Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

BELプロザック

メーカー

Lilly

種類:

20mg

数量:

56錠

¥8,880

112錠

¥16,780

商品説明

商品概要

商品名 BELプロザック(prozac)
内容量 1箱/56錠
効果・効能 うつ病改善
用法・用量 朝食後に1日1回1〜4錠(20〜80mg)
有効成分 塩酸フルオキセチン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 睡眠障害、頭痛、動悸、便秘、発疹など
メーカー Lilly
発送国 インドなど

BELプロザックの特徴

BELプロザックは、うつ病や不安障害の治療薬として知られるプロザックのジェネリック医薬品です。主成分のフルオキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として働き、脳内のセロトニン量を増やすことで抗うつ効果を発揮します。

プロザックは副作用のリスクが比較的低く、安全性が高いことが特徴です。効果の発現までには時間がかかりますが、その代わり効果が長く続きます。さらに依存性が少ないため、安心して服用が可能です。

効能としては、うつ病、強迫性障害、神経性過食症、パニック障害、月経前不快気分障害などが挙げられます。

セロトニンとは?

セロトニンとは

気分や覚醒リズムに影響を与える脳内の重要な神経伝達物質であり、セロトニンの不足によって意欲低下、不安やうつ病などが生じる原因の一つと考えられています。

BELプロザックの効果・効能

BELプロザックは、うつ病や不安障害の治療に用いられるお薬です。主成分であるフルオキセチンは、脳内のセロトニンの量を増やすことで心のバランスを整え、うつ症状や不安感を和らげます。セロトニンは幸福ホルモンと呼ばれ、心の安定や安らぎをもたらし、心のバランスを保つ役割を担っています。

うつ病や不安障害ではセロトニンが不足しており、その結果、不安感や悲観的な気分、眠れない、イライラしやすいといった症状が現れます。BELプロザックは、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)と呼ばれる薬であり、セロトニンの再取り込みを阻害して脳内のセロトニン量を増やします。その結果、心のバランスを保ち、うつ症状や不安感を改善します。

BELプロザックは、効果の発現までに時間がかかる場合がありますが、その効果は比較的長く続き、副作用や依存性のリスクも低いため、安心して服用できるお薬です。

BELブロザックの適応症状と、各症状の特徴について

大うつ病性障害(Major Depressive Disorder)

大うつ病性障害は、うつ病の一形態で、重度の抑うつ状態が長期間続く精神障害です。一般的に、興味や喜びを感じることが困難で、日常活動に対する関心やエネルギーが低下し、自己評価が否定的になることが特徴です。

強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)

不安や恐怖によって特定の行動や思考が繰り返し行われる精神障害です。患者はしばしば不合理な恐怖や不安を感じ、それを和らげるために特定の行動(強迫行為)を繰り返します。

神経性過食症(Bulimia Nervosa)

特定の期間に大量の食べ物を摂取し、それに伴う感情的な苦悩や自己制御の欠如が見られる摂食障害の一種です。過食の後、罪悪感や恥辱感などの負の感情が生じることが一般的です。

パニック障害(Panic Disorder)

パニック障害は、突然発生する強烈な不安や恐怖、身体的な不快感を特徴とする精神障害です。これらの「パニック発作」は予測不能で、心臓の激しい動悸、息切れ、ふるえ、めまい、胸の圧迫感などの身体的症状を伴います。

月経前不快気分障害(Premenstrual Dysphoric Disorder)

月経周期の一定期間(通常は月経前1〜2週間)に、感情的な不安やイライラ、情緒の不安定さ、睡眠障害、食欲変動などの症状が現れる精神障害です。

BELプロザックの服用方法・使用方法

1回の用量 1〜4錠(20〜80mg)
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間
服用するタイミング 朝食後

以下症状に応じて朝食後水またはぬるま湯と服用してください。

大うつ病性障害(Major Depressive Disorder)

初回は1錠(20mg)を1日1回、1日4錠(80mg)を上限とし1錠(20mg)ずつ用量を増やしてください。

強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)

初回は1錠(20mg)を1日1回、1日4錠(80mg)を上限とし1錠(20-60mg)を調整しながら服用してください。

神経性過食症(Bulimia Nervosa)

1日1回3錠(60mg)を上限とし、数日間にわたり服用してください。

パニック障害(Panic Disorder)

初回は1/2錠(10mg)を1日1回、その後は1日3錠(60mg)を上限とし調整してださい。

月経前不快気分障害(Premenstrual Dysphoric Disorder)

継続の場合はじめは1日1回1錠(20mg)を服用し、上限4錠(80mg)とし調整しながら服用してください。断続の場合、月経の14日前から月経の最初の1日まで、1日1回1錠(20mg)を服用してください。

服用時の注意事項

  • 服用後の運転など危険を伴う作業は控えるようにしてください。
  • 飲み忘れ時は、気づいた時点で服用し、2回分を1度にまとめて服用しないでください。

食事・アルコールの影響

  • 食事中や食後の服用は効果が発揮されない場合があるため服用を控えてください。
  • またアルコールの影響も受けやすく強い副作用を伴う場合がありますのでアルコールは控えてください。

BELプロザックの保管方法

  • 直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。

BELプロザックの有効成分

BELプロザックの有効成分である塩酸フルオキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として知られる薬物です。フルオキセチンは、脳内のセロトニンという神経伝達物質の働きを調節するために用いられます。

通常、セロトニンは神経伝達物質として機能し、気分の安定や情緒の調整に関与しています。しかし、うつ病や不安障害のような状態では、脳内のセロトニンの量が不足してしまい、心のバランスが乱れてしまいます。その結果、不安感や悲観的な気分、眠れない、イライラしやすいといった症状が現れます。

塩酸フルオキセチンは、セロトニンの再取り込みを阻害することで、脳内のセロトニンの量を増やします。これにより、心のバランスを保ち、うつ症状や不安感を和らげる効果が期待されます。また、フルオキセチンは比較的セロトニン受容体に選択性が高く、他の受容体への影響が少ないため、副作用のリスクが低いとされています。そのため、安全性の面でも優れた抗うつ剤として知られています。

BELプロザックの副作用

主な副作用

  • 頭痛
  • めまい
  • 眠気
  • 不安
  • 緊張感
  • 胃のむかつき
  • 食欲減少
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 口の渇き
  • 発汗
  • ほてり
  • 鼻づまり
  • 性欲の低下
  • 性的な感覚の低下

稀な副作用

  • 蕁麻疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、喉の腫れ
  • 喉の痛み
  • 皮膚の痛み
  • 水疱や皮むけを伴う赤または紫色の皮膚発疹
  • パニック発作
  • 衝動性
  • 多動(精神的または身体的)
  • うつ病を増加させ、自殺や自傷行為の考えをもつ
  • 視野狭窄
  • 心拍数が速い、不均一、またはドキドキしている
  • ろれつが回らない話し方
  • 重度の衰弱
  • けいれん

BELプロザックの注意事項

使用に注意する人

  • セロトニン作用を有する医薬品を服用中の人
  • アスピリンやワルファリンなどの抗凝固剤を服用中の人
  • 三環系抗うつ剤を服用中の人

使用してはいけない人

  • プロザックの服用で過去に過敏症の既往歴のある人
  • MAO阻害剤を服用している人
  • 重度の腎不全の人
  • ピモジドを服用している人
  • 12歳未満の子供

併用禁忌

  • セレギリン、MAO阻害剤
  • ピモジド、チオリダジン

併用注意

  • セロトニン作用を有する薬剤、トラマドール塩酸塩、リネゾリド、選択的セロトニン再取り込み阻害剤など
  • 三環系抗うつ剤、イミプラミン塩酸塩、リスペリドンなど
  • 止血を妨害する薬物、アスピリン、ワルファリン

その他注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を理解してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

BELプロザックのよくある質問

Q: プロザックとは何ですか?

A: プロザックは、うつ病や不安障害などの治療に使用される薬です。主成分はフルオキセチンであり、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として知られています。

Q: プロザックはどのような効果がありますか?

A: プロザックは、うつ病や不安障害の症状を軽減し、気分の安定や日常生活への関心回復を促します。また、強迫性障害や過食症、パニック障害などの治療にも効果が期待されます。

Q: プロザックはどのような適応症状に使用されますか?

A: プロザックは、うつ病、強迫性障害、神経性過食症、パニック障害、月経前不快気分障害などの治療に使用されます。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年4月25日
趣味:写真撮影と旅行(特に国内の温泉地を巡るのが好き)
経歴:以前は製薬会社で働いており、医薬品の研究開発に携わっていた。自然が好きで、休日はよく山に行く。お薬市場では過去の技術を生かして、理解しやすい記事の作成を行っています。

アーユルスリム

アーユルスリム

トレーニング・ダイエット プロテイン・サプリメント
2
¥2,780
ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
5
¥4,780