質とともに体から毒素や不純物が溶けている余分な水分を排出する作用があります。

それによって余分な水分によって起こるむくみは解消され、体内の老廃物が無くなることでデトックス効果が期待できます。

ジェネリック医薬品なので安価に購入できる

ハイレスは先発品アルダクトンA錠のジェネリック医薬品です。

先発品と同じ有効成分スピロノラクトンを配合しており、アルダクトンA錠と同等の強力な利尿作用があります。

そのため、先発品よりも安価に購入することができ、それでいながら同じ治療効果を得ることが可能です。

効果・効能

腎臓でナトリウムと水の排泄を促進し、カリウムの排泄は抑えながら尿量を増やし、体内の余分な水分を排泄する効果があります。それにより、血圧を下げたり、体のむくみ(浮腫)を取ることができます。

通常、高血圧症(本態性、腎性など)、心性浮腫(うっ血性心不全)、腎性浮腫、肝性浮腫、特発性浮腫、悪性腫瘍に伴う浮腫および腹水、栄養失調性浮腫の治療、また原発性アルドステロン症の診断および症状の改善に用いられています。

服用方法・使用方法

1回の用量スピロノラクトンとして50~100mg(1/2~1錠)
1日の服用回数1~数回
服用間隔4~12時間
服用のタイミング任意

通常、成人は1日1/2〜1錠(スピロノラクトンとして50〜100mg)を分けて服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。

服用し忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く服用してください。ただし、次に通常に服用する時間が近い場合は服用せずに、次の服用時間から1回分を服用してください。絶対に2回分を一度に服用してはいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。吐き気、嘔吐、傾眠状態、精神錯乱、斑状丘疹、紅斑、下痢、電解質失調(血中ナトリウム、カリウム、カルシウム量の異常)、脱水を起こす可能性があります。

有効成分

主な副作用として、女性型乳房、乳房腫脹、性欲減退、陰萎、多毛、月経不順、無月経、閉経後に性器出血、声が低音化、発疹、蕁麻疹、食欲不振、吐き気・嘔吐、口渇、下痢、便秘、倦怠感、動悸、発熱、そばかすなどが報告されています。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した重篤な副作用の初期症状である可能性があります。

  • 不整脈・胸痛、全身倦怠感、脱力[電解質異常(高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシスなど)]
  • 尿量減少、手足や顔のむくみ、頭痛[急性腎不全]
  • 発疹、粘膜のびらん・水ぶくれ、高熱[中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談するように注意喚起がされています。

副作用

鱗屑(皮膚がフケの様にはがれる)、使用部位の刺激感、使用部位の紅斑、使用部位の乾燥、接触皮膚炎や顔面全体や首にまでおよぶ紅斑や腫脹などが報告されています。

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談するよう注意喚起がされています。

注意事項

ハイレスの使用に注意する人

  • 重篤な肝動脈硬化症または脳動脈硬化症のある患者…急激な利尿があらわれた場合、急速な血漿量減少、血液濃縮を来し、血栓塞栓症を誘発するおそれがあります。
  • 減塩療法中の患者…水分・電解質が欠乏し、脱水症状や低ナトリウム血症などがあらわれやすくなります。
  • 重篤な腎障害のある患者…腎機能をさらに悪化させるおそれがあります。また、腎からのカリウム排泄が低下しているため高カリウム血症を誘発または増悪するおそれがあります。
  • 肝機能障害患者…高カリウム血症が発現するおそれがあります。
  • 妊婦…妊婦または妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用できます。
  • 授乳婦…治療上の有益性および母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続または中止を検討します。カンレノ酸(スピロノラクトンの主要な活性代謝物)はヒト乳汁中へ移行することが認められています。
  • 小児等…小児等を対象とした臨床試験は実施されていません。乳児は電解質バランスが崩れやすいです。
  • 高齢者…急激な利尿は血漿量の減少を来し、脱水、低血圧などによる立ちくらみ、眩暈、失神などを起こすことがあるので、少量から服用を開始するなど状態を観察しながら慎重に服用する必要があります。

ハイレスを使用してはいけない人

  • ハイレスの成分に対し過敏症の既往歴のある患者…服用することで再度過敏症を起こすおそれがあります。
  • 無尿または急性腎不全の患者…腎機能を更に悪化させるおそれがあります。また、腎からのカリウム排泄が低下しているため高カリウム血症を誘発または増悪させるおそれがあります。
  • 高カリウム血症の患者…高カリウム血症を増悪させるおそれがあります。
  • アジソン病の患者…アジソン病ではアルドステロン分泌低下により、カリウム排泄障害を来しているので、高カリウム血症となるおそれがあります。

併用禁忌

  • タクロリムス(プログラフ)、エプレレノン(セララ)、エサキセレノン(ミネブロ)…高カリウム血症が発現することがあります。
  • ミトタン(オペプリム)…ミトタンの作用を阻害する恐れがあります。

併用注意

  • 降圧剤(ACE阻害剤、カルシウム拮抗剤、β-遮断剤、利尿降圧剤等)…降圧作用を増強することがあるので、用量を調節するなど注意する必要があります。
  • カリウム製剤(塩化カリウム、グルコン酸カリウム、アスパラギン酸カリウム等)、ACE阻害剤(カプトプリル、エナラプリル、リシノプリル等)、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤(ロサルタンカリウム、カンデサルタンシレキセチル、バルサルタン等)、アリスキレン、カリウム保持性利尿剤、トリアムテレン、カンレノ酸カリウム、シクロスポリン、ドロスピレノン…高カリウム血症を誘発することがあるので、血清カリウム値を観察するなど十分注意する必要があります。
  • フィネレノン…血清カリウム値上昇および高カリウム血症が発現する危険性が増大するおそれがあるので、治療上必要と判断される場合にのみ併用することが可能です。
  • ノルエピネフリン…メカニズムは不明だが、ノルエピネフリンの効果を低下させると報告されています。
  • 乳酸ナトリウム…作用を減弱することがあります。
  • 塩化アンモニウム、コレスチラミン…代謝性アシドーシスを来すとの報告があります。
  • ジゴキシン、メチルジゴキシン…血中ジゴキシンおよびメチルジゴキシン濃度が上昇し副作用を起こすおそれがあります。
  • ジギトキシン…ジギトキシンの作用を増強または減弱するおそれがあります。
  • リチウム製剤(炭酸リチウム)…リチウム中毒を起こすことが報告されています。
  • 非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシン等)…重度の高カリウム血症の発現が報告されています。

参考サイト

よくあるご質問

Q:ハイレスのおすすめの服用タイミングはいつですか?

A:ハイレスの服用タイミングはいつでも問題ありませんが、夜間の休息が特に必要な方の場合、利尿作用により夜間の排尿を避けるため、午前中に服用するのが推奨されています。

Q:副作用で注意することはありますか?

A:ハイレスの血圧低下作用により、めまい等があらわれることがあります。命にかかわるような事故を起こすおそれがあるため、高所作業、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には注意するように警告がされています。

レビュー・口コミ

2023年10月16日

長年、足のむくみに悩んでいましたが、ハイレスのおかげでむくみが解消!毎朝飲むのが日課になっており、トイレの回数も自然に増えました。夕方になっても足がパンパンになることがありません!またリピートします!!

カエデ さん

2023年6月13日

完全に常用薬となっています。これを飲むようになってからはむくみが気になることが少なくなりました。

はしか さん

2023年2月23日

錠剤が大きくて飲むのは大変です。ですが副作用など気にならずに服用できています。

スイカ さん

記事の著者情報と記事監修した商品

専門薬剤師(研修認定薬剤師)の資格を持つ現役の薬剤師であり、その知識と経験はお薬だけにとどまらず、美容、サプリメント、ダイエット、健康全般にわたります。一人ひとりの健康や美しさを追求するための信頼できる情報を提供しています。

グルコバイ

グルコバイ

ダイエット薬 トレーニング・ダイエット 生活習慣病 糖尿病・高血糖値
2
¥2,880
ベザリップ

ベザリップ

生活習慣病 高脂血症
3
¥3,480