Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

オングリザ

メーカー

AstraZeneca

種類:

5mg

数量:

28錠

¥6,280

56錠

¥11,280

オングリザの商品説明

商品概要

商品名 オングリザ(Onglyza)
内容量 1箱/28錠
効果・効能 2型糖尿病
用法・用量 1日1回、1錠(5mg)
有効成分 オングリザ
形状・剤形 タブレット
副作用 めまい・頭痛・便秘・腹痛・むくみ・動悸・吐き気など
メーカー AstraZeneca
発送国 香港

オングリザの特徴

オングリザは、サキサグリプチンを有効成分とする2型糖尿病治療薬です。この成分は血糖値を一定に保つインクレチンを分解する酵素を阻害し、インスリンの分泌を促進します。これにより、血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病の進行を抑制する効果が期待できます。既存の糖尿病治療薬と比較して低血糖のリスクが抑えられているため、使いやすさが向上しています。

オングリザはアメリカのブリストル・マイヤーズスクイブ社によって開発され、国内では協和発酵キリン株式会社が製造販売を行っています。毎日の服用により血糖値を正常化し、糖尿病の予防や改善に役立つことが期待されます。

オングリザはこんな方におすすめ

オングリザがおすすめな方の特徴について解説します。次の2つに当てはまる方はオングリザをおすすめします。

2型糖尿病でお困りの方

オングリザに含まれるサキサグリプチンは2型糖尿病に効果があるとされています。

そのため、インスリン作用不足を改善し、血糖値をコントロールしたい方におすすめです。

オングリザの効果・効能

  • 2型糖尿病

オングリザは、有効成分サキサグリプチン水和物を含む2型糖尿病治療薬です。この薬は、インクレチンを分解する酵素DPP-4を阻害することでインクレチンの作用を延長し、インスリンの分泌を促進します。これにより、血糖値の上昇を抑制し、2型糖尿病の治療に効果を発揮します。

サキサグリプチンはインスリンの分泌を増加させることで血糖値を降下させますが、インスリンの代替薬ではありません。そのため、1型糖尿病には適用されません。オングリザは特に2型糖尿病患者における食後高血糖や早朝高血糖の改善に役立ちます。

オングリザが作用する仕組みとは?

食事すると、体内のインクレチン(消化管ホルモン)が分泌され、膵臓に対してインスリン分泌を促します。加えてインクレチンは、膵臓から分泌されるグルカゴンを低下させ、肝臓内の糖の酸性を抑えるのが特徴です。

オングリザに含まれるサキサグリプチンは、上記の作用を持つインクレチンを分解するDPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ4)を阻害します。その結果、インスリンの分泌を促し、血糖値の上昇を抑える作用が期待できます。

オングリザの服用方法・飲み方

1回の用量 1錠(5mg)
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間
服用のタイミング 毎日決まった時間に服用する

オングリザの場合、成分の血中濃度を一定に保つ必要があるため、毎日決まった時間に服用することが望ましいとされています。服用する際は、水またはぬるま湯で服用してください。食事の影響を受けにくいとされているため、服用タイミングは食前・食後どちらでも構いません。

開封後は、早めに服用してください。保管する際は、高温多湿や直接日光が当たる場所を避けてください。お子様がいるご家庭の場合は、お子様の手が届かない場所に保管しておくといいでしょう。万が一、使用期限が切れている場合は、服用せずに破棄してください。

オングリザの有効成分

有効成分はサキサグリプチンです。サキサグリプチンは、血糖値を一定に保つ作用を持つインクレチンを分解する酵素を阻害します。またインスリンの分泌を促し、血糖値の上昇を抑える作用が期待できます。治療対象は2型糖尿病の方であり、1型糖尿病の方には効果がありません。

オングリザの副作用

オングリザの主な副作用としては、以下が挙げられます。

  • めまい
  • 頭痛
  • 便秘
  • 腹痛
  • むくみ
  • 動悸
  • 吐き気

また、稀な症状としては主に以下が挙げられます。

  • 発疹
  • 顔面腫脹
  • 咽頭腫脹
  • 皮膚腫脹
  • かゆみ
  • 飲み込み困難
  • 心不全
  • 関節痛
  • 低血糖

上記の症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診してください。

オングリザの注意事項

オングリザを使用してはいけない人

  • 腎機能障害の方
  • オングリザの服用で過去に過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦または妊娠している可能性のある方

また併用注意薬としてはCYP3A4阻害作用を有する薬剤が挙げられます。上記を使用すると、オングリザの血中濃度が上昇する可能性があるため、注意が必要です。

その他注意事項

他の血糖降下薬と併用する場合、低血糖症が起こる可能性があります。注意してください。

低血糖とは、血糖値が50mg/dl以下になることで以下の症状が現れる病気のことです。

  • けいれん
  • 空腹感
  • 冷や汗
  • 寒気
  • 震え
  • 動悸
  • イライラ

上記の症状が現れたら速やかに医療機関を受診してください。

2型糖尿病の治療においては、運動療法や食事療法が重要です。まずはバランスのとれた食生活を行い、日常的に適度な運動をすることを心がけてください。食事の際は、脂質や糖質のとりすぎに注意し、間食を控えましょう。また食べ物を噛む際はゆっくり噛んで食事してください。

日常的に散歩やジョギングなど、軽い運動でも構いませんので、積極的に身体を動かすことを心がけてください。上記を行っても効果がない場合は、専門医の判断のもと、オングリザを服用することをおすすめします。

よくあるご質問

Q:オングリザを服用するタイミングが決まっているのはなぜですか?

A:有効成分であるサキサグリプチンの血中濃度を一定に保つ必要があるためです。

Q:効果や副作用の感じ方に個人差があるのは本当ですか?

A:本当です。人によって効果が出やすかったり、副作用が出やすかったりします。

Q:オングリザを購入する際、どういった手段がありますか?

A:通販、個人輸入代行業者から購入可能です。

Q:国内で製造販売している会社はどこですか?

A:協和発酵キリン株式会社です。

Q:オングリザは毎日欠かさず服用する必要がありますか?

A:あります。服用しない日があると、効果が薄れる可能性があるため、注意してください。また、毎日同じ時間帯に服用してください。

Q:用量を増やすことで、より効果が増大するのですか?

A:増大しません。オングリザの1日で服用可能な用量は5mgまでです。

Q:どのぐらい服用し続けたら血糖値減少が期待できますか?

A:個人差はありますが、2週間程度で効果が期待できる場合があります。

Q:1型糖尿病とはなんですか?

A:1型糖尿病とは、膵臓で作られるはずのインスリンがほぼ作られない、あるいは全く作られなくなる病気です。

Q:2型糖尿病とはなんですか?

A:2型糖尿病とは、膵臓で作られるインスリンの分泌量が足りず、作られたインスリンが血糖値を調整できなくなる病気(インスリン抵抗性)です。

Q:オングリザを飲み忘れた場合、どうしたらいいですか?

A:1日以内に気づいた場合は、気づいた時点で1回分を服用してください。

ただし、次に服用する時間が近い場合は、その時間まで待機して1回分を服用しましょう。

Q:アルコールの影響はありますか?

A:少量のアルコールであれば問題ありません。一方で過度のアルコールを摂取する場合、影響を受ける可能性があります。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年4月25日
趣味:写真撮影と旅行(特に国内の温泉地を巡るのが好き)
経歴:以前は製薬会社で働いており、医薬品の研究開発に携わっていた。自然が好きで、休日はよく山に行く。お薬市場では過去の技術を生かして、理解しやすい記事の作成を行っています。

ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
5
¥4,780
ズデナ

ズデナ

ED治療薬 その他のED治療薬
7
¥2,680