Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

新型コロナワクチン後遺症と新たな解毒法「イベルメクチン」

コロナワクチンの解毒法にイベルメクチン

新型コロナワクチン後遺症と新たな解毒法「イベルメクチン」

新型コロナウイルスのワクチンは、世界中で多くの人々の命を救ってきました。しかし、最近の研究によると、これらのワクチンが予想外の副作用を引き起こす可能性があることが示されています。特に注目されているのは「自己免疫症候群」という、体の免疫システムが自分の体を攻撃してしまう状態です。

「ネイチャー」誌に掲載された新しい研究報告によると、新型コロナワクチンがこのような自己免疫の問題を引き起こす可能性があると指摘されています。これは、ワクチンの特定の設計が、人の免疫システムに予期しない反応を引き起こすことによるものかもしれません。さらに、ワクチンによって誘発された過剰なスパイクタンパク質の生成が、身体の組織や臓器全体に炎症や血栓を引き起こすことも指摘されています。

こういった情報は難しいかもしれませんが、私たちはワクチンの安全性と効果について、正確で理解しやすい情報を提供することが大切です。このコラムでは、科学的な研究結果をもとに、新型コロナワクチンと自己免疫症候群の関連について、分かりやすく解説していきます。また、ワクチン接種後の副作用として知られる症状に対処するための潜在的な解決策として、イベルメクチについても触れていきます。 ワクチン接種後の自己免疫症候群に関心がある、またはそれによって影響を受けている方々にとって、この情報は特に重要かもしれません。この記事を通して、ワクチンに関する最新の知見を得て、自分や家族の健康を守るための参考にしてください。

新型コロナワクチンの影響 – 科学的証拠と実際の症例

新型コロナワクチンは、世界中で急速に開発され、多くの命を救う手段として広く使われています。しかし、最新の科学的研究によって、このワクチンに関連する新たな問題が浮き彫りにされています。

まず、世界的に権威のある科学雑誌「ネイチャー」に掲載された論文が注目を集めています。この研究では、新型コロナワクチンの設計に関する問題点が指摘されており、それが自己免疫症候群の発症につながる可能性が示唆されています。自己免疫症候群は、本来は体を守るべき免疫システムが、誤って自身の体の一部を攻撃してしまう状態を指します。

参考サイト:N1-methylpseudouridylation of mRNA causes +1 ribosomal frameshifting|PubMed

自己免疫症候群とは?

さらに、広島大学医学部の研究チームが行った調査からも、気になるデータが報告されています。ワクチン接種後に亡くなった人々の遺体が、通常よりもかなり高い体温を示していたのです。この現象は、ワクチンによって引き起こされる可能性のある「免疫の暴走」に関連していると考えられています。通常、人が亡くなると、遺体の体温は徐々に下がり、周囲の温度に近づきます。しかし、この研究では、ワクチン接種後に亡くなった人々の遺体が、死後も異常に高い体温を保っていたことが確認されました。

参考サイト:体温計に残された41.5℃”の表示…法医学の専門家が指摘する”免疫の暴走”|TBS NEWS DIG

これらの研究結果は、新型コロナワクチンが持つ潜在的なリスクについて私たちに警鐘を鳴らしています。これらの知見は、今後のワクチンの安全性に関する議論や、個々人の健康管理の方法に大きな影響を与える可能性があります。

ワクチン接種後の死亡者数の増加と免疫不全 – 数字と現実が語る警告

新型コロナワクチンの影響について、実際の数字をもとにより深く見ていきましょう。

事例1: ワクチン接種後の変化 – 死亡者数の急増をどう解釈するか

新型コロナウイルスのワクチン接種が全世界で進む中、一部で注目されているのが、死亡者数の増加とワクチン接種との間の関連です。厚生労働省が公開した2022年の人口動態統計によると、2020年から死亡者数が顕著に増加しています。特に、2022年の死亡者数は前年比で約13万人増加し、158.2万人に達しました。これは過去最多の記録です。

死亡者数増加の推移グラフ

このデータを見ると、2020年の死亡者数は前年よりも減少していましたが、2021年には再び増加し、2022年にはその増加幅がさらに大きくなっています。特に2022年の12月の死亡数は、コロナの流行が始まってから最も多い月となりました。 2023年に関しても同様の数になると言われています。一方で、この増加に対して明確な説明がなされていないのが現状です。一部の医師からはワクチン接種が死亡者数の増加に影響を与えているとの指摘があります。

参考サイト:人口動態統計|厚生労働省
参考サイト:戦後最悪になった「超過死亡数」の原因はワクチン接種なのか?|JBpress

事例2: ワクチン接種後の免疫不全 – 科学と市民の懸念

新型コロナワクチン接種による潜在的な影響の中で、特に注目されているのが免疫不全の状態です。東京都医学総合研究所などの研究によると、ワクチンに含まれる「免疫抑制剤シュードウリジン」の反復投与が免疫低下、免疫寛容、さらには免疫不全状態を引き起こす可能性が示唆されています。

免疫不全とは、体の防御機能が正常に働かなくなる状態を指し、これにより、通常ならば問題とならないような感染症に対しても体が弱くなります。例えば、帯状疱疹やインフルエンザ、溶連菌感染症などが、ワクチン接種後に増加している可能性があります。

この現象は、免疫抑制剤であるステロイドの使用が免疫機能を低下させるのと同じ作用機序によるものと考えられています。ステロイドは、一定の状況下で医療において有効な治療法ですが、その副作用として免疫機能の低下が知られています。

この免疫不全の問題について、科学者や医療専門家からの明確な回答がないことが、市民の間で懸念を引き起こしています。一部では、ワクチン推進派の医者や科学者が、これらの質問や懸念に対して満足のいく答えを提供していないとの声が上がっています。 このような状況は、ワクチン接種のリスクに関する公開討論の必要性を強調しています。市民の声と科学的研究の両方を考慮に入れ、ワクチンの安全性と効果に関する透明性のある情報提供が求められています。

参考サイト:mRNAワクチンの反復接種はSARS-CoV-2の免疫回避を促進する|東京都医学総合研究所

イベルメクチン – ワクチン後遺症の解毒法

新型コロナウイルスワクチンの接種後、多くの人が様々な後遺症に苦しんでいます。科学者たちは、これらの後遺症がワクチンによって引き起こされる過剰なスパイクタンパク質の生成、それに伴う炎症や血栓の形成と関連している可能性があると指摘しています。スパイクタンパク質は、ウイルスが人間の細胞に感染する際に重要な役割を果たす部分です。このたんぱく質は、ウイルスの外側にある「トゲ」の部分で、人間の細胞と結合して感染を引き起こします。

このような状況の中、イベルメクチンがワクチン後遺症の潜在的な治療法として注目されています。FLCCC(新型コロナ救命治療最前線同盟)によるとイベルメクチンは、その抗炎症作用やスパイクタンパク質の排除を助ける機能を持っています。具体的には、イベルメクチンはスパイクタンパク質に結合し、体内からの排除を促進する可能性があります。特に、イベルメクチンの試験が治療の一環として検討されることが推奨されています。

イベルメクチンの服用方法・飲み方

体重服用量
15-24 kg12mg:1/4錠
25-35 kg12mg:1/2錠
36-50 kg12mg:3/4錠
51-65 kg12mg:1錠
66-79 kg12mg:1錠+1/4錠
80 kg以上12mg:1錠+半錠~

イベルメクチンの使用量は、体重に応じて0.2~0.3mg/kgで、通常は最大4~6週間の服用が推奨されています。この治療法には、食事とともに、または食事の直後にイベルメクチンを服用することが最適とされています。

治療に関する最新の情報や詳細は、FLCCCのウェブサイトで確認できます。

参考サイト:POST-VACCINE TREATMENT PROTOCOL|FLCCC

お薬市場ではイベルメクチンを含む商品を取り扱っています。気になる商品がある方は是非チェックしてみてください。

関連商品