Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

パキシルジェネリック

メーカー

Zydus Pharmaceuticals USA Inc.

種類:

20mg

40mg

数量:

30錠

¥2,680

60錠

¥4,800

商品説明

商品概要

商品名 パキシルジェネリック(paroxetine)
内容量 1本/30錠
効果・効能 うつ病、パニック障害、あがり症(社交不安障害)などの改善
用法・用量 1日1回1〜2錠(20〜40mg)
有効成分 パロキセチン塩酸塩水和物
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 めまい、倦怠感、口喝、発汗など
メーカー Zydus Pharmaceuticals USA Inc
発送国 インドなど

パキシルジェネリックの特徴

主な特徴

パキシルジェネリックは、うつ病や不安障害の治療に用いられる抗うつ薬です。 主成分であるパロキセチンは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの働きを強化し、心のバランスを保ちます。 この薬は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として知られ、セロトニンの再取り込みを抑制することで、気分を安定させ、うつ症状や不安を緩和します。

  • うつ病や不安障害だけでなく、パニック障害や強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害(PTSD)など、様々な心の不具合に効果を示します。
  • 副作用を抑えつつ効果を高めることができ、他のSSRIと比較して抗うつ効果が強いのが特徴です。
  • 抗不安効果もあり、気持ちを落ち着かせる作用が期待できます。

ただし、急に服用を中止すると症状が悪化する可能性があるため、注意が必要です。 また、車の運転などの危険を伴う作業は、薬を服用した後は控えるようにしましょう。

パキシルジェネリックはこんな方におすすめ

パキシルジェネリックは、次のような方におすすめです。

パキシルジェネリックの購入を検討されている方へ、どのような症状で悩まれている方におすすめされているかをご説明します。

精神科領域におけるうつ病や不安障害で悩んでいる方

パキシルジェネリックは、精神科領域のうつ病や不安障害に悩んでいる方に適しています。

社会不安障害や強迫性障害の症状を抱えている方

社会不安障害や強迫性障害の症状を抱えている方にとって、パキシルジェネリックは良い選択肢です。

パニック障害や外傷後ストレス障害に苦しんでいる方

パニック障害や外傷後ストレス障害に苦しむ方に、パキシルジェネリックは適応されます。

月経前気分不快症(PMDD)や摂食障害の症状を和らげたい方

パキシルジェネリックは、PMDDや摂食障害の症状を和らげたい方にもおすすめです。

パキシルジェネリックの効果・効能

主な効果・効能

  • 抑うつ効果: セロトニン受容体に作用し、脳内のセロトニン濃度を上昇させます。これにより、うつ症状や気分の落ち込みを緩和し、抑うつ効果をもたらします。
  • 不安や緊張の緩和: セロトニンの増加により、不安や緊張感が軽減されます。これは、パニック障害や社交不安障害などの不安障害にも効果的です。
  • 強迫性障害の症状の改善: 強迫性障害の症状である強迫観念や強迫行動の改善にも効果があります。
  • 外傷後ストレス障害(PTSD)の治療: PTSDの症状である不安や恐怖、トラウマに対する過度な反応などの症状を和らげる効果があります。
  • 月経前気分不快症(PMDD)の症状の緩和: PMDDにおける気分の不安定や不快感を軽減する効果もあります。
  • その他の心の悩みへの応用: 摂食障害など、他の心の悩みにも応用されることがあります。

パキシルジェネリックの服用方法・使用方法

1回の用量 症状に応じて20〜40mg
1日の服用回数 2錠まで
服用間隔 24時間
服用のタイミング 夕食後

1日1回症状に応じた服用量を水またはぬるま湯と服用してください。服用上限は1日1回40mgまでです。本製品は1錠20mgなので、30mgを服用する際は1錠(20mg)と1/2錠(10mg)を服用してください。1/2(10mg)を服用する際はピルカッターなどを使用し半分に割って服用してください。

症状別服用量

  • うつ病・うつ状態:1日1回20〜40mg
  • 社会不安障害:1日1回20mg
  • パニック障害:1日1回30mg
  • 強迫性障害:1日1回40mg
  • 外傷後ストレス障害:1日1回20mg

いずれも初回は10mgより服用を開始し、1週間ごとに10mgずつ増量してください。

服用時の注意事項

  • 服用後の運転など危険を伴う作業は控えてください。
  • 飲み忘れ時は、気づいた時点で服用し、2回分を1度にまとめて服用しないでください。

食事・アルコールの影響

  • 食事中や食後の服用は効果が発揮されない場合があるため控えてください。
  • アルコールの影響を受けやすく、強い副作用が出る場合があるため控えてください。

パキシルジェネリックの保管方法

  • 直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。

パキシルジェネリックの有効成分

主な有効成分

パキシルジェネリックの有効成分であるパロキセチンは、抗うつ効果を持つ薬剤です。 選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)として知られており、脳内のセロトニンの再取り込みを阻害することで、神経細胞間の情報伝達が改善されます。 その結果、うつ症状や不安症状の軽減が期待され、心の安定や気分の改善、不安感の緩和、睡眠の改善などが報告されています。 主にうつ病や不安障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)、月経前気分不快症(PMDD)などの治療に使用されます。

PTSDとは

PTSD(Post-Traumatic Stress Disorder 心的外傷後ストレス障害)とは、悲惨な体験(虐待、交通事故、火事、地震、津波、暴動、テロ、レイプ、強盗、戦争、いじめ等)がきっかけで強いストレスを抱え、トラウマとなり何度も繰り返し思い出され、恐怖を感じ続ける病気です。

SSRIとは

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)は、脳内のセロトニンが神経細胞に再取り込まれるのを防ぎ、セロトニン濃度を高めることで、うつ病や不安障害の治療に有効です。 これにより、神経伝達がスムーズになり、抗うつおよび抗不安作用が期待できます。 SSRIは、強迫性障害や社会不安障害、パニック障害、外傷後ストレス障害などの治療にも用いられます。

  • SSRIの副作用には、消化器系の症状(吐き気、嘔吐、下痢、便秘)や、精神神経系の症状(眠気、めまい、頭痛)などがあります。
  • 急に服用を中止すると離脱症状が生じることがあるため、段階的な減量が推奨されます。

セロトニンとは

セロトニンは、気分や覚醒リズムに影響を与える脳内の重要な神経伝達物質であり、セロトニンの不足によって意欲低下、不安やうつ病などが生じる原因の一つと考えられています。

パキシルジェネリックの副作用

主な副作用

  • 傾眠
  • 嘔気
  • めまい
  • 頭痛
  • 肝機能検査値異常
  • 便秘

稀な副作用

  • 過敏症状
  • 光線過敏症

パキシルジェネリックの注意事項

パキシルジェネリックの使用に注意する人

  • 躁うつ病患者の人
  • 自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者の人
  • 脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある患者の人
  • 衝動性が高い併存障害を有する患者の人
  • てんかんの既往歴のある患者の人
  • 緑内障のある患者の人
  • 出血の危険性を高める薬剤を併用している患者、出血傾向又は出血性素因のある患者の人
  • 高齢者の人 (65歳以上)
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある人
  • 授乳中の人

パキシルジェネリックを使用してはいけない人

  • パロキセチンの服用で過去に過敏症の既往歴のある人
  • MAO阻害剤を服用している人
  • ピモジドを服用している人

併用禁忌

  • MAO阻害剤
  • ピモジド

併用注意

  • セロトニン作用を有する薬剤、トラマドール塩酸塩、リネゾリド、選択的セロトニン再取り込み阻害剤など
  • 三環系抗うつ剤、イミプラミン塩酸塩、リスペリドンなど
  • 抗不整脈剤、プロパフェノン塩酸塩、フレカイニド酢酸塩

その他注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を理解してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

パキシルジェネリックに関するよくある質問

Q: パキシルジェネリックの特徴は何ですか?

パキシルジェネリックは効果が切れやすく、他のSSRI系の抗うつ剤と比較しても効果が強いとされています。また、安価で入手できる点も特徴の一つです。

Q: パキシルジェネリックの服用方法は?

パキシルジェネリックは通常、1日1回、夕食後に服用します。

Q: パキシルジェネリックの飲み忘れについてどうすれば良いですか?

パキシルジェネリックを飲み忘れた場合は、気づいた時にできるだけ早く服用してください。次の服用時間が近い場合は忘れた分を飲まず、通常通り次の服用時に服用してください。

Q: パロキセチンはどのような効果がありますか?

パロキセチンは抗うつ効果があり、うつ病や不安障害、強迫性障害、パニック障害、外傷後ストレス障害などの治療に用いられます。また、月経前気分不快症(PMDD)や摂食障害にも効果があります。

Q: パロキセチンの副作用はありますか?

パロキセチンの副作用には、吐き気、頭痛、めまい、不眠、性欲減退などが報告されています。ただし、副作用は個人によって異なりますので、医師の指示に従って服用してください。

Q: パロキセチンはどのように作用しますか?

パロキセチンは選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)として作用し、脳内のセロトニン濃度を増加させることで抗うつ効果を発揮します。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年4月25日
趣味:写真撮影と旅行(特に国内の温泉地を巡るのが好き)
経歴:以前は製薬会社で働いており、医薬品の研究開発に携わっていた。自然が好きで、休日はよく山に行く。お薬市場では過去の技術を生かして、理解しやすい記事の作成を行っています。

アーユルスリム

アーユルスリム

トレーニング・ダイエット プロテイン・サプリメント
2
¥2,780
ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
5
¥4,780