Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

オブラルG

メーカー

Pfizer

数量:

1箱(20錠)

¥2,080

3箱(60錠)

¥3,880

6箱(120錠)

¥7,220

商品説明

商品概要

商品名 オブラルG(ovral G)
内容量 1箱/20錠
効果・効能 避妊、月経困難症の改善
用法・用量 1日1回、1錠(緊急避妊薬として使用する場合は、1日2回、1回2錠)
有効成分 レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 頭痛、眠気、倦怠感、吐き気、食欲不振、乳房の痛み、稀に血栓症
メーカー Pfizer
発送国 インド

オブラルGの特徴

オブラルGは、有効成分「レボノルゲストレル」と「エチニルエストラジオール」の2種類の女性ホルモンを含む薬です。米国に本社がある世界的製薬企業のファイザー社が製造販売している経口避妊薬で、医薬品のプラノバール配合錠の海外製ジェネリック医薬品です。

オブラルGは、女性ホルモン含有量が多い中用量ピルで、避妊薬としてだけでなく婦人科の疾患にも優れた治療効果を発揮します。避妊薬として使用される場合には、性行為後72時間以内にオブラルGを服用することで、排卵が抑制されて緊急避妊の効果に期待ができます。この効果は服用が早ければ早いほど高い効果が期待できるため、なるべく早い服用がおすすめです。

オブラルGはこんな方におすすめ

オブラルGの購入を検討されている方向けに、薬の効果を実感しやすい対象を紹介していきますので参考にしてみてください。

避妊に失敗しないために対策したい方

オブラルGは2種類の女性ホルモン成分を含むことで、生理周期のバランスを崩して妊娠しにくい状態を作ります。

他の避妊法が失敗した可能性がある方

オブラルGは、性行為後72時間以内に服用することで、排卵が抑制されて緊急避妊の効果が期待でき、98%の避妊率、84%の妊娠阻止率が期待できます。

婦人科の症状で悩んでいる方

オブラルGは2種類の女性ホルモン成分を含むことで、ホルモンの状態を整えて婦人科の症状を和らげてくれます。

オブラルGの効果・効能

オブラルGは、有効成分レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの2種類の女性ホルモンが配合されています。緊急避妊薬として使用されており、妊娠するために必要となる排卵や着床を女性ホルモン成分で補うことで状態を変化させて抑えることができます。避妊具を使用せずに性行為してしまったとしても、72時間以内に服用すれば高い避妊効果に期待ができます。それだけでなく、乱れてしまった女性ホルモンのバランスを整える効果も併せ持っています。そのため、月経困難症、月経周期異常、過多月経、子宮内膜症、機能性子宮出血などにも効果を発揮します。

オブラルGの服用方法・飲み方

1回の用量 1回2錠まで
1日の服用回数 1日2回まで
服用間隔 24時間(緊急避妊薬として服用する場合は12時間)
服用のタイミング 毎日決まった時間(緊急避妊薬として服用する場合は性行為後なるべく早め)

緊急避妊を目的とする場合は、オブラルGを72時間以内にできるだけ早いタイミングで2錠服用してください。2回目の服用を忘れてしまうと避妊効果がしっかりと得られない可能性が高まりますので絶対に忘れないようにしてください。

オブラルGを、避妊を目的として日々使用される場合には、月経の第1日目から服用を開始し、薬剤シートの番号にしたがって、毎日ほぼ一定の時刻に1日1錠ずつ服用してください。

オブラルGを、月経困難症、月経周期異常(稀発月経,頻発月経)、過多月経,子宮内膜症、卵巣機能不全などで使用される場合には、1日1錠を月経周期第5日より約3週間連続で服用してください。

また、機能性子宮出血の治療では、1日1錠を7~10日続けて服用してください。

必ず指定された用法用量を守って服用するようにし、過剰に服用しても高い治療効果は期待できず、副作用の危険性だけ高くなってしまいます。もし飲み忘れをした場合は、2回分をまとめて服用することは避け、思い出したタイミングで直ぐに服用し当日分はいつも通りの時間に服用 してください。

オブラルGの有効成分

オブラルGは、有効成分レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールという2種類の有効成分で構成されています。これらの成分が体内に吸収されることで、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの生成を促します。その結果、黄体刺激ホルモン(LH)および 卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が低下します。これが月経周期に影響を与えて、卵巣に変化が起こらないため排卵が抑制されて高い避妊効果をもたらします。レボノルゲストレルの避妊効果は72時間以内の服用で98%の避妊率、84%の妊娠阻止率 が期待できます。

そもそもジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終了した後に、他の製薬会社から同様の有効成分を使って開発され、国が安全性や有効性を承認した医薬品のことです。

オブラルGの副作用

オブラルGの主な副作用として以下のものが報告されております。

  • 頭痛
  • 眠気
  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 乳房の痛み

また稀なオブラルGの副作用として、血栓症が生じることがあります。下肢の急激な疼痛、突然の息切れと胸の痛み、麻痺、急な視力障碍などが現れた場合は血栓症が疑われます。これら以外の症状が出現した場合にも、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

オブラルG使用上の注意事項

オブラルGの使用に注意する人

  • 喫煙している方
  • 血栓症を発症した血縁者がいる方
  • 40歳以上の女性の方
  • 肥満の方
  • 糖尿病の方
  • 子宮筋腫の方
  • 肝機能障害をお持ちの方
  • 乳がんの既往歴がある方

オブラルGを使用してはいけない人

  • 過去にノルゲストレル、エチニルエストラジオールに含まれている成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 重度の肝機能障害をお持ちの方
  • 血栓性静脈炎をお持ちの方
  • 肺塞栓症をお持ちの方
  • 血栓が出来やすい体質の方
  • 重度の高血圧をお持ちの方
  • 脂質代謝異常をお持ちの方

オブラルGの併用禁忌

  • オムビタスビル水和物
  • パリタプレビル水和物
  • リトナビル配合剤(ヴィキラックス配合錠)

オブラルGの併用注意

  • 現在、特に報告されておりません

避妊薬として使用される場合には、性行為後72時間以内にオブラルGを服用することで、排卵が抑制されて緊急避妊の効果が期待できます。

参考サイト

オブラルGに関するよくあるご質問

Q:72時間以内に服用を2回行えば、それ以降は性行為を続けても大丈夫ですか?

A:性行為後用で緊急避妊効果は期待できますが、100%の避妊効果があるわけではありませんので、緊急避妊で使用した場合には24時間以内の不正出血を確認した後にしてください。

Q:オブラルGのシートの錠剤を毎日飲んでいたら勝手に避妊対策になりますか?

A:オブラルGを毎日継続して服用していれば、避妊対策になっています。

Q:オブラルGの緊急避妊で生じる不正出血や吐き気、眠気などの副作用はいつ頃治りますか?

A:個人差はありますが、オブラルGの副作用は長く続くことはなく24時間以内でおさまるとされています。

レビュー・口コミ

2023年9月5日

温泉やマリンスポーツの機会が多いので、思うように生理をずらすことができて助かります。ここが他より安くて今回2回目の購入です。

ゆいな さん

2022年10月28日

避妊もしなくていいし、ホルモンバランスが整うおかげでイライラすることが本当に減りました。生理も軽いので痛みも不快感もおさらばできました。たぶんずっとお世話になる薬です。

リア さん

記事の著者情報と記事監修した商品

薬剤師の資格を持ち、医療・健康・美容についての幅広い知識を基に、一貫した視点で記事作成を行っています。抗加齢医学、カンナビノイド、栄養カウンセリング等、多彩な専門知識を活かした情報提供が魅力です。

エラ

エラ

アフターピル その他 避妊
8
¥5,180 在庫切れ
エブラ(避妊パッチ)

エブラ(避妊パッチ)

その他の避妊薬・避妊具 避妊薬
3
¥4,480