Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

早漏とは?原因と治し方を解説!早漏防止薬もご紹介

早漏を改善したいけれど、どのように改善したらよいのか分からない方は少なくないはずです。早漏はパートナーとの関係に悪影響を与えたり、自信を喪失したりする大きな問題です。

この記事では、早漏とは何か、どうして起こるのか、治すにはどうしたらよいのかを解説します。また具体的な早漏防止薬もご紹介します。これを読めば早漏への対策が理解できるでしょう。男性自身およびパートナーが満足のいく性交を行うために、役立ててみてください。

早漏とは?何が原因で起こるの?

早漏とは、男性自身またはパートナーが望むよりも早く射精してしまい、カップルに苦痛が生じる状態です。膣内挿入前または挿入後1分以内に射精してしまうことが多いのが特徴です。ただし射精までの時間は目安であり、1分以上であっても男性自身やパートナーが満足できないなら早漏といえるでしょう。

成人男性の平均的な射精までの時間は5~7分、女性が希望する挿入時間の平均は15分と大きなギャップがみられます。早漏はパートナーとの関係に悪影響を与えたり、自信を喪失したりする原因の一つです。海外では、性行為の満足度が低いことが離婚の正式な理由として認められています。

早漏は病気ではなく、大半は性的経験の不足、不安や心理的要因が原因でおこります。性に関する無知、失敗することに対する不安、パートナーを喜ばせようとする過度の配慮、コミュニケーション不足などが誘因です。性行動・性反応がスムーズに運ばず、心理的に挫折してしまい、早漏をきたします。また陰茎の皮膚が非常に敏感なことが原因となることもあります。

性的経験が少ない方、アスリートなどの運動時間が長い方、亀頭刺激に敏感な包茎の方に多くみられ、20~30歳代の健康な若者に多くみられます。陰茎に対する性的な刺激が脳に達する前に射精してしまう状態です。さらに筋肉の衰えにより射精までの時間が短くなる衰弱性早漏もあります。加齢、運動不足、男性ホルモンの低下などの原因でおこり、40~50代の男性に多くみられる状態です。射精管閉鎖筋(精液の出口をふさぐ筋肉)が衰え、筋肉で精液を押し出す力も減少します。

心因性による早漏の解決方法は?

セックス・セラピー、ストップ・スタート法、セマンズ法、早漏防止薬について解説します。

~セックス・セラピー(ST)~

まず試みるべき方法です。

ただし心理的要因がそれほど重要性をもたない性心理機能障害が対象であり、性同一性障害や同性愛などは心理的要因が大きく、STの対象となりません。

後者の場合は、精神療法および行動療法的なアプローチが必要です。

また不安障害・うつ状態などの場合は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬などで治療します。

STの概略を示します。

  • カップルで気軽に楽しんでセックスすることを学習する
  • 回避していた性体験を行うことで、性的葛藤を解消する
  • カップルが互いに感情を伝達しあい、本当に何を欲し、どう感じているかを話し合う
  • 性に対するネガティブな考え方を変化させていく

例えば性行為の前に早漏を相手に伝えてしまうのも一法です。

女性の半分以上は、遅漏は嫌だけれど、早漏は気にしないというデータがあります。

男性はクンニリングスなどの前戯を頑張るほうが、女性にとっても満足を得られやすいでしょう。

~ストップ・スタート法~

自己刺激またはパートナーの手や口での刺激で射精直前の感覚をとらえたら、ただちに刺激をストップし、興奮が治まったら再びスタートします。

これをくり返し、4回目に射精するトレーニング方法です。

刺激法は、手、口、乳液を使った手、膣と段階をあげていきます。

~セマンズ法~

ストップ・スタート法でうまくコントロールできないときに使う方法です。

射精直前の感覚を覚えた時、亀頭冠を指で圧迫して射精を遅らせ、徐々に射精までの時間を伸ばしていきます。

~タポキセチンによる薬物療法~

タポキセチンは、脳内のセロトニン濃度を高めて過剰な興奮を抑え、意図しないタイミングでの射精を予防し、射精時間を延長させる効能があると考えられています。タポキセチン30mgを性行為の約1~3時間前に服用してください。

詳細は下記のリンクページを参照してください。

1.ポゼット

2.スーパーカマグラ

3.スーパータダライズ

敏感性による早漏の解決方法は?

セックスの経験を重ねることで、刺激に慣れて改善する場合があります。即効性がある解決方法は、陰茎や亀頭に局所麻酔スプレー「キシロカインスプレー」「メガマックススプレー」、局所麻酔軟膏・クリーム「キシロカインゼリー」を使用することです。陰茎や亀頭の感度を鈍らせて射精までの時間を遅らせられます。

また早漏防止コンドーム「カーマスートラロングラスト」もおすすめです。このコンドームには、局所麻酔薬であるベンゾカインがゴムの内側に注入されており、陰茎や亀頭の感度を鈍らせます。コンドーム自体も陰茎や亀頭への刺激を和らげるため、一石二鳥です。

次に早漏防止薬であるタポキセチンを用いるとよいでしょう。「心因性による早漏の解決方法は?」の段落を参照してください。さらに刺激に慣れさせるトレーニングストップ・スタート法も行ってください。「心因性による早漏の解決方法は?」の段落を参照してください。

衰弱性による早漏の解決方法は?

まずED治療薬の使用をおすすめします。ED治療薬は、多くの血液を陰茎に集め、勃起力が増して硬くなります。陰茎が硬くなれば、性的刺激が緩和されて、射精までの時間が長くなるのです。またタポキセチン内服薬を用いるとよいでしょう。「心因性による早漏の解決方法は?」の段落を参照してください。

内部リンク先:「ビッグRXプラス」、「スーパーカマグラ」、「スーパータダライズ」、「ポゼット

さらに骨盤底筋(肛門付近にあり勃起や射精時に使用する筋肉)を鍛えてください。肛門をギュッと締めて緩めることをくり返すトレーニングです。いつでもどこでも行えますので、1日300回くらい繰り返すとよいでしょう。

早漏防止薬の購入方法とは?

早漏防止薬は、医療機関で処方してもらえますが、不妊治療の場合を除いて保険適応外であり、コストが相当にかかるのがデメリットです。日本国内の薬局では購入できず、外国から個人輸入する必要があります。最も有名なのは、早漏防止薬であるプリリジーやバイアグラですが、もっとコスパのよいジェネリックがおすすめです。ただしジェネリックは偽造品がみられるため、信頼できる製薬会社ならびに輸入業者から購入してください。

早漏防止薬の副作用とリスクについて

他の薬と同様に、早漏防止薬・局所麻酔薬には副作用・禁忌・注意事項があります。まったく安全な薬はどこにもありません。ただし問題となるケースは限られており、若い方で、持病はなく、使用中の薬もない方は、あまり気にしなくても大丈夫です。

内服薬と局所麻酔薬の併用もできます。なお使用量や使用法は下記のリンクページをご覧ください。持病があって治療中の方は、必ず主治医と相談してから使用してください。局所麻酔薬の場合も同様に相談が必要です。特に禁忌の方が使用すると重大な副作用がみられることがあります。また服用中の薬と、のみ合わせが悪いケースも注意が必要です。

この記事でご紹介した早漏防止薬の使用法・副作用・禁忌・注意事項は、以下のリンクページをご覧ください。

1.ポゼット

2.ビッグRXプラス

3.スーパーカマグラ

4.スーパータダライズ

5.キシロカインスプレー

6.メガマックススプレー

7.キシロカインゼリー

8.カーマスートラロングラスト

まとめ

早漏とは、男性自身またはパートナーが望むよりも早く射精してしまい、カップルに苦痛が生じる状態です。心因性、敏感性、衰弱性の早漏があり、セックス・セラピー、ストップ・スタート法、早漏防止薬、ED治療薬、局所麻酔薬などで治療できます。

早漏の種類解決策
心因性による早漏セックス・セラピー
ストップ・スタート法
セマンズ法
早漏防止薬
敏感性による早漏局所麻酔薬
カーマスートラロングラスト
早漏防止薬
ストップ・スタート法
衰弱性による早漏ED治療薬
早漏防止薬
骨盤底筋の鍛錬

早漏防止薬・ED治療薬は、日本国内の薬局では購入できず、外国から個人輸入する必要があります。

今回ご紹介しました薬は、すべて信頼できる製薬会社で製造されたジェネリックであり、安心してご利用いただけるかと思います。

参考文献・情報

関連商品