Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

シムビコート

メーカー

AstraZeneca

種類:

160mcg/4.5mcg(120回分)

数量:

1本

¥3,980

2本

¥6,680

商品説明

商品概要

商品名 シムビコート(symbicort)
内容量 1箱/120回分
効果・効能 気管支喘息などの症状緩和
用法・用量 1日2回、1回1吸入
有効成分 ブデソニド、ホルモテロールフマル酸塩
形状・剤形 吸入薬
副作用 発疹、頭痛、蕁麻疹、接触性皮膚炎、味覚異常など
メーカー AstraZeneca
発送国 インドなど

シムビコートの特徴

シムビコートは、気管支拡張薬とステロイドの両方を含んだ吸入器で、発作時の症状改善を求める方や、慢性閉塞性肺疾患の症状を緩和したい方、また、喘息の定期的な管理と発作時の即効性を同時に求める方におすすめです。シムビコートは以下の特徴があります。

  • 2つの効果を持つ治療: 気管支を素早く広げる気管支拡張作用と、気道の炎症を抑える抗炎症作用の2つの効果があります。これにより、喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患の症状を効果的に軽減します。
  • SMART療法の適応: SMART療法として知られる、発作時と定期的な治療の両方を1つの薬で行う治療法に適応しています。定期使用と発作時の追加吸入が可能で、症状管理を向上させます。
  • 効果的な成分配合: ブデソニドとホルモテロールフマル酸塩水和物の2つの有効成分が配合されています。ブデソニドは気道の炎症を抑え、ホルモテロールフマル酸塩水和物は気管支を広げて呼吸を楽にします。
  • 安全性と確実な吸入: 安全性が高く、吸入操作が正しく行われれば、確実に薬剤を吸入できます。

シムビコートはこんな方におすすめ

シムビコートは、次のような方におすすめです。

シムビコートの購入を検討されている方へ、どのような症状で悩まれている方にシムビコートがおすすめかを説明していきます。

気管支喘息やCOPDなどの呼吸器疾患で炎症や症状を軽減したい方

シムビコートは、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患で炎症や症状を軽減したい方におすすめです。

毎日の生活において喘息の発作や呼吸困難に悩まされている方

シムビコートは、毎日の生活において喘息の発作や呼吸困難に悩まされている方におすすめです。

喘息の管理において、コルチコステロイドとβ2刺激薬の両方の効果を一つの薬で得たい方

シムビコートは、喘息の管理において、コルチコステロイドとβ2刺激薬の両方の効果を一つの薬で得たい方におすすめです。

治療効果の安定性と長期的な症状管理を求める方

シムビコートは、治療効果の安定性と長期的な症状管理を求める方におすすめです。

喘息の急性発作にも対応できる即効性を必要とする方

シムビコートは、喘息の急性発作にも対応できる即効性を必要とする方におすすめです。

シムビコートの効果・効能

  • 喘息の治療: シムビコートは、喘息の管理や治療に使用されます。ブデソニドとホルモテロールフマル酸塩水和物の組み合わせにより、気道の炎症を抑えつつ気管支を拡張し、喘息の症状を緩和します。喘息の発作を予防し、定期的な治療として用いられます。
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療: COPDは、気管支炎や肺気腫などの慢性呼吸器疾患を含む病気の総称です。シムビコートは、COPDの症状緩和や発作の予防にも効果があります。
  • 気管支拡張効果: ホルモテロールフマル酸塩水和物成分は、気管支を広げて呼吸を楽にする効果があります。これにより、呼吸困難や喘鳴などの症状が改善されます。
  • 気道の炎症抑制: ブデソニド成分は、気道の炎症を抑える作用があります。これにより、気管支の腫れや痰の増加を抑制し、喘息やCOPDの症状を緩和します。
  • 喘息の急性発作の治療: シムビコートは、喘息の急性発作時にも使用されます。即効性のあるホルモテロールフマル酸塩水和物成分が、発作を迅速に緩和します。
  • 症状の安定化と疾患の進行防止: 定期的にシムビコートを使用することで、症状の安定化が図られ、喘息やCOPDの疾患の進行を遅らせる効果が期待されます。

シムビコートの服用方法・使用方法

1回の用量 1吸入
1日の服用回数 通常2回、症状に応じて8回まで
服用間隔 指定なし
服用するタイミング 発作時

発作が起こった際に、1吸入を行い、症状に応じて追加吸入してください。1日の吸入上限は8吸入までです。

症状に応じた推奨量

  • 喘息予防:1日2回、1回1〜4吸入
  • 喘息発作治療:1日8回まで、1回1〜2吸入
  • 慢性閉塞性肺疾患の治療(気管支炎・肺気腫):1日2回、2吸入

使用方法

  1. 初めて使う場合、吸入器の回転グリップを左右に回して、「カチッ」と3回音が鳴るまで回します。
  2. 回転グリップを右に回し、確実に止まるまで回します。
  3. グリップを左に回し、音が「カチッ」とするまで回します。この音は1回分の薬がセットされた合図です。
  4. 薬を吸入する前に、口から息を吐き出します。
  5. マウスピースを口にくわえ、薬を深く「スーッ」と力強く吸い込みます。
  6. 吸入が終わったら、マウスピースから口を離し、ゆっくりと息を吐き出します。
  7. 吸入器のキャップをしっかりと閉めます。
  8. 最後に、うがいをしたり、口をすすいだりしてください。

使用上の注意事項

  • 発作が頻繁に起こる場合は、吸入器に頼るのではなく、早めに外来を受診することが重要です。
  • 突然ひどい発作が起こった場合は吸入器を使いながらすぐに救急外来を受診してください。
  • 吸入中は、顔色や呼吸の様子などを十分に観察し、悪心や頭痛、呼吸困難などが現れたらすぐに吸入を中止してください。

シムビコートの保管方法

  • 吸入器は、直射日光が当たらない場所で、湿気が少なくて涼しい場所に保管してください。
  • 小さな子供の手の届かない場所に吸入器を保管してください。
  • 吸入器の容器は入れ替えないでください。誤飲のリスクや品質の変化が生じる可能性があります。
  • 吸入器の使用期限を過ぎた場合は、使用せずに処分してください。

シムビコートの有効成分

主な有効成分

シムビコートの有効成分は、「ブデソニド」と「ホルモテロールフマル酸塩」です。これらの成分は、シムビコート内で組み合わされることで、気管支喘息やCOPDなどの呼吸器疾患に対する効果的な治療を提供します。

ブデソニド(Budesonide)

ブデソニドは、コルチコステロイドとして分類される薬物で、体内の炎症を抑制する働きがあります。気管支や肺の内側の炎症や腫れを減らし、喘息の症状を軽減します。副作用としては、喉の炎症や咽喉頭のカンジダ感染、皮膚の薄さや色素沈着などが挙げられます。また、全身への吸収が少ないため、一般的なコルチコステロイドの副作用が比較的少ないとされています。

ホルモテロールフマル酸塩(Formoterol Fumarate)

ホルモテロールフマル酸塩は、長時間作用型のβ2刺激薬で、気管支平滑筋を弛緩させ、気管支の拡張を促進します。喘息の急性発作時に即効性の効果を示し、また、長期的な喘息管理のためにも使用されます。副作用には、心拍数の上昇、手の震え、頭痛などがあります。長期的な使用においては、β2刺激薬の過剰摂取による心血管系の副作用にも注意が必要です。

シムビコートの副作用

主な副作用

  • 口腔カンジダ、発疹、動悸、血圧上昇、頭痛、悪心、めまい、味覚異常、睡眠障害

稀な副作用

  • 低カリウム血症、アナフィラキシーショック

シムビコートの注意事項

シムビコートの使用に注意する人

  • 過去に含有している成分にてアレルギー反応を起こしたことがある方
  • 心臓疾患を持つ方
  • 高血圧や不整脈を持つ方
  • 糖尿病を持つ方

シムビコートを使用してはいけない人

  • ホルモテロールフマル酸塩水和物、ブデソニド対して過敏症の既往歴のある方
  • 有効な抗菌剤の存在しない感染症、深在性真菌症の方
  • 結核性疾患の方
  • 妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

併用禁忌

  • 現在とくに報告されていません

服用中の薬や持病がある方は医師に相談し服用してください。

併用注意

  • CYP3A4阻害薬
  • カテコールアミン系アドレナリン作動薬
  • キサンチン誘導体
  • 副腎皮質ステロイド、利尿剤

その他注意事項

  • 本製品を使用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、使用方法や注意事項を理解してください。
  • 乳幼児や小児の手の届かない場所に保管してください。誤飲や誤用を防ぐために、子供の手の届かない場所に保管してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。
  • 他の製品と併用する場合は、製品に相互作用がないか確認するため、医師に相談してください。

シムビコートのよくある質問

Q:シムビコートはどのような薬ですか?

A:シムビコートは、気管支拡張薬とステロイドの両方を含んだ吸入器です。気管支を素早く広げて呼吸を楽にする効果と、気道の炎症を抑える抗炎症作用の2つの効果があります。

Q:シムビコートはどのような症状や疾患に使用されますか?

A:シムビコートは、喘息の管理や治療に使用されます。また、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状緩和にも効果があります。喘息の発作時と毎日の予防薬として使用されることがあります。

Q:シムビコートの特徴は何ですか?

A:シムビコートは、SMART療法に適用される唯一の喘息治療薬です。定期使用と発作時の追加吸入が可能であり、長期治療と発作治療の両方が同時に行える点が特徴です。

Q:シムビコートの主な成分は何ですか?

A:シムビコートの主な成分には、抗炎症剤としてブデソニド、気管支拡張剤としてホルモテロールフマル酸塩水和物が含まれています。

Q:シムビコートはどのような方におすすめですか?

A:喘息の発作時と毎日の予防薬を一緒にしたい方、喘息の発作を改善したい方、慢性閉塞性肺疾患の症状緩和を図りたい方におすすめです。

シムビコートのメーカー情報

AstraZeneca(アストラゼネカ)社

AstraZeneca(アストラゼネカ)社はイギリスに本社を置く国際的な製薬会社で、世界中で幅広い医薬品を開発、製造、販売しています。主な事業領域は、がん治療、心血管疾患、呼吸器疾患、消化器疾患、そして代謝疾患などに特化しています。

シムビコートの関連商品

  • フォーモニド:気管支喘息や慢性気管支炎などの呼吸器疾患の症状を和らげる治療薬です。
  • ベントリン:気管支拡張剤の一種で、主成分のサルブタモールが気管を広げて呼吸を楽にする効果があります。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年9月10日
趣味:ピラティス、写真撮影、自然散策
経歴:大学で生物学を専攻し、医薬品関連の公的研究機関で勤務。10年以上の研究経験を持ち、現在はお薬市場スタッフとして医療・薬学分野の最新ニュースを提供。国内外の医薬品市場の動向に精通しており、読者に有益な情報を提供することを重視しています。

ムルヒノール

ムルヒノール

アレルギー 喘息・呼吸器
3
¥3,180 在庫切れ
ムコリド

ムコリド

アレルギー 喘息・呼吸器
3
¥2,880