Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

リピトール

メーカー

Pfizer

種類:

10mg

20mg

40mg

80mg

数量:

30錠

¥2,980

商品説明

商品概要

商品名 リピトール(lipitor)
内容量 1箱/30錠
効果・効能 高脂血症用剤、血液中のコレステロール低下、高コレステロール血症
用法・用量 1日1回1錠
有効成分 アトルバスタチン
形状・剤形 タブレット
副作用 めまい・頭痛・肝機能障害・発疹など
メーカー Pfizer
発送国 香港など

リピトールの特徴

リピトールは、高コレステロール血症の治療薬です。リピトールに含まれるアトルバスタチンは、高コレステロール血症による動脈硬化や合併症の予防に有効とされています。

リピトールは、アメリカに本社をおくファイザー社が販売しています。ワクチンや医療用医薬品などを研究・開発し、販売している企業です。

リピトールはこんな方におすすめ

リピトールを使うか迷っている方に向けて、おすすめする方の特徴を解説します。

コレステロール値でお悩みの方

リピトールに含まれるアトルバスタチンには、コレステロール生成をサポートする「HMG-CoA還元酵素」の働きを阻害する作用があります。これにより、肝臓におけるコレステロール生成が抑えられます。そのため、コレステロール値でお悩みの方にはおすすめです。

リピトールの効果・効能

主な効果・効能

リピトールは、高コレステロール血症の治療薬です。リピトールに含まれるアトルバスタチンは、コレステロール生成をサポートする「HMG-CoA還元酵素」の働きを阻害します。これにより、肝臓におけるコレステロール生成を抑えます。

リピトールの効果・効能

主な効果・効能

リピトールは、高コレステロール血症の治療薬です。リピトールに含まれるアトルバスタチンは、コレステロール生成をサポートする「HMG-CoA還元酵素」の働きを阻害します。これにより、肝臓におけるコレステロール生成を抑えます。

リピトールの有効成分

主な有効成分

  • リピトールに含まれるアトルバスタチンは、コレステロール生成をサポートする「HMG-CoA還元酵素」の働きを阻害します。
  • これにより、肝臓におけるコレステロール生成を抑えます。

リピトールの副作用

主な副作用

  • めまい
  • 頭痛
  • 肝機能障害
  • 発疹
  • 発赤
  • 筋骨格系障害
  • 皮膚乾燥
  • 消化器障害
  • そう痒症

重大な副作用

  • 免疫介在性壊死性ミオパチー
  • 肝炎
  • 黄疸
  • アナフィラキシー
  • 血小板減少症
  • 皮膚粘膜眼症候群
  • 無顆粒球症
  • 汎血球減少症

万が一副作用が出た場合は、医療機関で診察を受けることをおすすめします。

リピトールの注意事項

併用禁忌

  • 過去にリピトールによって過敏症などを起こしたことがある人
  • 高齢者
  • 甲状腺機能低下症の方
  • アルコール中毒の方
  • 糖尿病の方
  • 妊婦
  • 妊娠している可能性がある方
  • 授乳中の方
  • 小児
  • アバナフィルを含むED治療薬も服用不可です。

併用禁忌薬

  • テラプレビル
  • リトナビル
  • パリタプレビル
  • オムビタスビル
  • ベザフィブラート
  • フィブラート系薬剤

併用注意薬

  • ニセリトロール
  • ニコチン酸製剤
  • シクロスポリン
  • 免疫抑制剤
  • イトラコナゾール
  • アゾール系抗真菌薬
  • クラリスロマイシン
  • メシル酸ネルフィナビル
  • HIVプロテアーゼ阻害剤
  • 経口避妊薬
  • シゴキシン

上記の薬を服用中の人は、リピトールを服用できません。注意してください。

その他注意事項

  • 保管する際は、直射日光が当たらない、かつ湿気の少ない場所で保管してください。
  • 使用期限が切れたものは服用しないようにしましょう。
  • お子様がいるご家庭の場合は、お子様の手が届かない場所で保管してください。
  • アルコールとの併用に関しては、少量であれば問題ありません。過剰に摂取すると薬の効果が薄くなったり、副作用が余計に出てしまう可能性があります。アルコールを摂取する場合は適度な量を飲んでください。
  • 高コレステロール血症治療の際は、治療薬を服用する他に、食事療法や運動療法も効果的です。ジョギングやウォーキング、水泳などの全身運動を定期的に行うことが重要です。運動を行うことで、ストレスが緩和する効果が期待できます。ストレスが緩和されれば自律神経が安定しやすくなり、コレステロールの管理がしやすくなるでしょう。
  • 食生活を見直すことで高コレステロール血症の予防が期待できます。植物性タンパク質と食物繊維を多く含む食べ物は、コレステロールや中性脂肪を減らす作用があります。

主な食べ物は次の通りです。

  • 豆腐
  • 大豆
  • わかめ
  • 昆布
  • ひじき
  • かぼちゃ
  • 煮豆
  • しいたけ

上記を含む食事を心掛けてください。また控えた方がいい食べ物は以下の通りになります。

  • マヨネーズ
  • バター
  • 豚肉
  • 牛肉
  • ベーコン
  • 卵黄
  • たらこ
  • うに

卵類はコレステロールを多く含みます。またバターや肉類は動物性脂肪を多く含み、コレステロールを上げる要因になります。適度に食べることをおすすめします。また過度な飲酒や喫煙は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やす要因になります。これらも控えておくといいでしょう。

リピトールのよくある質問

Q:リピトールは1日何回使用したらいいですか?

A:1日1回までです。

Q:どのように保管したらいいですか?

A:保管する際は、直射日光が当たらない、かつ湿気の少ない場所で保管してください。また使用期限が切れたものは服用しないようにしましょう。お子様がいるご家庭の場合は、お子様の手が届かない場所で保管してください。

Q:リピトールを使用することで想定される副作用などはありますか?

A:主な副作用としては以下が挙げられます。

  • めまい
  • 頭痛
  • 肝機能障害
  • 発疹
  • 発赤
  • 筋骨格系障害
  • 皮膚乾燥
  • 消化器障害
  • そう痒症

万が一、症状が悪化する場合は、速やかに医療機関を受診してください。

Q:リピトールを購入する際、どういった手段がありますか?

A:通販、個人輸入代行業者から購入可能です。

Q:過度な飲酒をしても影響はないですか?

A:過度な飲酒の場合は、影響が出ます。飲酒する場合は、適度な飲酒を心がけてください。

Q:効果や副作用の感じ方に個人差があるのは本当ですか?

A:本当です。人によって効果が出やすかったり、副作用が出やすかったりします。

Q:高コレステロール血症治療の際に注意すべきことはありますか?

A:高コレステロール血症治療の際は、治療薬を服用する他に、食事療法や運動療法も効果的です。適度な運動を行い、バランスのとれた食事をとることでより治療をスムーズに進めやすくなるでしょう。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1984年12月5日
趣味:料理、ワインの収集
経歴:食品関連の会社で品質管理を担当していた。健康と栄養に関心が高く、その知識を医薬品の分野に応用している。お薬市場スタッフとして健康や医薬品については誰にも負けないと自負している。

威覇クリーム(男性用)

威覇クリーム(男性用)

ナイトライフ 媚薬
6
¥2,680
ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
6
¥4,780 在庫切れ