Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

秋バテってどんな病気?睡眠の質を高めることが改善のカギ!?

秋バテ?睡眠の質を高めよう

秋バテってどんな病気?睡眠の質を高めて対策しよう

〈秋は夏に溜まった疲れが一気にきます〉

秋になり、気温が夏に比べて涼しくなっても、夏バテのようなだるさや食欲不振、疲労感が続いていませんか?これらの症状は、現代病とも称される「秋バテ」が原因かもしれません。秋バテという言葉は夏バテほど一般的ではありませんが、実際には夏の疲れが秋になって一気に表れる自律神経の不調から発生します。秋バテに悩む人は少なくなく、その症状は日常生活に影響を及ぼすこともあります。

この記事では、秋バテの基本的な知識や夏バテとの違い、そして対策方法を紹介します。秋の時期に不調を感じている方にとって、これらの情報が役立つことでしょう。

「夏バテ」と「秋バテ」について

夏バテと秋バテの症状

〈夏バテとは〉

夏バテとは、主に8月頃の暑い時期に、体力の低下や食欲不振、体のだるさなどの不調が表れる症状を指します。
この状態は、熱帯夜による睡眠不足や高温多湿による体温調節機能の低下が主な原因で、これにより自律神経のバランスが崩れることで発症します。
暑気あたりとも呼ばれるこの状態では、体力や食欲が低下することが一般的ですが、気温が下がる秋になると通常は自然と解消されることが多いです。

〈秋バテとは〉

秋は夏と異なり、日中と朝夜の気温差が大きく、気温の変動が激しい季節です。秋バテは、夏の終わりから涼しくなる9月下旬ごろ、寒暖差の影響で自律神経に不調をきたし、様々な症状が現れる状態を指します。さらに、秋雨前線の停滞や多くの台風の通過による大気圧の変動も、自律神経のバランスを崩し秋バテを引き起こす要因となります。また、夏の間の冷たい食事や冷房の使用が、秋になって疲労が蓄積し、秋バテにつながることもあります。

秋バテの症状は、夏バテと似ており、食欲不振、胃もたれ、疲労感、だるさ、立ちくらみ、めまい、集中力の低下、寝不足などが挙げられます。症状が重くなると、意欲の減退や精神的な不調も顕著になり、場合によっては「秋うつ」と呼ばれる秋特有のうつ病の原因になることもあります。秋バテによるこれらの症状は、日常生活に大きな影響を及ぼす可能性があるため、適切な対策を取ることが重要です。

夏バテと秋バテの違い

〈「夏バテ」と「秋バテ」は何が違うのか〉

夏バテと秋バテの主な違いは、夏バテが過度の暑さによる疲労であるのに対し、秋バテは夏と秋の気温の変動と寒暖差による疲労が原因であるという点です。どちらの場合も、自律神経の乱れがさまざまな症状を引き起こします。特に秋バテでは、夏の間に受けた頭皮の紫外線ダメージが影響し、夏バテの時期よりも抜け毛が起こりやすいとされています。これは夏の紫外線による頭皮のダメージが、秋になって顕著に現れるためです。

その夏の疲れ、いつまで続く?

〈夏バテの影響で秋も疲れやすい〉

秋バテは夏を健康に過ごした方だけでなく、夏バテを起こした方も引き続き秋バテになることがあります。
秋バテの大きな原因は、秋の寒暖差夏に溜まった疲れにあります。
ヒトの体は体温を一定に保とうとして常にエネルギーを消費しています。
通常であれば体はそのエネルギーの消費に耐えられるのですが、夏から秋に季節が移り替わると同時に気温の寒暖差が激しくなり、体がそれに対応しきれなくなります。
そんな寒暖差の多い秋に、夏バテによって夏の疲れを引きずったまま突入してしまうと、自律神経が悲鳴をあげて、秋バテが起こりやすくなるのです。

秋バテ予防は夏に弱った体を回復させるのが効果的

秋バテの対処法

〈秋バテの対処法〉

秋バテの治療は、原則対症療法です。
症状に応じての治療で、症状が長く続くことがありますので、できるだけ予防に努めることが肝心です。
また、もし秋バテになってしまった時の効果的な対処方法は、体を休めて疲労を回復したり、秋の大きな変化に対応できるだけの体力をつけることです。
栄養バランスのいい食品を摂取し、体の冷えを増長するような冷たいものは控えて温かいお茶などを飲むようにすると秋バテ予防に効果的です。
また、夏から秋にかけてアイスやジュースなど冷たいものを摂取することで内臓が冷えて免疫力が下がり、風邪もひきやすくなっています。できるだけ常温や温かいもの、体を温める食材を取り入れて、体を冷やさないようにするのも効果的です。
過度な運動は疲労に繋がるので厳禁ですが、これらの食習慣に適度な運動を取り入れることは自律神経の機能回復効果が期待できます。
秋の寒暖差対策としては、お風呂にゆったりと入るのもおススメです。体が冷えると秋バテになりやすくなりますし、37~39℃程度のお湯で体を温めるとリラックスできて自律神経が整うといわれています。
これらの方法を用い、十分な休養と栄養補給を行い、体を休めることで高い確率で秋バテを予防することが可能です。

睡眠の質を上げることもポイント

〈良質な睡眠で自律神経が整う〉

睡眠不足は自律神経のバランスを崩し、秋バテの症状を悪化させてしまいます。
逆に、良質な睡眠による疲労回復は秋バテ対策に非常に効果があります。
特に、夏の間は寝苦しくて睡眠不足にありがちですが、秋は日が出ている時間も夏より短くなり涼しくもなってくる季節にこそしっかりと質の高い睡眠をとるのがおススメです。

〈睡眠の質を高めるにはお薬を飲むのもおすすめ〉

睡眠の質を高める方法には、就寝する前には食事をしない、スマートフォンやパソコンに触らない、カフェインの摂取を控えるなど様々な方法がありますが、それらの手段を用いてもなかなか良質な睡眠が得られないという方にはお薬の服用もおすすめです。
秋バテによる睡眠不足には、なかなか寝付けないタイプと寝ても寝つきが悪くてすぐに起きてしまうタイプのものがあります。
それぞれのタイプの睡眠不足におすすめのお薬は以下の通りです。

1.ハイプロン

非ベンゾジアゼピン系といわれるタイプの睡眠薬です。有効成分ザレプロンを配合したソラナのジェネリック医薬品です。
睡眠薬の中でも超短時間型に分類されていて、服用後に速やかに眠気が訪れるので、なかなか寝付けないタイプの睡眠不足の方に適しています。
副作用を起こしにくく、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のように依存症を起こしにくいのが特徴です。

2.ハイプナイト

非ベンゾジアゼピン系といわれるタイプの睡眠薬です。有効成分ザレプロンを配合したソラナのジェネリック医薬品です。
睡眠薬の中でも超短時間型に分類されていて、服用後に速やかに眠気が訪れるので、なかなか寝付けないタイプの睡眠不足の方に適しています。
副作用を起こしにくく、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のように依存症を起こしにくいのが特徴です。

3.メラトニン

メラトニンはもともとヒトの脳内にも存在しているホルモンで、睡眠と覚醒のリズムに関与しています。
こちらの商品はサプリメントですが、有効成分のメラトニンは日本ではメラトベルという医薬品としても承認されています。
睡眠を促す作用はハイプロンハイプナイトと比較してマイルドですが、自然に近い睡眠が得られるといわれています。
そのため、睡眠の質を全体的に高めることができ、寝つきが悪いタイプも夜中に起きてしまう中途覚醒タイプの睡眠不足にも効果があるといわれています。

まとめ

秋バテ対策のポイント

〈秋バテに注意しよう〉

秋バテの注意点とその効果的な対策である睡眠不足解消方法を紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
夏バテ・秋バテ対策は特別なことをする必要はなく、良質な食事・睡眠をとり、ゆったりとリラックスして体を休ませることが何よりも大切です。
そうすることで自然に自律神経が整い、体力は回復していきます。
今年は適切な予防・対策方法で秋バテを解消し、爽やかで快適な秋を満喫してください。

参考文献・情報

関連商品