Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

プレモン

メーカー

West-Coast Pharmaceutical Works Ltd.

種類:

0.625㎎

1.25mg

数量:

112錠

¥2,780

224錠

¥4,780

336錠

¥6,780

プレモンの商品説明

商品概要

商品名 プレモン(premon)
内容量 1箱/56錠(28錠x2シート)
効果・効能 更年期障害、月経不順などの改善
用法・用量 1日1回、1錠または1/2錠(0.625〜1.25mg)
有効成分 結合型エストロゲン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 ナトリウムや体液の貯留(浮腫、体重増加など)、帯下増加、不正出血、経血量の変化、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振、膵炎、頭痛、めまい
メーカー Intas Pharma
発送国 インドなど

プレモンの特徴

プレモンは、結合型エストロゲンを有効成分とする更年期障害の治療薬プレマリンのジェネリック医薬品です。この薬は更年期障害の症状を緩和するために、女性ホルモンの一種であるエストロゲンを補充します。特に、ほてりや発汗などの更年期障害に特有の症状に効果的です。

加齢や卵巣の疾患による女性ホルモンの減少が引き起こす更年期障害に対して、プレモンは内服薬としてエストロゲンを補給し、自律神経の乱れを改善します。長期間服用することで骨量の増加作用も期待でき、骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

インドのウェストコースト社が製造販売しているプレモンは、ジェネリック医薬品であるため費用負担が少なく利用することが可能です。更年期障害、月経不順、骨粗鬆症の治療に効果的なこの薬は、人工的にエストロゲンを補充することで、加齢に伴うホルモンバランスの乱れを正します。

プレモンはこんな方におすすめ

プレモンの購入を検討されている方向けに、薬の効果を実感しやすい対象を紹介していきますので参考にしてみてください。

更年期障害に悩んでいる方

プレモンは。更年期障害の原因となっている女性ホルモンの低下を女性ホルモンで補うことで、更年期の症状を和らげてくれます。

骨粗鬆症が気になる方

プレモンは、骨量を増加させて骨折リスクを減らすことが期待できます。

婦人科の不調による不安やイライラ、憂鬱などで悩んでいる方

プレモンは、女性ホルモンの薬であるため婦人科によって生じる精神的な症状に効果を発揮します。

プレモンの効果・効能

  • 更年期障害
  • 月経不順
  • 骨粗しょう症

プレモンは、妊娠した馬の尿から抽出・精製された結合型エストロゲンを含む更年期障害の治療薬です。この結合型エストロゲンには、約10種類のエストロゲン様物質が含まれており、女性ホルモンとして作用します。これにより、更年期障害、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、萎縮性膣炎などに効果的に対処できます。

海外の臨床試験においては、プレモンには骨量を増加させ、骨折を抑制する作用があることも確認されています。そのため、継続して服用することにより、女性に多く見られる骨粗鬆症の予防にもつながります。

プレモンの服用方法・飲み方

1回の用量 1錠または1/2錠(0.625〜1.25mg)
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間
服用のタイミング 特に指定なし

プレモンには、0.625mgと1.25mgの2種類の錠剤があるため服用量に合わせて商品を選ぶことができます。また、機能性子宮出血又は腟炎に対しては、1日0.625〜3.75mgで服用することもできます。

プレモンの有効成分

プレモンの有効成分である結合型エストロゲンは、体内にエストロゲンを補充することにつながります。これによって、閉経前後のエストロゲン減少によるホルモンバランスの乱れを抑えることにより更年期障害の症状を緩和することができます。特に更年期の症状として現れやすい、のぼせや不眠、めまい、発汗などに対して高い臨床実績もあります。

プレモンの副作用

プレモンの主な副作用として以下のものが報告されております。

  • ナトリウムや体液の貯留(浮腫、体重増加など)
  • 帯下増加
  • 不正出血
  • 経血量の変化
  • 腹痛
  • 悪心・嘔吐
  • 食欲不振
  • 膵炎
  • 頭痛
  • めまい など

副作用として低頻度ではありますが、発疹、蕁麻疹、血管浮腫などがあります。稀な副作用として、血栓症あるいは血栓塞栓症が報告されております。何かしら異変を感じた場合には、使用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

プレモンの注意事項

プレモンを使用してはいけない人

  • 結合型エストロゲンに対し過敏症の既往歴のある患者の方
  • エストロゲン依存性腫瘍(例えば乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者の方
  • 乳癌の既往歴のある患者の方
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある患者、又はその既往歴のある患者の方
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば、冠動脈性心疾患、脳卒中)又はその既往歴のある患者の方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性の方
  • 重篤な肝障害のある患者の方
  • 診断の確定していない異常性器出血のある患者の方
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある患者の方

プレモンの使用に注意する人

  • 肝障害のある患者の方
  • 子宮内膜症のある患者の方
  • 子宮筋腫のある患者の方
  • 心疾患・腎疾患のある患者、又はその既往歴のある患者の方
  • てんかんの患者の方
  • 糖尿病患者の方
  • 手術前4週以内又は長期臥床状態の患者の方
  • 思春期前の少女の方
  • 乳癌家族素因が強い患者、乳房結節のある患者、乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者の方
  • 全身性エリテマトーデスの患者の方
  • 片頭痛の患者の方
  • 高齢者の方(65歳以上)

プレモンの併用禁忌

  • 現在、特に報告されておりません

プレモンの併用注意

  • イプリフラボン
  • 血糖降下剤(グリベンクラミド、グリクラジド、アセトヘキサミドなど)
  • 副腎皮質ホルモン(プレドニゾロンなど)

すでに何かしらの婦人科の既往歴がある場合には。医師の診察を受けて使用を検討するようにしてください。

よくあるご質問

Q:ピルを服用しているのですが併用できますか?

A:すでにピルを使用している場合には併用はできません。1クール終了してから切り替えるようにしてください。

Q:骨粗鬆症の薬と併用はできますか?

A:プレモンは女性ホルモンに関係する薬のため、女性ホルモン由来の骨粗鬆症の薬とは併用はできませんので、医師や薬剤師と相談して使用するようにしてください。

Q:生理痛とかでも使用できますか?

A:更年期障害に限らず、婦人科に関連するお悩みに効果を発揮します。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

薬剤師の資格を持ち、医療・健康・美容についての幅広い知識を基に、一貫した視点で記事作成を行っています。抗加齢医学、カンナビノイド、栄養カウンセリング等、多彩な専門知識を活かした情報提供が魅力です。

メプレート クーポン対象商品

メプレート

ホルモン剤 不妊治療 更年期障害
0
¥12,150 (10% OFF)
エブラ(避妊パッチ)

エブラ(避妊パッチ)

その他の避妊薬・避妊具 避妊薬
3
¥4,480