Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

イベルメクトール(イベルメクチン)

メーカー

Windlas Biotech

種類:

12mg

数量:

10錠

定価¥5,000

¥4,800

30錠

定価¥15,000

¥13,200

48錠

定価¥24,000

¥19,300

商品説明

商品概要

商品名 イベルメクトール(イベルメクチン)(Ivermectin)
内容量 1シート/2錠
効果・効能 疥癬(かいせん)、腸管糞線虫症
用法・用量

腸管糞線虫症:約200μg/kgを2回(2週間隔で服用)

疥癬:約200μg/kgを1回

有効成分 イベルメクチン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用

重大:中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、横断、血小板減少

その他:搔痒(かゆみ)、発疹、肝機能障害、下痢、食欲低下、便秘、めまい、眠気、貧血など

メーカー Windlas Biotech
発送国 シンガポールなど

イベルメクトールの特徴

イベルメクトールはイベルメクチンを含む、国内でも処方されているストロメクトールのジェネリック医薬品です。

イベルメクチンは、疥癬(ヒゼンダニによる皮膚感染)や腸管糞線虫症(糞線虫の消化器感染)を治療する抗寄生虫薬です。また、新型コロナウイルスの増殖を抑制する可能性も注目されており、個人輸入を通じて入手することが可能です。

この薬は、1974年に北里大学の大村智博士によって発見されたアベルメクチンという微生物の産物から作られており、その安全性と効果は世界中で評価されています。

特に、大村博士とウィリアム・キャンベル博士はイベルメクチンの開発により2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。新型コロナウイルスに関しては、有効性を示す研究もある一方で、日本の臨床試験ではその有効性は確認されていません。

コロナワクチン投与後の後遺症治療として注目

新型コロナウイルスワクチン接種後の後遺症治療においてもイベルメクチンが検討されています。ワクチンによるスパイクタンパク質の過剰生成が引き起こす炎症や血栓形成といった問題に対し、イベルメクチンは抗炎症作用を発揮します。

イベルメクチンはスパイクタンパク質の体内からの排除を助ける効果があるとされています。FLCCC(新型コロナ救命治療最前線同盟)によると、イベルメクチンを含む治療法の検討が推奨されています。また、今後のさらなる研究にも期待が集まっています。

詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

新型コロナワクチン後遺症と新たな解毒法「イベルメクチン」

新型コロナワクチン後遺症と新たな解毒法「イベルメクチン」

新型コロナワクチン接種後の潜在的な副作用や自己免疫症候群について、科学的証拠と実際の症例を基に解説します。最新の研究成果とイベルメクチンによる治療の可能性について、分かりやすく紹介。

記事を見る

イベルメクトールはこんな方におすすめ

イベルメクトールは疥癬、腸管糞線虫症に有効な薬剤となっています。

疥癬はヒゼンダニ(疥癬虫)が原因であり、約1か月間の潜伏期間の後に手指、腋下、下腹、外陰部、四肢に紅色の湿疹、水疱やのう胞が多発するといった皮膚症状が主な疾患です。かゆみが強く、特に夜間に激しいという特徴があります。

ヒトの皮膚同士の接触のみでなく、衣類や寝具を介しても感染する可能性があるので、同じ生活環境で同様の症状が出現しているような場合には注意が必要となります。

また、糞線虫症はフィラリア型幼虫の経皮侵入が原因であり、日本では奄美・沖縄に多いとされています。症状としては、下痢・咳がメインとなります。

上記のような症状がある場合にはこれらの疾患が疑われるため、イベルメクチンの内服が有効と言えます。元々は、家畜やペットの寄生虫、回虫などの治療薬として開発されたものであり、ペットがかゆがっている際にも有効な可能性が考えられます。

コロナウイルスに有効と話題にも

国内では保険未承認ではありますが、イベルメクチンはコロナウイルスのウイルス量の増加を抑制するのではと話題になりました。これらの研究は試験管内での実験で報告されていましたが、臨床試験ではその有効性が認められず、承認申請が中止となった経緯があります。(2022年9月6日)

厚生労働省は医師・患者の合意を条件にイベルメクチンのコロナ治療への使用を認めていますが、個人輸入での使用に関しては「治療薬としての科学的根拠がない」として、警鐘を鳴らす専門家の声も出てきています。

また、現在は新型コロナワクチンによる後遺症の解毒法として、再び話題に上がっています。コロナワクチン接種の方などで、万が一に備えて持っておくことは、アリかもしれません。

イベルメクトールの効果・効能

イベルメクトールは疥癬、腸管糞線虫症の治療に効果があります。疥癬については、「確定診断された患者またはその患者との接触の機会があり、かつ疥癬の症状を呈する者に使用する。」との記載があり、疥癬患者さんのご家族などで、同様の症状の方に使用すると効果がみられるかもしれません。

さらに、新型コロナウイルスワクチンの接種後に発生する可能性のある後遺症への治療薬としてもイベルメクトールが検討されています。科学者たちはワクチンによるスパイクタンパク質の過剰生成が後遺症に関与している可能性を指摘しており、イベルメクトールがこのスパイクタンパク質を体内から排除し、炎症を抑える効果が期待されています。

イベルメクトールの薬理効果

イベルメクトールは独特な作用機序を持っています。無脊椎動物の神経・筋細胞に存在するグルタミン酸作動性Cl-チャンネルに選択的かつ高い親和性を持って結合します。

このことにより、Cl-に対する細胞膜の透過性が上昇し、神経または筋細胞の過分極が生じます。その結果、寄生虫が麻痺を起こし、死に至ります。

イベルメクチンが持つヒトでの安全域は、哺乳類ではグルタミン酸作動性Cl-チャンネルの存在が報告されていないこと、哺乳類の脳の特異的な結合部位に対するイベルメクチンの親和性が線虫に比べて約100倍低いこと、また、ラット等の哺乳類ではイベルメクチンが血液-脳関門を容易には通過することができないという事実があり、安全性が確保されていることが考えられます。

イベルメクトールの服用方法・飲み方

1回の用量 200μg/kg
1日の服用回数 1日1回まで
服用間隔 症状毎に異なる
服用のタイミング 【腸管糞線虫症と疥癬】空腹時(食後であれば2時間後)
【ワクチン解毒】食事中または食後

イベルメクトールの服用方法は、治療すべき疾患によって少し変わります。

【腸管糞線虫症の場合】

体重1kgあたり約200μgを2週間間隔で計2回経口投与を行います。

イベルメクチンは脂溶性物質のため、高脂肪食によって血中薬物濃度が上昇する可能性が考えられるため、空腹時の内服が望ましいです。

※詳しい投与量は下記の表(【体重毎の1回あたりの投与量】)をご参照ください。

【疥癬の場合】

体重1Kgあたり約200μgの1回経口投与を行います。その後、新たな皮膚症状が発現した場合や、感染が認められた場合には再投与を検討してください。また、重症型の角化型疥癬(ノルウェー疥癬)の場合は1回の服用では不十分なため、少なくとも2回の服用が必要です。

※詳しい投与量は下記の表(【体重毎の1回あたりの投与量】)をご参照ください。

【コロナワクチン解毒の場合】

1日1回、食事中または食事後に体重1Kgあたり約200の1回経口投与を行います。最大4~6週間の服用が推奨されています。

【体重毎の1回あたりの投与量】

イベルメクトールの服用量は体重1kg当たり200μg(0.2mg)です。体重15Kgにつき12mg錠の場合1/4錠となります。

下記の表に体重毎の1回あたりの投与量を記載していますので参考にしてみてください。

体重 15-24 kg 12mg:1/4錠
体重 25-35 kg 12mg:1/2錠
体重 36-50 kg 12mg:3/4錠
体重 51-65 kg 12mg:1錠
体重 66-79 kg 12mg:1錠+1/4錠
体重 80 kg以上 12mg:1錠+半錠~
(体重1kgにつき約200μgの増量)

錠剤の割り方

イベルメクトールは患者の体重によって分割する必要があります。錠剤の分割後はお早めにご使用ください。

お手持ちの刃物(カッターや包丁等)で分割が可能ですが、刃物を使用する際は怪我をしないよう十分にお気を付けください。

また、お薬市場では錠剤を簡単に分割できるピルカッターもご用意しておりますので是非ご活用ください。

https://okusuriichiba.com/wp-content/uploads/2023/06/product_pillcutter-368x250.webp

ED治療薬

ピルカッター

ピルケース

1

商品詳細を見る

イベルメクトールの保管方法

  • 直射日光が当たらない湿気の少ない場所に保管してください。
  • お子様の手が届かない場所に保管してください。

イベルメクトール内服時の注意点

  • 表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。
  • イベルメクトールは水、またはぬるま湯で服用してください。 牛乳や乳製品で飲んではいけません。
  • イベルメクトールは脂溶性物質なので、高脂肪食により血中薬物濃度が上昇する可能性があるため、空腹時の内服が望ましいです。
  • イベルメクトールによる治療初期に搔痒(かゆみ)が一過性に増悪する可能性があります。また、ヒゼンダニ(疥癬)の死滅後もアレルギー反応として全身の搔痒が持続することがあります。特徴的な皮疹の発生や感染が認められない場合には、搔痒が持続しても漫然と再投与を行うことは避けましょう。
  • 重症型(角化型疥癬等)の場合、イベルメクトールの初回投与後1~2週間以内に効果を確認し、2回目の投与を考慮することが必要なので、個人の判断ではなく医療機関の受診が望ましいです。

イベルメクトールの副作用

主な副作用

  • 悪心・嘔吐、搔痒、発疹、肝機能障害、下痢、食欲低下、便秘、めまい、振戦傾眠、貧血など

重大な副作用

  • 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、重大な肝機能障害、黄疸(ビリルビン上昇)、血小板減少
  • 腸管糞線虫症に対する使用では309例中19例(6.1%)、疥癬に対する使用では750例中12例(1.6%)で副作用が認められています。

イベルメクトールの注意事項

イベルメクトールの併用禁忌

  • 現在のところありません。

イベルメクトールの併用注意

  • ロア糸状虫による重度感染患者(抗ミクロフィラリア薬投与後に、または投薬とは無関係に、まれに重篤または致命的な農相が発症することがある)

基本的な注意事項

  • 本剤に対し過敏症反応が現れた場合には、その後の投与を中止する。
  • 意識障害が現れることがあるので、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意するよう患者に十分に説明する。
  • 糞便内幼虫が陰転しない場合は再投与を考慮する。
  • 易感染性患者(HIV感染者やHTLV-1感染者等も含む)に用いる場合には、通常の投与回数以上の投与が必要になることがあり、また、その場合でも治癒に至らないことがあるので注意する
  • オンコセルカ症またはロア糸状虫症患者では、中枢神経系(脳症、頭痛、昏睡、精神状態変化、起立困難、歩行困難、錯乱、嗜眠、痙攣、昏迷等)、筋骨格系(関節痛等)、その他(発熱、結膜出血、眼充血、尿失禁、便失禁、浮腫、呼吸困難、背部痛、頸部痛等の疼痛等)の重大な副作用および過敏症反応が報告されているので、これらの疾患を併発している患者に本剤を要する場合には十分に注意する。

参考サイト

よくあるご質問

Q:イベルメクトールでコロナウイルスの予防はできますか?

イベルメクトールのコロナウイルス予防効果に関してのエビデンスは現在ありません。内服量、期間も明らかなものは規定されておらず、予防目的での内服はお勧めしません。

Q: イベルメクトールはコロナウイルスの治療効果はありますか?

試験管内での研究ではイベルメクトールがコロナウイルスに有効であったとの報告がありますが、少なくとも日本で行われた臨床研究では治療効果は認められず、コロナ治療薬の承認申請も断念されています。現状どちらとも言えませんが、世界的にみれば有効である可能性は考えられます。

レビュー・口コミ

2023年10月1日

喉の痛みに効くと聞いたので、飲んでみたら本当に喉の痛みがなくなりました!いつも風邪をひくときは喉からなので、これからも常備しておきたいと思います。

沖縄の海 さん

2023年2月26日

ワクチン3回打っても感染しました、 その反省から、疲れたって感じた日の夜には 予防的に飲むようにしてます。

kuma さん

2022年10月29日

イベルメクチンは周りの人から教わりました。 ワクチン打ちたくないのでストックしてます。

ますの さん

2022年5月30日

コロナ対策に購入。 3週間くらいで届きました。最近周りにコロナ感染者が出たので備えがあると安心出来ます。

匿名 さん

2022年3月11日

コロナ対策としてイベルメクトールを購入しました。不安な日々が続いていた中、この薬のおかげで少しホッとしています。お薬市場さんからの配送も迅速で安心できました。

カズミ さん

2022年2月28日

注文して3週間で到着しました。 身近な知人がコロナになったので早速服用してみました。薬のおかげか症状は出ませんでした。念のため追加注文します。

てすら さん

2021年9月26日

TVでコロナに対する治療効果があるとやってて注文しました。 ワクチンは2回打ったけどいざって時の為に備えておこうと思います。

いくら さん

2021年9月24日

ワクチンは打たない派なので注文しました。確実な治療効果はないかもしれませんが念のため持っておこうと思います。

アラジン さん

2021年9月11日

いざって時に備えて少し多めに注文しました。支払いから2日で発送の連絡が来ました。 手元にあると安心感があるので待ち遠しいです。

ベリー さん

記事の著者情報と記事監修した商品

循環器内科医としての経験と一般内科の知識を活かし、医療系記事に精通しています。アメリカ留学の経験から海外の生活や医療情報についても詳しく、幅広いジャンルへの対応可能で、その知識を用いて各商品の特徴をわかりやすく解説しています。

テンビルEM

テンビルEM

その他感染症治療薬 性病・感染症
4
¥8,480
Liv52

Liv52

サプリメント その他の疾患 ナイトライフ 性機能サプリ 病気・症状
2
¥1,880