Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

スポラル

メーカー

Janssen-Cilag Ltd

種類:

100mg

数量:

16錠

¥6,480

28錠

¥9,800

40錠

¥13,800

48錠

¥15,800

商品説明

商品概要

商品名 スポラル(sporal)
内容量 1箱/4カプセル
効果・効能 水虫、性器カンジダ症、インキンタムシ、ゼニタムシ、内臓真菌感染症、爪白癬など各種真菌感染症
用法・用量 症状に応じて1日1〜2回、1回1/2〜2錠
有効成分 イトラコナゾール
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 胃の不快感・悪心・腹痛・下痢・発疹など
メーカー Janssen-Cilag Ltd
発送国 インドなど

スポラルの特徴

主な特徴

スポラルは内服薬であるため、誰にも知られずにSTDや水虫の治療が可能です。特にカンジダ症や水虫など、相談しづらい真菌感染症の治療に適しています。またそれ以外にも、治療が困難と言われている内臓真菌感染症や爪白癬にも効果を発揮します。

スポラルは内服後約4時間で血中濃度が最大となり、6時間で半減期を迎えますが、完全に代謝されるまで約48時間かかります。そのため、長時間にわたり抗真菌効果が持続します。

STDとは?

STDは “Sexually Transmitted Diseases” の略で、日本語では「性感染症」と呼ばれます。STDは、性行為(セックス)を通じて感染する病気の総称です。STDの主な原因は、細菌、ウイルス、寄生虫などの病原体であり、一般的なSTDには以下のようなものがあります。

  • クラミジア
  • 淋病(りんびょう)
  • 梅毒(ばいどく)
  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)/エイズ(AIDS)
  • ヘルペス
  • 尖圭コンジローマ
  • トリコモナス症
  • カンジダ症

スポラルはこんな方におすすめ

スポラルは、次のような方におすすめです。

カンジダ症に悩んでいる方

スポラルは、カンジダ症の治療に有効です。カンジダ菌の増殖を抑えることで、症状の改善が期待できます。

足の水虫(白癬)に感染している方

足の水虫(白癬)に感染している方にもスポラルは効果的です。真菌を殺菌し、症状の改善を助けます。

内臓や爪などの深在性真菌症を治療したい方

スポラルは、内臓や爪などの深在性真菌症にも適しています。全身的な真菌感染症の治療に役立ちます。

真菌感染症が再発しやすい方

真菌感染症が再発しやすい方にも、スポラルは予防的な効果が期待できます。定期的な服用で再発リスクを低減します。

外用薬が効きにくい真菌感染症を治療したい方

外用薬が効きにくい真菌感染症を持つ方にも、スポラルは内服薬として有効です。体内から真菌を効果的に除去します。

スポラルの効果・効能

主な効果・効能

本製品の主成分であるイトラコナゾールは、真菌の細胞膜を構成する重要な物質であるエルゴステロールの合成を阻害します。これにより、真菌の細胞膜が正常に形成されず、真菌の生存や増殖が抑えられます。また、イトラコナゾールは血中テストステロン濃度を低下させ、真菌の細胞膜の生成をさらに効果的に抑制します。

  • カンジダ症:カンジダ属の真菌が引き起こす感染症に対して有効です。口腔内や陰部、皮膚などに感染することがあります。
  • 水虫(白癬):水虫は、皮膚真菌症の一種で、特に足の指間や足底に感染します。スポラルはこの真菌の増殖を効果的に抑制します。
  • 深在性真菌症:スポラルは内服薬であるため、体内深部に感染する真菌症に対しても高い治療効果を発揮します。これには、内臓や爪などの深部組織に感染した場合も含まれます。

スポラルの服用方法・使用方法

1回の用量 症状に応じて2/1〜2錠
1日の服用回数 症状に応じて1〜2回
服用間隔 24時間
服用するタイミング 食直後

以下症状に応じて推奨量を水またはぬるま湯と服用してください。なお本製品は1錠100mgなので50mg服用する場合はピルカッター等を使用し半分に割って服用してください。

推奨量

  • 内臓真菌症:1〜2錠(100~200㎎)を1日1回食直後に服用してください。
  • 深在性皮膚真菌症:1〜2錠(100~200㎎)を1日1回食直後に服用してください。
  • 表在性皮膚真菌症(爪白癬以外):1/2〜1錠(50~100㎎)を1日1回食直後に服用してください。
  • 爪白癬:1回1錠(200mg)を1日2回食直後に1週間服用し、その後3週間休薬、このサイクルを3回繰り返します。

服用時の注意事項

  • 過剰投与しても効果が倍増することはありませんので推奨量を守り服用してください。
  • 万一飲み忘れた場合、気づいた時点で直ちに服用してください。
  • 次回分までの間隔が近い場合は忘れた分は服用せず、次回分から服用してください。
  • 飲み忘れたからと2回分を一度に服用しないでください。

アルコールの影響

アルコールの摂取は肝機能に負担をかける可能性があるため、避けることが推奨されます。

スポラルの保管方法

  • 直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。

スポラルの有効成分について

主な有効成分

本製品の有効成分であるイトラコナゾールは広範囲の真菌感染症に対して有効な成分です。イトラコナゾールは、アゾール系抗真菌薬の一つで、真菌(カビ)の細胞膜を破壊することによって抗真菌効果を発揮します。真菌の細胞膜の主要成分であるエルゴステロールの合成を阻害します。これにより、真菌の成長と繁殖を抑えることができます。

アゾール系抗真菌薬とは?

アゾール系抗真菌薬は、真菌(カビ)感染症の治療に使用される薬の一群です。この薬は、真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールという成分の合成を阻害します。エルゴステロールが不足すると、真菌の細胞膜が正常に機能しなくなり、結果として真菌が死滅します。

  • 主なアゾール系抗真菌薬には、フルコナゾール、イトラコナゾール、ケトコナゾールなどがあります。
  • これらの薬は、皮膚や爪、口腔内、喉、食道、膣などの真菌感染症の治療に用いられます。
  • アゾール系抗真菌薬は一般的に経口薬として投与されますが、外用薬として使用されることもあります。

スポラルの副作用

主な副作用

  • 胃の不快感
  • 悪心
  • 腹痛
  • 下痢
  • 発疹

稀な副作用

  • アナフィラキシー様症状
  • うっ血性心不全
  • 間質性肺炎
  • 重い皮膚疾患

アナフィラキシー様症状とは、アナフィラキシーのような急性アレルギー反応のことで、急速に発症し、重篤な症状を引き起こす可能性があります。主な症状には以下が含まれます:

  • 呼吸困難:喉や気道の腫れによる呼吸困難が生じることがあります。
  • 血圧低下:急激な血圧の低下が見られ、意識を失うことがあります。
  • 皮膚症状:発疹、かゆみ、じんましんなどの皮膚反応が見られます。
  • 消化器症状:腹痛、嘔吐、下痢などの消化器症状が現れることがあります。

スポラルの注意事項

スポラルの使用に注意する人

  • 薬物過敏症の既往歴の方
  • 腎障害のある方
  • 肝障害のある方
  • うっ血性心不全又はその既往歴のある方
  • ワルファリンを投与中の方
  • 高齢者の方

スポラルを使用してはいけない人

  • スポラルに含まれる成分に対して過敏な反応を経験したことがある方
  • 妊娠中の方
  • 肝臓又は腎臓に障害のある患者で,コルヒチンを投与中の方
  • 重篤な肝疾患の現症、既往歴のある方

併用禁忌

  • ハルシオン
  • クリアミン配合錠、ジヒデルゴット、エルゴメトリンマレイン酸塩注、メテルギン
  • シルデナフィル(バイアグラ)
  • バルデナフィル(レビトラ)
  • タダラフィル(シアリス)
  • アデムパス

併用注意

  • リピトール
  • ステロイド製剤
  • コルヒチン
  • リスモダン
  • ベンゾジアゼピン系医薬品
  • オピオイド系鎮痛剤
  • ワーファリン

その他注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を理解してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

スポラルのよくある質問

Q: スポラルを長期間服用しても大丈夫ですか?

A: スポラルの長期使用は医師の監督下で行われるべきです。長期間の使用により、肝機能障害などのリスクが増加する可能性があるため、定期的な検査が必要です。

Q: スポラルは他の薬と一緒に服用しても大丈夫ですか?

A: スポラルは他の薬と相互作用を起こす可能性があります。特に、一部の心臓薬や抗菌薬、抗HIV薬などとの併用には注意が必要です。必ず医師に現在服用中の薬を報告し、指示に従ってください。

Q: スポラルの効果はどのくらいで現れますか?

A: スポラルの効果は感染症の種類や重症度によりますが、通常は数日から数週間で改善が見られます。治療期間中は医師の指示に従い、自己判断で服用を中止しないでください。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年4月25日
趣味:写真撮影と旅行(特に国内の温泉地を巡るのが好き)
経歴:以前は製薬会社で働いており、医薬品の研究開発に携わっていた。自然が好きで、休日はよく山に行く。お薬市場では過去の技術を生かして、理解しやすい記事の作成を行っています。

アーユルスリム

アーユルスリム

トレーニング・ダイエット プロテイン・サプリメント
2
¥2,780
ウィンゾロン

ウィンゾロン

トレーニング・ダイエット 筋肉増強剤
6
¥4,780 在庫切れ