Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

【数量限定】オルリスタット

メーカー

Cyno Pharmaceuticals Ltd

種類:

120mg

数量:

10錠+オマケ10錠

定価¥12,000

¥6,280

商品説明

商品概要

商品名 オルリスタット(Orlistat)
内容量 1シート/10カプセル
効果・効能 リパーゼを阻害する
用法・用量 1日3回まで、60㎎の場合:1回2錠、120㎎の場合:1回1錠 (オルリスタットとして1回120㎎を服用)
有効成分 オルリスタット
形状・剤形 タブレット
副作用 脂肪便、胃もたれ、腸の不快感、ビタミン不足
メーカー Cyno Pharmaceuticals Ltd
発送国 インド

オルリスタットの特徴

オルリスタットはダイエット医薬品として有名なゼニカルのジェネリック医薬品です。

オルリスタットには、リパーゼの作用が阻害し、脂肪吸収を約30%抑制する特徴があります。

オルリスタットは1997年8月に医療用医薬品として120mgがアルゼンチンで承認されました。その後、アメリカやヨーロッパを中心に100カ国以上で承認されています。2007年2月にはアメリカで初めて60mgが承認され、その後、ヨーロッパを中心に70カ国以上で承認されています。

オルリスタットはこんな方におすすめ

オルリスタットがおすすめな方の特徴について解説します。次の2つに当てはまる方はオルリスタットを服用してください。

肥満でお悩みの方・ダイエットしたい方

オルリスタットを服用することでリパーゼの作用が阻害され、脂肪吸収が約30%抑制されます。そのため、肥満でお悩みの方やダイエットで痩せたい方におすすめです。

オルリスタットの効果・効能

オルリスタットを服用することで、リパーゼの作用が阻害され、脂肪吸収が約30%抑制する効果があります。膵リパーゼ阻害薬、抗肥満薬として活用されている薬です。

オルリスタットで脂肪が排出される仕組みとは?

一般的に脂肪を摂取した場合、リパーゼの作用で脂肪が分解され、その後吸収されます。一方でオルリスタットを服用した場合、リパーゼの作用が阻害され、脂肪の分解が抑えられ、その結果、脂肪が吸収されずに、体外に排出されるのです。

オルリスタットの服用方法・使用方法

1回の用量 120mg
1日の服用回数 3回
服用間隔 朝・昼・夜
服用のタイミング 食事中または食後1時間以内

オルリスタットの最大使用量は、1日3錠です。(1ヶ月の使用量は最大100錠)

オルリスタットの保管方法

  • 開封後は、できるだけ早めに服用してください。
  • 高温多湿や直接日光が当たる場所を避けて保管してください。
  • お子様がいるご家庭の場合は、お子様の手が届かない場所に保管してください。
  • 使用期限が切れている場合は、服用せずに速やかに破棄してください。

オルリスタットの有効成分

有効成分はオルリスタットです。オルリスタットは、リパーゼの作用が阻害し、脂肪吸収を約30%抑制する効果があります。

そもそもジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終了した後に、他の製薬会社から同様の有効成分を使って開発され、国が安全性や有効性を承認した医薬品のことです。

オルリスタットの副作用

オルリスタットの主な副作用としては、以下が挙げられます。

  • 脂肪便または油性
  • ビタミン不足(ビタミンA・D・E・K、βカロチン)
  • 胃もたれ
  • 腸の不快感

ビタミンEやβカロチンなどの、脂肪と融合しやすい栄養素の吸収が妨げられる可能性があります。そのため、オルリスタットを服用する際は、果物や野菜を積極的に摂取してください。

オルリスタットの安全性について

オルリスタットの安全性については、オルリスタットの成分を含む次の2製品が参考になります。

1つ目は大正製薬株式会社が開発したアライです。当製品は、厚生労働省より以下の内容で製造販売承認を受けています。

「腹部が太めな方(腹囲(へその高さ):男性85cm以上、女性90cm以上)の内臓脂肪および腹囲の減少(生活習慣改善の取り組みを行っている場合に限る)」

アライを服用することで、内臓脂肪が減少し、腹囲が細くなる効果が期待できるのです。

2つ目はゼニカルです。当製品はFDA(アメリカ食品医薬品局)認可されており、臨床治験の結果、多くの諸外国で認可されています。

ゼニカルは糖尿病や肥満、高血圧などの生活習慣病の治療薬として開発されました。

タニタ体重科学研究所が掲載した「海外におけるオルリスタットの最近の使用状況」では「本剤が持つ作用効果は低エネルギー食療法の実施に際して、補助的に用いて有効たり得る可能性が高いものと推察される。」との記載があります。

上記の通り、オルリスタットを含むアライとゼニカルでオルリスタットの安全性が示されています。購入を検討されている方は参考にしてみてください。

オルリスタット使用上の注意事項

オルリスタットの併用禁忌

  • 授乳中の方
  • 妊娠中または妊娠の疑いがある方
  • 肝機能や腎機能に障害のある方
  • 過去にオルリスタットを服用してアレルギー症状が出た方
  • 胆石症などに罹患している方

妊娠中や授乳中の方は、胎児や幼児の発育に影響が出る(十分な栄養が摂取できない)場合があるため、注意が必要です。

また、主に次の薬を常用している方は、オルリスタットを服用する前に必ず医師に確認を取ってください。

  • 抗てんかん薬
  • チラージン
  • アミオダロン
  • ワルファリン
  • ヘパリン
  • シクロスポリン

オルリスタットに関するその他注意事項

オルリスタットを服用する際の注意事項は2点です。

1点目は、ビタミンが不足する可能性があることです。

本来、脂肪と一緒に吸収されるはずの栄養素(ビタミンA・D・E・K)やβカロテンが吸収されない可能性があります。これにより、栄養素不足が起きる可能性があるため、果物や野菜で栄養素を補う必要があるでしょう。

2点目は、下痢が起きる可能性がある点です。

オルリスタットが脂肪の吸収を阻害することで、油分が含まれた便が出やすくなり、下痢になる可能性があります。本症状は1〜4週間程度で収まります。慣れないうちは、おむつを使用したり、お尻にティッシュを詰めたりして対策してください。

参考サイト

オルリスタットのに関するよくあるご質問

Q:オルリスタットを服用するタイミングはいつですか?

A:食事中または食後1時間以内に服用してください。

Q:オルリスタットでどのように脂肪が体外に排出されるのですか?

A:オルリスタットを服用することで、リパーゼ(脂肪分解酵素)の作用で脂肪が分解されます。分解された脂肪は吸収されずに体外へ排出されます。

Q:オルリスタットを服用すると、なぜビタミンが不足するのですか?

A:オルリスタットが栄養素の吸収を妨げてしまう可能性があるからです。そのため、書屋生活でビタミンが摂取できるように調整が必要です。

Q:併用禁忌の薬を服用した場合、どうなりますか?

A:急激な血圧低下などが起こり、命に関わることもあります。「併用禁忌」は必ず守ってください。

Q:オルリスタットを服用すると、下痢になりやすいのですか?

A:オルリスタットが脂肪の吸収を阻害することで、油分が含まれた便が出やすくなり、下痢になる可能性があります。

Q:効果や副作用の感じ方に個人差があるのは本当ですか?

A:本当です。人によって効果が出やすかったり、副作用が出やすかったりします。

Q:オルリスタットを購入する際、どういった手段がありますか?

A:通販、個人輸入代行業者から購入可能です。

Q:海外ではどの国で広まっているのですか?

A:アルゼンチンを皮切りに、アメリカやヨーロッパなどを含む86カ国で承認がなされ、普及しています。

レビュー・口コミ

2023年10月3日

大阪出身でタコ焼きやお好み焼きなどの油っこい食べ物が大好きなので、オルリスタットは救世主です。服用を始めてから、食べたいものを我慢することなく体重もキープできています。ただ、油漏れはちょっと恥ずかしいので、出かけるときは気をつけています。でも、これで安心して美味しいものが食べられるので、オルリスタットには本当に感謝しています!

たこ焼きラバー さん

2023年8月8日

脂っこい食事しかしないってくらいに脂っこいものが好きです。我慢できないので、当たり前だけどダイエットに成功したことはないです。でもこれを服用して3か月、食事はそのままで5キロ減りました。感動しています!!

袖山 さん

2023年3月8日

どれだけ脂っこい食事をしているのか目に見てわかるのがいいですね。お腹を下すタイミングが分からないのがなんとも難しいところですが…。

細谷 さん