Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

プレドニゾロン(プレゾロン)

メーカー

Takeda

種類:

5㎎

数量:

30錠

¥2,280

60錠

¥3,980

90錠

¥5,280

商品説明

商品概要

商品名 プレドニゾロン(プレゾロン)(Prezolon)
内容量 1箱/30錠
効果・効能 気管支喘息、アトピー性皮膚炎、リウマチなど
用法・用量 1日1~4回、1回1~3錠
有効成分 プレドニゾロン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 高血糖、月経異常、クッシング様症状、膵炎、下痢、悪心・嘔吐、胃痛、胸やけなど
メーカー Takeda
発送国 香港

特徴

プレドニゾロン(プレゾロン)は、有効成分「プレドニゾロン」を含んでいる経口ステロイド薬です。プレドニゾロン(プレゾロン)は昔から病院でも使用されており。優れた抗炎症作用を持っているため処方され続けてきたステロイド薬です。ステロイド薬は使用方法を間違えると、副作用を起こしやすくなる薬としても知られています。しかしプレドニゾロン(プレゾロン)は、ステロイド薬の中でも穏やかな作用を持っていますので、適切な使い方をしている限り副作用の心配は少なく、炎症による辛い症状を鎮めたい方へおすすめのステロイドです。

プレドニゾロン(プレゾロン)はこんな方におすすめ

プレドニゾロン(プレゾロン)の購入を検討されている方向けに、薬の効果を実感しやすい対象を紹介していきますので参考にしてみてください。

吸入ステロイドが苦手な方

気管支喘息の治療で吸入ステ折戸を使っている方でうまく吸えない場合には、内服によるステロイドのプレドニゾロン(プレゾロン)はおすすめです。

アトピーの症状で悩んでいる方

アトピーの症状で塗り薬を用いてもなかなか良くならない場合には、プレドニゾロン(プレゾロン)のような飲み薬を用いることでよくなることがあるためおすすめです。

炎症反応をすぐに良くしたい方

さまざまな炎症反応をすぐに治るようにしたい方にもおすすめです。

効果・効能

プレドニゾロン(プレゾロン)は、優れた抗炎症作用を持っております。適応症として気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの炎症が原因で発症するさまざまな症状に対して高い治療効果を発揮してくれます。ステロイド薬の中でも比較的作用はおだやかなものになっており、副腎機能への影響も少ないとされています。

服用方法・使用方法

1回の用量 1〜3錠
1日の服用回数 1〜4回
服用間隔 6時間以上
服用のタイミング 指定なし

※成人にはプレドニゾロンとして1日5~60mg(1~12錠)を1~4回に分割して服用するようにしてください。

有効成分

プレドニゾロン(プレゾロン)の有効成分であるプレドニゾロンは、炎症に関わる成分アラキドン酸に作用します。具体的には、アラキドン酸から発生し痛みに関与する物質であるプロスタグランジンの生成を阻害することで、体内で起こる炎症を鎮め、炎症に伴う様々な症状を抑制します。さらに、免疫機能の過剰反応も抑える作用があり、過度のアレルギー反応による症状の緩和にも役立ちます。

副作用

プレドニゾロン(プレゾロン)の主な副作用として以下のものが報告されております。

  • 高血糖
  • 月経異常
  • クッシング様症状
  • 膵炎
  • 下痢
  • 悪心・嘔吐
  • 胃痛
  • 胸やけなど

副作用として低頻度ですが、咽喉頭症状(刺激感、乾燥感)、不快な味、 頭痛も報告されております。また稀な副作用として、免疫低下による感染症、続発性副腎皮質機能不全、骨粗鬆症、心破裂、うっ血性心不全、カポジ肉腫などの症状が報告されています。

薬の成分によるアナフィラキシー(呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹など)があらわれることもあります。

何かしら体調に異変を感じた場合には、服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

注意事項

プレドニゾロン(プレゾロン)の使用に注意する人

  • 有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の患者の方
  • 消化性潰瘍、憩室炎の患者の方
  • 精神病の患者の方
  • 結核性疾患の患者の方
  • 単純疱疹性角膜炎の患者の方
  • 後嚢白内障の患者の方
  • 緑内障の患者の方
  • 高血圧症の患者の方
  • 電解質異常のある患者の方
  • 血栓症の患者の方
  • 最近行った内臓の手術創のある患者の方
  • 急性心筋梗塞を起こした患者の方
  • β2-刺激剤を服用している方
  • 高齢者の方(65歳以上)
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方

プレドニゾロン(プレゾロン)を使用してはいけない人

  • プレドニゾロンに対して過敏な反応を経験したことがある方

併用禁忌

  • デスモプレシン酢酸塩水和物
  • 生ワクチン又は弱毒生ワクチン(乾燥BCGワクチン等)

併用注意

  • シクロスポリン
    シクロスポリンの血中濃度が上昇するおそれがあります
  • CYP3A4阻害薬、エリスロマイシン、イトラコナゾール、ミコナゾール、キヌプリスチン、ダルホプリスチン、エストロゲン(経口避妊薬を含む)、アプレピタント
    プレドニゾロンの作用が増強するおそれがあります
  • 抗凝血剤(パルナパリンナトリウム、ワルファリンカリウム等)
    抗凝血剤の作用を増強又は減弱させるおそれがあります
  • 非脱分極性筋弛緩剤、ベクロニウム臭化物、パンクロニウム臭化物等
    非脱分極性筋弛緩剤の作用を増強又は減弱させるおそれがあります
  • 非ステロイド性解熱鎮痛消炎剤(サザピリン、ジクロフェナク等)
    消化器系の副作用(消化性潰瘍、消化管出血等)を起こすおそれが高くなります
  • カリウム排泄型利尿剤(トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジド、フロセミド等)
    低カリウム血症があらわれるおそれがあります
  • ジゴキシン
    ジゴキシン中毒があらわれるおそれがあります
  • サリチル酸誘導体(サザピリン、アスピリン等)
    サリチル酸中毒(めまい、耳鳴、悪心・嘔吐、過呼吸、高熱、意識障害等の症状)を起こすおそれがあります
  • バルビツール酸誘導体(フェノバルビタール等、フェニトイン、リファンピシン、カルバマゼピン)
    プレドニゾロンの作用が減弱するおそれがあります
  • 経口糖尿病用剤(アカルボース、トルブタミド等、インスリン製剤)
    これらの薬剤の効果が減弱されるおそれがあります

ステロイド薬は必要最低限の使用が推奨されていますので、症状が治まり次第速やかに使用を中止しましょう。

よくあるご質問

Q:他のステロイドよりも安心ですか?

A:プレドニゾロン(プレゾロン)は、さまざまなステロイドがありますが、効果がおだやかで離脱による症状も少ないとされております。

Q:すべての炎症のたびに使っても大丈夫ですか?

A:使用は可能ですが、症状が治まり次第使用を中止するようにしてください。

Q:ロキソニンとかも飲んでいるのですが、一緒に使えますか?

A:ロキソニンとは作用が異なりますので併用は可能ですが、プレドニゾロン(プレゾロン)の方が作用は強いですのでロキソニンをやめても良いと思います。

レビュー・口コミ

2023年3月4日

喘息の症状が悪化したときに飲んでいます。ここで前もって購入しておけば、すぐに飲めるので安心感がすごいです。

マイ さん

2022年12月2日

副作用なのか少しおなかが緩くなったような気もしたが、すごく気になるわけでもなく、症状緩和できるので助かっています。

旅人 さん

2022年9月28日

アトピーの急な症状にプレドニゾロンを使っています。副作用が心配でしたが、今のところ大丈夫。常備薬として手放せません。

カイジ さん

2021年7月17日

プレドニゾロンが無くてはリウマチの痛みに耐えられません。通販で手に入り、助かります。

サチコ さん

記事の著者情報と記事監修した商品

薬剤師の資格を持ち、医療・健康・美容についての幅広い知識を基に、一貫した視点で記事作成を行っています。抗加齢医学、カンナビノイド、栄養カウンセリング等、多彩な専門知識を活かした情報提供が魅力です。

ハロベートクリーム

ハロベートクリーム

アトピー性皮膚炎 アレルギー
3
¥2,580
エリアス

エリアス

アレルギー アレルギー性鼻炎
2
¥3,480