Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

ゾビクロビル

メーカー

Healing Pharma

種類:

800㎎

数量:

30錠

¥4,180

60錠

¥6,580

商品説明

商品概要

商品名 ゾビクロビル
内容量 1箱/30錠、1シート/10錠
効果・効能 ヘルペス、帯状疱疹などの感染症
用法・用量 1日5回まで、1/2錠(200mg)
有効成分 アシクロビル
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛など
メーカー Healing Pharma
発送国 ロシア

特徴

ゾビクロビルは、有効成分「アシクロビル」を含んでおり、日本では医薬品のゾビラックスの海外製ジェネリック医薬品になります。主に性器ヘルペス、口唇ヘルペス、水疱瘡、帯状疱疹を治療する際に使われる薬です。特にヘルペス感染症の場合には、初期段階で治療する際に用いられます。またヘルペスの治療薬には外用剤もありますが、服用できることで塗り残しがなく完治もしやすいとされています。

ゾビクロビルはこんな方におすすめ

ゾビクロビルの購入を検討されている方向けに、薬の効果を実感しやすい対象者を紹介していただきますので、参考にしてみてください。

塗り薬だと忘れてしまう方

ゾビクロビルは、服用することによって全身のウイルスを減らすことにつながります。塗り薬ではうまく治療できなかった方や塗り忘れがある方にはオススメです。

一度ヘルペスにかかったことがある方

ヘルペスは、一度かかってしまうと免疫が弱くなったときに再発することがあります。そんなときにすぐに治療ができるためオススメです。

効果・効能

ゾビクロビルは、有効成分アシクロビルを含んでおり、抗ウイルス薬の中でも安全性が高い成分とされています。ヘルペスの初期症状の治療に最適な薬であり、子どものヘルペスの治療にも用いられることがあります。ウイルスの双濁を抑えることで症状を和らげていきます。またウイルスを増殖させないだけでなく、発疹や水脹れなどの皮膚の症状の悪化を抑える効果も期待できます。副作用は比較的少ない方だとされており、臨床試験では半年後に痛みが残っている患者の割合が約半数に減ったとされています。

服用方法・飲み方

1回の用量 1/2錠(200mg)
1日の服用回数 5回まで
服用間隔 4時間
服用のタイミング 朝食後・昼食後・夕方・夕食後・就寝前

ゾビクロビルは、1日5回服用する必要があるちょっと特殊な薬です。服用する回数を多くすることで、血中濃度を一定に保つことが治療のために大切になっていきます。オススメの服用のタイミングは朝食後・昼食後・夕方・夕食後・就寝前となっています。服用期間は、最低でも5~10日間ほどで連続して服用することで効果を実感していただけます。もし飲み忘れが起きた場合には、気付いた時点で1回分を服用してください。2回分をまとめて服用するようなことはしないでください。服用される際には、ピルカッターで分割して200mgにして服用してください。例外として帯状疱疹の場合には1回800mgを1日5回服用となるため1回に2錠ずつ服用する必要があります。

有効成分

ゾビクロビルの有効成分アシクロビルは、ウイルスの増殖に関係するDNAポリメラーゼを阻害することで、ウイルスの増殖を抑え込むことができます。この効果は特にウイルスの少ない早期の段階で用いることで大きな効果を発揮します。そのため、再発予防で用いられることもあります。

副作用

ゾビクロビルの主な副作用として、以下のものが報告されています。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 貧血
  • 顆粒球減少
  • 白血球増多
  • 好酸球増多 など

副作用として低頻度ですが、肝機能検査値異常・軟便・嘔気・嘔吐・胃痛などがあります。

また稀な副作用として汎血球減少、精神神経症状、ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、中毒性表皮壊死融解症などの症状が報告されています。

特に中毒性表皮壊死融解症は、薬の服用で38°C以上の高熱、目の充血、くちびるのただれ、のどの痛み、皮膚の広い範囲が赤くなることがあります。このような症状が出たりした場合には、服用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

注意事項

ゾビクロビルを使用してはいけない人

  • アシクロビルに対して過敏な反応を経験したことがある方
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方

ゾビクロビルの使用に注意する人

  • ゾビクロビルに対し過敏症の既往歴のある方
  • 腎障害の治療中の方や腎機能低下の方
  • 幼児、小児、高齢者の方(65歳以上)
  • 免疫系疾患のある方、治療中の方

併用禁忌

  • 現在は、報告されておりません

併用注意

  • プロベネシド:排泄が抑えられ、作用が強くなることや副作用が現れやすくなります
  • シメチジン:排泄が抑えられ、作用が強まる可能性があります
  • ミコフェノール酸モフェチル:併用することで両方の薬の効果が強まることがあります
  • テオフィリン:テオフィリンの血中濃度が上がり、作用が強まることがあります

ゾビクロビルは、ウイルスを死滅させる作用はありませんので、ウィルスを増殖させないように治るまで5~10日間ほど連続で服用する必要があります。

よくあるご質問

Q:常備薬として購入しても大丈夫ですか?

A:一度ヘルペスにかかったことがある方の場合には、常備薬として使用することで早期治療を行うことができます。

Q:塗り薬との併用はできますか?

A:症状を和らげて早期改善させるためにも塗り薬の併用はオススメです。

Q:服用しながら、性行為を行なっても大丈夫ですか?

A:性器ヘルペスの場合でなくても、症状が完全になくなった後でも1週間以上は服用を継続してからにしましょう。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

薬剤師の資格を持ち、医療・健康・美容についての幅広い知識を基に、一貫した視点で記事作成を行っています。抗加齢医学、カンナビノイド、栄養カウンセリング等、多彩な専門知識を活かした情報提供が魅力です。

ゾビラックス

ゾビラックス

ヘルペス 性病・感染症
5
¥2,380
オセフル

オセフル

その他感染症治療薬 性病・感染症
4
¥4,980