Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

ゾメット

メーカー

Intas Pharmaceuticals Ltd

種類:

500mg

temp

数量:

100錠

¥4,482(10%OFF)

(10%OFF)

セール対象商品:クーポン【WEEKLY17】利用で10%off‼

商品説明

商品概要

商品名 ゾメット(zomet)
内容量 1箱/100錠
効果・効能 2型糖尿病の改善、ダイエット
用法・用量 1日500mgを2回~3回に分けて食後に服用
有効成分 メトホルミン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 肝臓機能障害、消化器障害、発疹、代謝異常、頭痛など
メーカー Intas Pharma
発送国 インドなど

ゾメットの特徴

主な特徴

ゾメットは、インタスファーマ社が開発した2型糖尿病治療薬で、メトホルミンを主成分としています。日本で広く処方されているメトグルコのジェネリック医薬品で、品質と効果が保証されています。

  • 経済的: メトグルコに比べて価格が抑えられており、コストパフォーマンスに優れています。
  • 高い信頼性: インスリン抵抗性を改善し、インスリンの働きを向上させるビグアナイト系の薬です。
  • 服用しやすい: 白い丸形の錠剤で、飲みやすさを考慮して設計されています。
  • 3つの作用: 糖新生を抑制し、筋肉への糖の取り込みを促進、腸管でのグルカゴンの働きを抑える3つの作用で血糖値を減少させます。

ゾメットはこんな方におすすめ

ゾメットは、次のような方におすすめです。

2型糖尿病患者

生活習慣や肥満が原因で血糖値のコントロールが難しい方に適しています。

インスリン抵抗性の改善を求める方

インスリンの働きが悪くなっている方に適しています。

コストを抑えたい方

メトグルコと同等の効果を持ちながら、価格が抑えられているため経済的に治療を続けたい方に最適です。

ダイエットを目指す方

血糖値の安定だけでなく、体重管理にも効果的であるとされています。

ゾメットの効果・効能

主な効果・効能

  • 血糖値の低下: メトホルミンは肝臓に作用して糖新生を抑制し、血糖値を減少させる効果があります。
  • 糖の吸収抑制: 腸管でのグルカゴンの働きを抑え、糖の吸収を抑制します。
  • インスリン感受性の向上: 筋肉への糖の取り込みを促進し、インスリンの効率を高めます。
  • 体重管理: メトホルミンは体重減少や脂肪燃焼効果も期待できるため、ダイエットを目指す方にも適しています。

ゾメットの服用方法・使用方法

1回の用量 500mg
1日の服用回数 2~3回
服用間隔 約8時間
服用するタイミング 食後に服用

1日2~3回、食後に水またはぬるま湯で服用してください。1日の最大服用量は2250mgまでが推奨されています。

ゾメットの有効成分について

メトホルミンの作用機序と効果

  • 糖新生の抑制: メトホルミンは肝臓に作用して、糖新生という糖を新たに生成するプロセスを抑制します。これにより、空腹時血糖値を効果的に低下させます。
  • インスリン感受性の向上: 筋肉細胞や脂肪細胞におけるインスリン感受性を高め、これらの細胞が血中の糖をより効率的に取り込むように促進します。
  • 糖吸収の抑制: メトホルミンは腸管での糖の吸収を抑制し、食後の血糖値の上昇を防ぎます。これにより、食後高血糖のリスクを軽減します。
  • 脂肪酸の酸化促進: メトホルミンは脂肪細胞に作用し、脂肪酸の酸化を促進することで、脂肪の分解を助けます。これにより、体重減少や脂肪燃焼効果も期待できます。
  • 食欲抑制: 中枢神経系に働きかけ、食欲を抑制する効果があります。これにより、過食を防ぎ、体重管理をサポートします。

メトホルミンのこれらの多面的な作用により、ゾメットは2型糖尿病の治療において非常に効果的です。

メトホルミンに関する臨床試験データ

  • 2型糖尿病患者に対する効果: メトホルミンを投与された患者群では、プラセボ群に比べて血糖値が有意に低下しました。また、インスリン感受性の改善が確認されました。
  • 体重減少効果: メトホルミンの投与により、平均して5.8kgの体重減少が報告されています。この効果は、食事療法や運動療法と組み合わせることでさらに高まるとされています。
  • 安全性と副作用: メトホルミンは一般的に安全性が高いとされていますが、消化器症状や乳酸アシドーシスなどの副作用には注意が必要です。

ゾメットの副作用

主な副作用

  • 消化器障害: 下痢、悪心、食欲不振、腹痛、嘔吐など
  • 肝機能障害: 肝臓機能障害、黄疸
  • 代謝異常: 乳酸アシドーシス
  • 頭痛、めまい: 頭痛、めまい、倦怠感
  • 過敏症: 発疹、かゆみ

ゾメットの注意事項

ゾメットを服用できない方

以下に該当する方はゾメットを服用することができません。

  • 過敏症の既往歴: 本剤の成分またはビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴がある方
  • 乳酸アシドーシスの既往歴: 乳酸アシドーシスの既往歴がある方
  • 重度の腎機能障害: 重度の腎機能障害がある方または透析を受けている方
  • 重度の肝機能障害: 重度の肝機能障害がある方
  • 心血管系、肺機能障害: 心血管系、肺機能に高度の障害がある方
  • 低酸素血症: 低酸素血症を伴いやすい状態にある方
  • 脱水状態: 脱水症または脱水状態が懸念される方
  • 過度のアルコール摂取: 過度にアルコールを摂取している方
  • 重症感染症、手術前後: 重症感染症、手術前後、重篤な外傷がある方
  • 栄養不良状態: 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態の方
  • 妊婦または妊娠の可能性: 妊婦または妊娠している可能性がある方

併用禁忌薬・併用注意薬

現在報告されている併用禁忌薬はありませんが、以下の薬との併用には注意が必要です。

  • ヨード造影剤
  • 腎毒性の強い抗生物質
  • 利尿作用を有する薬剤
  • 糖尿病用薬
  • たん白同化ホルモン剤
  • サリチル酸剤
  • β遮断剤
  • モノアミン酸化酵素阻害剤
  • アドレナリン
  • 副腎皮質ホルモン
  • 甲状腺ホルモン
  • 卵胞ホルモン
  • 利尿剤
  • ピラジナミド
  • イソニアジド
  • ニコチン酸
  • フェノチアジン系薬剤
  • シメチジン、ドルテグラビル、ビクテグラビル、バンデタニブ

その他の注意事項

  • 用法用量を守り、服用中はこまめに水分補給を行ってください。
  • ヨード造影剤検査の前後は、ゾメットの服用を避けてください。
  • 過度のアルコール摂取は避けてください。
  • 低血糖を起こす可能性があるため、高所での作業や自動車の運転など、危険を伴う作業には十分注意してください。

ゾメットのよくある質問

Q: ゾメットはどのように服用すればよいですか?

ゾメットは食後に水またはぬるま湯で服用してください。1日2~3回に分けて服用することが推奨されます。

Q: ゾメットの副作用にはどのようなものがありますか?

主な副作用として、消化器障害、肝機能障害、代謝異常、頭痛、めまい、過敏症などが報告されています。重大な副作用として乳酸アシドーシスや低血糖が挙げられます。

Q: ゾメットを服用できない人はいますか?

過敏症の既往歴がある方、乳酸アシドーシスの既往歴がある方、重度の腎機能障害や肝機能障害がある方、心血管系や肺機能に高度の障害がある方などはゾメットを服用することができません。

Q: ゾメットの効果はどのように現れますか?

ゾメットは肝臓に作用して糖新生を抑制し、腸管でのグルカゴンの働きを抑え、筋肉への糖の取り込みを促進することで血糖値を下げます。体重減少や脂肪燃焼効果も期待できます。

Q: ゾメットの併用注意薬にはどのようなものがありますか?

ヨード造影剤、腎毒性の強い抗生物質、利尿作用を有する薬剤、糖尿病用薬などとの併用には注意が必要です。

Q: ゾメットはダイエットにも効果がありますか?

ゾメットの有効成分であるメトホルミンは、血糖値の管理だけでなく、満腹中枢を刺激して食欲を抑制し、脂肪燃焼効果も期待できるため、ダイエットを目指す方にも適しています。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1989年4月15日
趣味:ヨガ、料理(ヘルシーなレシピ開発と世界の料理を試すこと)
経歴:薬学部卒業後、国内外の製薬会社での研究職を経て、医学・薬学ジャーナリストへ転職。その後、出産を機に研究者としての経験を生かし、お薬市場スタッフに転身した一児のママ。専門的な内容をわかりやすく解説する記事が魅力です。

マーシロン

マーシロン

低用量ピル 避妊
4
¥2,480
ノルパック

ノルパック

アフターピル 避妊
4
¥2,480