Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

リポカット

種類:

60mg

120mg

数量:

10錠

¥2,980

30錠

¥7,980

60錠

¥14,800

90錠

¥18,800

120錠

¥23,800

180錠

¥34,800

商品説明

商品概要

商品名 リポカット(lipocut)
内容量 1箱/10カプセル、1シート/10カプセル(実際の発送は箱なしシートのみとなります)
効果・効能 ダイエット
用法・用量 1回60~120mg、1日3回
有効成分 オルリスタット
形状・剤形 カプセル剤
副作用 下痢、脂肪便、悪心、腹部膨満など
メーカー Lupin Limited
発送国 インドなど

リポカットの特徴

無理な食事制限をすることなく痩せることができる

リポカットそのものには食欲を抑制したり、脂肪を燃焼しやすい体にしたりする効果はありません。食事に含まれている脂質のうち30%の吸収をカットすることができるので、無理に食事制限をすることなく、普段通りの食事をしながらでもダイエットができるというお薬です。 過度な食事制限によるダイエットは一時的には急激に体重が減るので効果的なように思われますが、体が低燃費になって栄養を吸収しやすい状態になってしまい、すぐにリバウンドしやすくなってしまうおそれがあります。 しかしリポカットは、食べることを我慢する必要が無いので継続しやすく、ダイエット成功率の高いお薬となっています。

依存性がなく安全性が高い

ダイエット効果のあるお薬の中には、食欲を抑えるようなタイプがありますが、そのようなお薬は依存症を起こしたり、耐性を起こして長期間服用すると効果が弱くなることが多いです。 しかし、リポカットはそれらのダイエット薬とは作用メカニズムが異なり、依存症を起こすことなく、耐性もできないといわれているので、長期間服用しても安全性が高く、安心してダイエットをすることができます。

リポカットはこんな方におすすめ

リポカットは、食事に含まれている脂肪分の吸収を抑制して便として排出することで普段通りの食事をしながらダイエット効果が得られます。 そのため、脂っぽい食事を普段から食べている方や外食する機会が多い方は特にダイエット効果が期待できます。 さらに、苦しい食事制限をしなくていいので継続しやすく、過去にダイエットをしようと決意して挫折してしまった方にもおすすめです。

リポカットの効果・効能

日本で承認されたオルリスタットの効能・効果は、男性85cm以上、女性90cm以上の腹囲(へその高さ)で、腹部が太めな方の内臓脂肪および腹囲の減少(生活習慣改善の取り組みを行っている場合に限る)とされています。

いわゆる、内臓脂肪が気になる方のダイエットに用いることができます。

リポカットの服用方法・使用方法

1回の用量 オルリスタットとして60~120mg(60mgタイプでは1~2カプセル、120mgタイプでは1/2~1カプセル)
1日の服用回数 1日3回
服用間隔 3~6時間
服用のタイミング 食事中または食後1時間以内

日本では有効成分オルリスタットの用法は1回最大60mg(60mgタイプでは1カプセル、120mgタイプでは1/2カプセル)までしか承認されていません。

ただし、カプセルを開封して服用することはできないので、実際は1回に1カプセルを服用します。

海外では症状や肥満度に応じて最大1回120mg服用する用法も承認されているので、副作用が起こらないか様子をみながら服用します。

リポカットの有効成分

リポカットの有効成分オルリスタットは肥満症治療剤というグループに属しているお薬です。 脂肪吸収抑制作用を持ち、内臓脂肪減少薬ともよばれています。 リポカットを服用すると消化管管腔内で脂肪を分解する酵素であるリパーゼの活性を阻害し、食事由来の脂質の吸収を抑制します。食事中に含まれている油分の約30%を吸収せずに体外に排出するといわれています。 リポカット(オルリスタット)の服用とあわせて食事・運動の改善(生活習慣の改善)をすることで内臓脂肪が減少し、結果として腹囲の減少へと導くことができます。

リポカットの副作用

リポカットの主な副作用として、下痢、脂肪便、悪心、腹部膨満、AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTPの上昇、発疹、掻痒、尿路結石、AL-P上昇、カロチン減少、ビタミンA・D・Eの減少、高シュウ酸尿症、シュウ酸腎症、シュウ酸腎結石、胆石症などが報告されています。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した重篤な副作用の初期症状である可能性があります。

  • 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[重篤な肝機能障害]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。リポカットの服用中に、上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談するよう注意喚起がされています。

リポカット使用上の注意事項

リポカットを使用してはいけない人

  • リポカットの成分に対し過敏症の既往歴のある患者…服用することで再度過敏症を起こすおそれがある。
  • 慢性吸収不良症候群および胆汁うっ滞の患者…脂肪便や栄養不良が増悪するおそれがあります。
  • 妊婦または妊娠している可能性のある婦人…原則として服用できません。妊娠中の服用に関する安全性は確立していません。

リポカットの使用に注意する人

  • 高齢者…一般に高齢者は生理機能が低下しているので、副作用発現に留意し、経過を十分に観察しながら慎重に服用する必要があります。
  • 授乳婦…授乳中の婦人が服用することは避け、やむを得ず服用する場合には、授乳を中止してください。乳汁中に成分が移行する可能性があります。
  • 小児等…18歳未満の方は服用できません。また、低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。(使用経験が無い)

リポカットの併用禁忌薬

  • 特に無し

リポカットの併用注意薬

  • シクロスポリン
  • 脂溶性ビタミンサプリメント
  • レボチロキシン
  • ワルファリン
  • アミオダロン
  • 抗てんかん薬
  • 抗レトロウイルス薬

リポカットに関する重要な基本的注意

  • リポカットの服用中は食事療法・運動療法を継続し、体重などを定期的に測定するとともに、血糖、脂質についても経過観察を行うことが推奨されています。リポカットを服用しても効果が不十分な場合には、より適切と考えられる治療への変更を考慮してください。なお、肥満症の改善がみられ、食事療法・運動療法のみで十分と判断される場合には、リポカットの服用を中止して経過観察を行ってください。
  • リポカットの服用は、脂質吸収抑制による下痢、脂肪便などが高頻度に発現すること、および食事における脂質の量が多いほど発現する可能性が高いことについて十分に理解してから服用を開始してください。日常生活に支障をきたす場合には、医師に相談するよう指導するよう注意喚起がされています。

参考サイト

リポカットに関するよくあるご質問

Q:リポカットと一緒に服用したらいいサプリメントはありますか?

A:有効成分のオルリスタットは脂の吸収を抑制する効果があるため、脂に溶けてから体内に吸収される性質がある脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)の吸収量も減少してしまいます。 そのため、脂溶性ビタミンの欠乏症を予防するため、これらのビタミンのサプリメントを併用することが推奨されています。 ただし注意点として、リポカットと一緒にサプリメントを摂取しても吸収が抑制されて意味がないので、併用する際は2時間程度間隔をあけるようにしてください。

Q:食事をしないときにリポカットを飲んでもダイエット効果はありますか?

A:リポカットのダイエット作用の都合上、食事を摂らないときに服用してもダイエット効果は期待できません。そのため、食事を摂らないならばリポカットを服用しないでください。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

専門薬剤師(研修認定薬剤師)の資格を持つ現役の薬剤師であり、その知識と経験はお薬だけにとどまらず、美容、サプリメント、ダイエット、健康全般にわたります。一人ひとりの健康や美しさを追求するための信頼できる情報を提供しています。

ポスティノール クーポン対象商品

ポスティノール

アフターピル 避妊
8
¥2,232 (10% OFF)
マドンナ

マドンナ

アフターピル 避妊
6
¥2,080