Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

メプチン

メーカー

Otsuka Pharmaceutical Co.,Ltd.

種類:

250mcg

数量:

100錠

¥4,280

200錠

¥7,580

商品説明

商品概要

商品名 メプチン(Meptin)
内容量 1箱/100錠
効果・効能 気管支喘息の発作予防、症状緩和
用法・用量 1日2回、1回2錠
有効成分 プロカテロール
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 動悸、頻脈、ほてり、頭痛、消化器障害など
メーカー Otsuka Pharmaceutical Co.,Ltd.
発送国 香港

特徴

メプチンの有効成分「プロカテロール」は、空気の通り道になっている気管支を拡張させる作用があります。これによって、喘息のときに生じる息苦しさを緩和できます。メプチンには吸入タイプもありますが、吸入が苦手な方には錠剤タイプがおすすめです。

メプチンはこんな方におすすめ

メプチンの購入を検討している方に向けて、どんな方が対象になるのかをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

ステロイドの吸入剤だけでは効果があまり感じられない方

現在は、吸入ステロイド剤などを使用して喘息の症状を緩和させることが主流となっています。しかし、吸入剤だけでは症状が改善されなかったり、吸入剤の使用が難しい方にメプチンはおすすめです。

吸入剤が苦手な方

吸入剤を使っているけど、吸入するのが上手くなかったりして、吸入剤が苦手な方にはメプチンのような錠剤タイプはおすすめです。

効果・効能

メプチンには、空気の通り道である気管支を拡張させる作用があり、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎、喘息様気管支炎などの息苦しさや呼吸困難の症状改善に用いられます。

服用方法・使用方法

1回の用量 2錠
1日の服用回数 2回
服用間隔 特になし
服用のタイミング 朝、寝る前

メプチンの服用量は、1回あたり50μg服用し、夜の分は就寝前に服用するようにしましょう。1日1錠の場合は夜だけ服用するようにしましょう。飲み忘れた場合は、1回分を飛ばして次の服用分から決められた時間に服用するようにし、2回分を1度に服用することはしないでください。

有効成分

メプチンの有効成分であるプロカテロールは、気管支にあるβ2受容体を刺激することで気管支を拡張させます。喘息などの息苦しさは気管支が狭まっていることによって起こるため、気管支を拡張させることで息苦しさが緩和します。

副作用

メプチンで生じる主な副作用として以下のものが現れることがあります。

  • 動悸
  • 頻脈
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 発疹

また稀に起きる重大な副作用としてアナフィラキシーショックがあります。アナフィラキシーショックは、アレルギー反応の1つであり全身に現れる症状が発現します。90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。重症の場合には、意識がなくなることもありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

注意事項

併用禁忌

  • 現在、特に報告はされておりません

併用注意

  • カテコールアミン製剤(アドレナリン・イソプレナリン等) 不整脈、場合によっては心停止を起こすおそれがあります。
  • キサンチン誘導体(テオフィリン・アミノフィリン水和物・ジプロフィリン等) 低カリウム血症、心・血管症状(頻脈、不整脈等)等のβ刺激剤の副作用症状を増強させることがあります。
  • ステロイド剤(ベタメタゾン・プレドニゾロン・ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム等) 低カリウム血症による不整脈を起こすおそれがあります。
  • 利尿剤(フロセミド等) 低カリウム血症による不整脈を起こすおそれがあります。

甲状腺機能亢進症の方、高血圧の方、心疾患の方、糖尿病の方は症状が悪化する恐れがあります。

またメプチンは、吸入ステロイド剤等の抗炎症剤の代替薬ではないため、メプチンの使用により症状改善を感じた場合であっても、吸入ステロイド剤等を減量又は中止し、メプチンを単独で用いることのないようにしてください。

もしも使用を中止したい場合でも自己判断で使用を中止せず、医師の指示に従ってください。また服用中に急に発作が起こることがあります。その際は医師に相談し、適切な治療薬を処方してもらいましょう。

参考サイト

よくあるご質問

Q:喘息の薬を服用しているときに飲酒は控えた方がいいですか?

A:飲酒は喘息の症状を悪化させることがあるため、喘息治療中の飲酒は控えるようにしましょう。

Q:喘息で吸入タイプとメプチンは併用できますか?

A:喘息の治療は、気道の炎症を抑える長期管理薬と発作の症状を抑える発作治療薬の2種類で行われます。メプチンは、発作治療薬となりますので、発作治療薬の併用はやめましょう。

Q:喘息の症状が良くなってきたので、やめたいのですが?

A:使用している薬が長期管理薬の場合、自己判断で中止はできません。メプチンは、発作治療薬ですが、喘息の症状がなくなったとしても再び再発することもありますので、医師の指導にないことはぜず、まずは相談してみましょう。

レビュー・口コミ

2023年9月30日

すぐ効くというよりは、抑える効果という表現がぴったりだと思います。安いのでリピートしたいです。

マロン さん

2022年12月28日

効き目は確かです!私の場合は副作用もなく効果を感じられています。

喘息持ちの主婦 さん

2022年11月28日

喘息持ちなので手放せません。 メプチンが一番自分に合いました。 他の店よりも安いのでここでまとめ買いしてます。

そら さん

記事の著者情報と記事監修した商品

薬剤師の資格を持ち、医療・健康・美容についての幅広い知識を基に、一貫した視点で記事作成を行っています。抗加齢医学、カンナビノイド、栄養カウンセリング等、多彩な専門知識を活かした情報提供が魅力です。

プレドニゾロン(プレゾロン)

プレドニゾロン(プレゾロン)

アトピー性皮膚炎 アレルギー
4
¥2,280 在庫切れ
エリアス

エリアス

アレルギー アレルギー性鼻炎
2
¥3,480