Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

アダフェリン

メーカー

Galderma India Pvt Ltd

種類:

0.1%(15g入り)

数量:

1本

定価¥3,000

¥2,580

3本

定価¥9,000

¥6,710

6本

定価¥18,000

¥12,480

12本

定価¥36,000

¥22,800

☆お薬市場スタッフからのおすすめポイント☆

  • 日本の皮膚科でもニキビ治療薬として処方されているディフェリンゲルのジェネリック医薬品で、ニキビでお悩みの方におススメです。
  • アダフェリンはニキビ治療に有効で、その有効成分アダパレンは臨床試験で高い効果と安全性が確認されています。
  • アダフェリンは外用抗菌薬クリンダマイシンゲルや保湿剤ヒルドイドジェルと併用することで、効果をより高めることができます。

商品説明

商品概要

商品名 アダフェリン(Adapalenegel)
内容量 1本/15g
効果・効能 ニキビの改善
用法・用量 1日1回、適量
有効成分 アダパレン
形状・剤形 ジェル
副作用 乾燥、赤み、肌のかゆみ
メーカー Galderma India Pvt Ltd
発送国 インドなど

特徴

アダフェリンは尋常性ざ瘡(ニキビ)治療薬で、有効成分アダパレンを0.1%含有しています。主に毛穴の詰まりとアクネ菌の増殖を防ぐ効果があります。アダフェリンは毛穴を広げ、皮脂を外に出し、アクネ菌の増殖を抑制し、これによりニキビの発生と炎症を防ぎます。

このジェルは、様々な段階や種類のニキビに対応可能で、特に炎症前と炎症後のニキビに効果を発揮します。利用者の80%以上が、アダフェリンの使用でニキビの症状が改善されることを実感しており、臨床試験でも84.5%の患者が12ヶ月でニキビを半分以下に減らせることが確認されています。

さらに、アダフェリンは強力なピーリング効果をもたらし、ニキビを根本から改善するだけでなく、新しいニキビの発生をも抑制します。日本ではディフェリンゲルという名前で知られ、皮膚科とニキビ専門医でも使用されている信頼性の高いニキビ治療薬です。

アダフェリンはインドの大手医薬品企業であるガルデルマ社が製造しています。ガルデルマ社は、化粧品メーカーのロレアルと食品メーカーのネスレが共同出資した医薬品メーカーです。

有効成分アダパレンは臨床試験結果で高い効果と安全性を実証済み

アダフェリン(またはディフェリンゲルとしても知られている)は、尋常性ざ瘡(通常のニキビ)に対する効果的な治療薬であり、その有効成分アダパレンは臨床試験において高い効果を実証しています。

臨床試験①

12歳から15歳までの200名の尋常性ざ瘡患者を対象に、アダフェリン0.1%、0.03%および他のゲル剤を1日1回12週間にわたり塗布する無作為化並行用量反応試験が行われました。非炎症性皮疹、炎症性皮疹および総皮疹(非炎症性と炎症性の混在)において、アダフェリン0.1%は他のゲル剤よりも優れた効果を示し、特に炎症性皮疹においてはアダフェリン0.1%が0.03%よりも明確な効果を示しました。

臨床試験②

別の臨床試験では、ディフェリンゲルの12ヶ月間の連続使用により、患者の84.5%が元の状態と比較してニキビの数を半分以下に減少させることに成功しました。さらに、減少率が75%以上の患者は全体の58.9%を占めました。

12ヶ月間の試験期間中に重篤な副作用は確認されず、患者は1日1回、就寝前に洗顔後に薬剤を塗布していました。これにより、アダフェリンやディフェリンゲルの長期間にわたる有効性と安全性が実証されました。

これらの結果に基づき、アダフェリンは、特に炎症を起こす前と起こした後のどちらのニキビにも効果を発揮し、日本ではディフェリンゲルという名前で販売されており、皮膚科やニキビ専門医によっても推奨されています。また、試験におけるニキビの減少率は、アダフェリンの効果の高さをさらに裏付けるものとなっています。

ニキビ外用抗菌薬と保湿剤との併用がおすすめ

アダフェリンはニキビ治療に効果的な外用薬であり、特に炎症性のニキビに対しては外用抗菌薬や保湿剤と併用することで効果をより高めることができます。

外用抗菌薬とおすすめ商品

  • アダフェリンは毛穴の角栓や余分な皮脂を取り除き、アクネ菌の増殖を抑える効果があります。より効果を高めるためには、クリンダマイシンを含む外用抗菌薬クリンダマイシンゲルと併用することが推奨されています。クリンダマイシンゲルはアクネ菌の増殖を抑制し、アダフェリンとの併用により炎症を素早く鎮めることが可能となります。
  • クリンダマイシンゲルの商品ページはこちら

保湿剤とおすすめ商品

  • アダフェリンは角層を薄くする作用を持っており、白ニキビや黒ニキビの治療に効果的です。しかし、塗り始めの1~2週間は皮膚が赤くなるや乾燥することがあるため、保湿剤ヒルドイドジェルとの併用が推奨されています。ヒルドイドジェルを先に塗布し、その後にアダフェリンを塗布することで、副作用を緩和することが可能です。
  • ヒルドイドジェルの商品ページはこちら

アダフェリンはこんな方におすすめ

アダフェリンがおすすめな方の特徴について解説します。次の2つに当てはまる方はアダフェリンをおすすめします。

ニキビでお悩みの方

アダフェリンを塗ることで、毛穴に皮脂が詰まるのを防止する効果が期待できます。そのため、ニキビを防止したい方におすすめです。

ニキビケアをしても効果が得られなかった方

「今までさまざまなニキビケアを試してきたけど効果が得られなかった…」

このような方は1度お試しください。アダフェリンは、日本の皮膚科でもニキビ治療薬として処方されているディフェリンゲルのジェネリック医薬品です。そのため、安全かつ効果が得られやすいとされています。

効果・効能

アダフェリンを服用することで、アダパレンの作用により、毛穴に皮脂が詰まるのを防止する効果があります。

アダフェリンでニキビが改善できる仕組みとは?

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで発生しやすくなります。毛穴の詰まりは、トランスグルタミナーゼと呼ばれる酵素が、皮膚の角質を厚くすることで発生します。

アダフェリンを塗ることで、トランスグルタミナーゼの作用を阻害し、毛穴の詰まりが防止できるのです。

使用方法・塗り方

1回の用量 適量
1日の服用回数 1回
服用間隔 24時間
服用のタイミング 就寝前

夜に洗顔して清潔な状態にしてから、ジェルを適量とり顔に塗布してください。

翌朝、洗顔して成分を洗い流す必要があります。

顔以外には使用しないでください。塗布箇所に傷や粘膜があると効果が得られない場合があるため注意が必要です。

ジェルを塗布する場合は洗顔後、メイクを落とした状態にする必要があります。また肌に水分が残っていると効果が得られない場合があるため、塗布する際は、必ず水気をタオルなどで拭き取ってください。

ニキビの改善には時間がかかります。アダフェリンを使用してから3ヶ月は様子を見るようにしてください。もし3ヶ月使用しても効果が感じられない場合は使用を控えてください。1日の上限使用回数は1回です。2回以上しても効果が得られない場合がありますので、注意してください。

使用時の注意事項

  • 使用する場合は、夜、洗顔した後に水気をしっかり拭き取って、清潔な状態でジェルを適量塗布してください。翌朝は、必ず洗顔して成分を落としてください。
  • 粘膜や傷のある場所には使用できませんので、注意してください。
  • 万が一顔以外に塗布した場合、副作用が起こる場合があるため、注意しておきましょう。

保管方法

  • アダフェリンを保管する場合は、直射日光がある場所は避けてください。
  • 高温多湿な場所やお子様が手の届く場所も適しません。注意しましょう。
  • 使用後は、必ずジェルの蓋を締め、菌やホコリが入らないようにしてください。

有効成分

アダフェリンの主成分であるアダパレンは、皮膚の角質化を阻止し、毛穴の詰まりを改善する効果があります。アダパレンは、毛穴が狭くなり、皮脂の滞留やアクネ菌の増殖を防ぐことで、ニキビの発生と進行を抑制します。これは炎症性のニキビだけでなく、非炎症性のニキビや微小面皰(まだニキビに至っていない状態)の改善、ニキビ予防にも効果があります。

アダパレンは表皮のレチノイン酸受容体(RAR)に結合し、顆粒細胞の角化を抑制するタンパク質の生産を促進します。この作用により、毛穴を詰まらせている角質層が徐々に薄くなり、皮脂やアクネ菌の排出が促進されます。これが、面皰や炎症を伴うニキビの改善につながります。

このアダパレンの作用は、レチノイド(ビタミンA誘導体)に似ているため、レチノイド様作用ともよばれています。

アダパレンの働きにより、ニキビの発生を防ぎながら、既存のニキビも治療することが可能です。特に、アダフェリンは皮膚のターンオーバーを促進し、角質層を健康に保つことで、長期的なニキビの予防と改善が期待できます。

副作用

アダフェリンの主な副作用としては、以下が挙げられます。

  • 乾燥
  • 赤み
  • 肌のかゆみ

一時的に上記の副作用が出る場合は問題ありません。一方で症状が長期化する場合や違和感、不快感などが続く場合は、使用を控えてください。

症状が改善しない場合は、速やかに医療機関を受診してください。

注意事項

アダフェリンを使用してはいけない人

  • 妊娠中の方や妊娠している可能性のある方
  • 肌に湿疹や切り傷、すり傷などがある方
  • 敏感肌の方
  • 過去にアダフェリンに含まれる成分にアレルギー症状を起こしたことのある方

上記の方は使用を控えてください。

参考サイト

よくあるご質問

Q:アダフェリンを塗布するタイミングはいつですか?

A:夜、洗顔後に塗布してください。

Q:アダフェリンでニキビが改善できる仕組み?

A:アダフェリンを塗ることで、トランスグルタミナーゼの作用(皮膚の角質を厚くして皮脂を詰まらせる)を阻害し、毛穴の詰まりが防止できるのです。

Q:アダフェリンを服用してどのぐらいで効果が得られますか?

A:およそ3ヶ月程度で効果が得られるとされています。

Q:どんな副作用が考えられますか?

A:肌の乾燥や赤み、かゆみが想定されます。症状が長引く場合は、医療機関を受診してください。

Q:使用を控えるべき人の特徴があれば教えてください。

A:以下の人は使用を控えてください。

  • 妊娠中の方や妊娠している可能性のある方
  • 肌に湿疹や切り傷、すり傷などがある方
  • 敏感肌の方

Q:効果や副作用の感じ方に個人差があるのは本当ですか?

A:本当です。人によって効果が出やすかったり、副作用が出やすかったりします。

Q:アダフェリンを購入する際、どういった手段がありますか?

A:通販、個人輸入代行業者から購入可能です。

Q:製薬会社のガルデルマ社ってどんな会社ですか?

A:インドの大手医薬品企業です。化粧品メーカーのロレアルと食品メーカーのネスレが共同出資した医薬品メーカーです。

Q:ジェネリック医薬品とはなんですか?

A:ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終了した後に、他の製薬会社から同様の有効成分を使って開発され、国が安全性や有効性を承認した医薬品のことです。

Q:毎日欠かさず塗布する必要がありますか?

A:あります。塗布しない日があると、効果が薄れる可能性があるため、注意してください。

Q:塗布を増やすことで、より効果が増大するのですか?

A:増大しません。1日で塗布可能な回数は1回までです。

Q:アダフェリンは安全なのですか?

A:有効成分であるアダパレンを含むニキビ治療薬は皮膚科でも処方されているため、安全であるとされています。

レビュー・口コミ

2023年6月8日

病院処方のものを使っていましたが、ネットで買ってこんなに効果があるならもっと早くネットで買うべきでした。これからもリピートさせていただきます。ほかにも良さそうなのがあったので、色々試してみたいです。

サブウェイ さん

2023年2月3日

前は皮膚科で薬を処方してもらっていましたが、なかなか病院に行く時間が取れず…。ここでは思ったほど高くないし病院に行くよりはるかに楽です。ニキビ体質なので持っておくと安心します。

たかみー さん

2021年12月1日

アダフェリンで肌が変わった!皮膚科に行かなくても良いのが楽!!これからも続けます。

mei さん

2021年2月12日

ニキビに悩んでいた私にとって、アダフェリンは救世主のような存在。短期間で肌の変化を実感し、今は自信を持って人と接することができます!

あすか さん

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1989年4月15日
趣味:ヨガ、料理(ヘルシーなレシピ開発と世界の料理を試すこと)
経歴:薬学部卒業後、国内外の製薬会社での研究職を経て、医学・薬学ジャーナリストへ転職。その後、出産を機に研究者としての経験を生かし、お薬市場スタッフに転身した一児のママ。専門的な内容をわかりやすく解説する記事が魅力です。

ダイトール

ダイトール

むくみ解消 美容・スキンケア
6
¥2,980
ノルパック

ノルパック

アフターピル 避妊
4
¥2,480