Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

アイバーズキャブ

メーカー

NuLife Pharmaceuticals

種類:

6mg

数量:

4錠

¥2,232(10%OFF)

(10%OFF)

8錠

¥3,582(10%OFF)

(10%OFF)

20錠

¥7,182(10%OFF)

(10%OFF)

40錠

¥12,150(10%OFF)

(10%OFF)

セール対象商品:クーポン【WEEKLY17】利用で10%off‼

商品説明

商品概要

商品名 アイバーズキャブ(ivearscab)
内容量 1シート/1錠、1箱/4錠
効果・効能 感染症治療
用法・用量 1日1回症状に応じて
有効成分 イベルメクチン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 腹痛、便秘、めまい等
メーカー NuLife Pharmaceuticals
発送国 インドなど

アイバーズキャブの特徴

アイバーズキャブは、さまざまな寄生虫感染症の治療に用いられる薬剤です。

適応症

アイバーズキャブは、線虫(寄生虫)の感染症に対して高い効果を発揮します。特にオンコセルカ症(河川盲目症)、糞線虫症(Strongyloidiasis)、フィラリア症などに有効です。

作用機序

アイバーズキャブは、寄生虫の神経系に作用し、特定のイオンチャネルを開口させることで麻痺を引き起こします。この作用により、寄生虫は死滅または体外に排出されます。

抗ウイルス作用

最近の研究では、アイバーズキャブが特定のウイルスに対する抗ウイルス作用を持つことが示唆されています。(コロナウィルスに対する抗菌作用はありません)

アイバーズキャブはこんな方におすすめ

アイバーズキャブを使うか迷っている方に向けて、おすすめする方の特徴を解説します。

  • オンコセルカ症(河川盲目症)にかかっている方
  • 糞線虫症(Strongyloidiasis)にかかっている方
  • フィラリア症(Lymphatic Filariasis)にかかっている方
  • 疥癬(Scabies)にかかっている方
  • 特定の寄生虫感染症のリスクが高い地域に住んでいる方や旅行を予定している方
  • 寄生虫感染症の再発を防ぎたい方
  • 免疫力が低下しているため、寄生虫感染症に対する抵抗力が弱い方
  • 動物を多く扱う環境で働く方(例:農場、動物病院)

アイバーズキャブの効果・効能

主な効果・効能

  • オンコセルカ症(河川盲目症): アイバーズキャブは、オンコセルカ症の原因である回旋糸状虫(Onchocerca volvulus)という寄生虫に効果的です。この寄生虫による皮膚や眼の感染症を治療し、失明を防ぐことができます。
  • 糞線虫症(Strongyloidiasis): 糞線虫症は糞線虫(Strongyloides stercoralis)による感染症であり、アイバーズキャブはこの寄生虫の駆除に効果があります。感染者の消化管内での寄生虫の増殖を抑制し、症状の改善を図ります。
  • フィラリア症(Lymphatic Filariasis): フィラリア症は糸状虫(フィラリア)による感染症で、象皮症(エレファンティアシス)を引き起こすことがあります。アイバーズキャブは、これらの寄生虫を死滅させることで、感染の進行を防ぎます。
  • 疥癬(Scabies): アイバーズキャブは、ヒゼンダニ(Sarcoptes scabiei)が引き起こす疥癬の治療にも使用されます。このダニを駆除し、皮膚のかゆみや炎症を軽減します。

アイバーズキャブの服用方法・使用方法

1回の用量 症状に応じて
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間以上
服用するタイミング 食前1時間または空腹時

食事の1時間前または空腹時に、1回症状に応じた推奨量を水またはぬるま湯と服用してください。

症状に応じた推奨量

アイバーズキャブの服用方法(一般的な成人の場合)

  • オンコセルカ症(河川盲目症)
    用量: 体重1kgあたり約0.15mgを1回経口投与します。例えば、体重70kgの成人の場合は10.5mgの服用となります。
    投与間隔: 通常は6~12ヶ月ごとに繰り返し投与されます。
  • 糞線虫症(Strongyloidiasis)
    用量: 体重1kgあたり約0.2mgを1回経口投与します。例えば、体重70kgの成人の場合は14mgの服用となります。
    再投与: 必要に応じて2週間後に再投与されることがあります。
  • フィラリア症(Lymphatic Filariasis)
    用量: 体重1kgあたり約0.15~0.2mgを1回経口投与します。例えば、体重70kgの成人の場合は10.5~14mgの服用となります。
    併用: 他の抗フィラリア薬と併用することが一般的です。
  • 疥癬(Scabies)
    用量: 体重1kgあたり約0.2mgを1回経口投与します。例えば、体重70kgの成人の場合は14mgの服用となります。
    再投与: 必要に応じて1~2週間後に再投与されることがあります。

服用時の注意事項

  • 過剰投与しても効果が倍増することはありませんので推奨量を守り服用してください。
  • 万一飲み忘れた場合、気づいた時点で直ちに服用してください。
  • 次回分までの間隔が近い場合は忘れた分は服用せず、次回分から服用してください。
  • 飲み忘れたからと2回分を一度に服用しないでください。

アイバーズキャブの保管方法

  • 直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。

アイバーズキャブの有効成分について

有効成分のメカニズム

アイバーズキャブの有効成分であるイベルメクチンは、以下のメカニズムを通じて感染症の治療に効果的です。

  • 神経系への作用 – イベルメクチンは、寄生虫の神経系に作用します。具体的には、グルタミン酸依存性クロライドチャネルに結合し、これを活性化させることで寄生虫の神経細胞を麻痺させます。この作用により、寄生虫は動けなくなり、死滅または体外に排出されます。
  • 寄生虫の筋肉機能の抑制 – イベルメクチンは、寄生虫の筋肉機能を抑制します。これにより、寄生虫の運動能力が低下し、宿主からの排出が容易になります。
  • ウイルス複製の抑制 – 最近の研究では、イベルメクチンが特定のウイルスに対しても効果があることが示唆されています。イベルメクチンはウイルスの複製過程に干渉し、ウイルスRNAの複製を阻害することで、感染の拡大を抑制します。
  • 免疫応答の調節 – イベルメクチンは、宿主の免疫系にも影響を与えます。特に、免疫細胞の活性化を促進し、感染症に対する自然免疫応答を強化します。この効果により、体内の感染症に対する防御能力が向上します。
  • 広範な適応症 – イベルメクチンは、様々な寄生虫に対して効果があり、その適応症の広さが特徴です。これにより、複数の寄生虫感染症に対する治療が一つの薬で可能となります。
  • 安全性と効果のバランス – イベルメクチンは、適切な用量を守れば副作用が少なく、安全性が高い薬剤とされています。このバランスの良さが、感染症治療において幅広く使用される理由の一つです。

アイバーズキャブの副作用

主な副作用

  • 吐き気
  • 下痢
  • めまい
  • 頭痛
  • 疲労感
  • 発疹

稀な副作用

  • 重篤なアレルギー反応(アナフィラキシー)
  • 中枢神経系の異常
  • 肝機能障害
  • 血液異常

アイバーズキャブの注意事項

アイバーズキャブの使用に注意する人

  • 肝臓疾患を持つ方
  • 腎臓疾患を持つ方
  • 免疫抑制状態にある方
  • 特定の薬剤を服用中の方(抗凝固剤、他の抗寄生虫薬、脂質異常症治療薬)

アイバーズキャブを使用してはいけない人

  • アイバーズキャブに対して過敏症(アレルギー)がある人
  • 妊娠中の女性
  • 授乳中の女性
  • 小児(特に15kg未満の体重の子供)
  • 重度の肝疾患を持つ人
  • 中枢神経系に重度の障害がある人
  • 併用薬がアイバーズキャブと相互作用を持つ場合

併用禁忌

  • 抗凝固薬(ワルファリン)
  • バルビツール酸誘導体(フェノバルビタール)
  • ベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパム、アルプラゾラム)
  • カルシウム拮抗薬(ベラパミル、ジルチアゼム)
  • 免疫抑制剤(シクロスポリン、タクロリムス)
  • 抗レトロウイルス薬(HIV治療薬)

併用注意

  • 抗てんかん薬(カルバマゼピン、フェニトイン)
  • 抗ウイルス薬(リトナビル、ロピナビル)
  • カルシウム拮抗薬(ジルチアゼム、ベラパミル)
  • 免疫抑制剤(シクロスポリン)
  • マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン、クラリスロマイシン)
  • 抗真菌薬(イトラコナゾール)
  • HIVプロテアーゼ阻害剤

その他注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を理解してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

アイバーズキャブのよくある質問

Q: アイバーズキャブとアルコールは併用しても大丈夫ですか?

A: アルコールとの併用は推奨されません。肝臓に負担をかけ、薬の効果や副作用を増強する可能性があります。服用前後24時間はアルコールの摂取を避けることが望ましいです。

Q: 妊娠中または授乳中にアイバーズキャブを使用できますか?

A: 妊娠中や授乳中の使用については医師に相談してください。リスクとベネフィットを考慮して、医師が適切な判断を行います。

Q: アイバーズキャブの服用後にどのような反応があれば医師に連絡すべきですか?

A: 以下の症状が現れた場合は、直ちに医師に連絡してください:

  • 重篤なアレルギー反応(発疹、かゆみ、息切れ、顔や舌の腫れ)
  • 中枢神経系の異常(めまい、混乱、痙攣)
  • 黄疸(皮膚や眼の白い部分が黄色くなる)

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年4月25日
趣味:写真撮影と旅行(特に国内の温泉地を巡るのが好き)
経歴:以前は製薬会社で働いており、医薬品の研究開発に携わっていた。自然が好きで、休日はよく山に行く。お薬市場では過去の技術を生かして、理解しやすい記事の作成を行っています。

アーユルスリム

アーユルスリム

トレーニング・ダイエット プロテイン・サプリメント
2
¥2,780
ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
6
¥4,780 在庫切れ