Loading…

お知らせ:[2024-05-27] 【重要】ドメイン変更完了のお知らせ

もっと見る

エストラヒール

種類:

2㎎

数量:

28錠

¥2,880

56錠

¥4,580

84錠

¥6,380

商品説明

商品概要

商品名 エストラヒール(estraheal)
内容量 1箱/28錠
効果・効能 更年期障害の治療
用法・用量 1日1回、1mg
有効成分 エストラジオール吉草酸エステル
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 性器分泌物、性器不正出血、乳房不快感、頭痛、消化器症状
メーカー Healing Pharma
発送国 香港

エストラヒールの特徴

エストラヒールは、有効成分「エストラジオール吉草酸エステル」と呼ばれる卵胞ホルモンであるエストロゲンと同じはたらきをする成分が含まれた女性ホルモンのバランスを整えるホルモン薬です。プロギノバの海外製ジェネリック医薬品です。

特に、加齢が原因により減少した女性ホルモンの分泌量に影響を与えることで、更年期障害による症状を改善します。

エストラヒールはこんな方におすすめ

エストラヒールの購入を検討されている方向けに、薬の効果を実感しやすい対象を紹介していきますので参考にしてみてください。

更年期症状で悩んでいる方

閉経をすると女性は女性ホルモンが減少して、更年期障害となってホットフラッシュ、発汗などの症状が出ることがあります。そのような、変化に悩んでいる方がエストラヒールを服用することで、急激な女性ホルモンの変化を緩やかにしていきます。

骨粗鬆症を予防したい方

骨粗鬆症は、女性ホルモンが減少することで起きやすいことから、多くの場合女性になりやすい骨の疾患とされています。骨折してから気づくこともあるため事前に予防したい方にもエストラヒールはおすすめです。

エストラヒールの効果・効能

エストラヒールは、有効成分エストラジオール吉草酸エステルを含んでいる女性ホルモンの薬です。卵胞ホルモンであるエストロゲンと同じはたらきをする成分 を補うことで、年齢による卵巣機能の低下で不足したエストロゲンを補い、乱れていた女性ホルモンのバランスを正常な状態へ整えます。これによって、閉経後の更年期障害を和らげていきます。

エストラヒールの服用方法・使用方法

1回の用量 1mg
1日の服用回数 1日1回
服用間隔 24時間
服用のタイミング 毎日決まった時間

エストラヒールは、必要に応じて1日2mgまで増量することができます。

もしエストラヒールの飲み忘れに気づいた場合には、服用時間から12時間以内の場合はすぐに服用してください。

気づいたときに12時間以上過ぎている場合には、忘れた分の錠剤は服用しないで同じ量を次に服用してください。

エストラヒールの有効成分

エストラヒールは、有効成分「エストラジオール吉草酸エステル」を含有しており、更年期によって減少していく、卵胞ホルモンのエストロゲン製剤です。ホルモン補充療法(HRT)として用いられる薬でもあるため、 更年期障害によるホットフラッシュ、発汗、膣萎縮症状などを改善していき、閉経後骨粗鬆症を予防する効果も期待できます。

エストラヒールの副作用

エストラヒールの主な副作用としては、以下が挙げられます。

  • 性器分泌物
  • 性器不正出血
  • 乳房不快感
  • 頭痛
  • 消化器症状

万が一、エストラヒールの服用中に、上記以外の副作用が出た場合には、速やかに医療機関を受診してください。

エストラヒール使用上の注意事項

エストラヒールの使用に注意する人

  • 乳癌、血栓症の家族歴がある方
  • 心疾患を患っている方
  • てんかんを患っている方
  • 軽度の高血圧の方
  • 早期に閉経した方

エストラヒールを使用してはいけない人

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌)を患っている方
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方
  • 乳癌歴のある方
  • 動脈性の血栓塞栓疾患を患っている方
  • 妊娠中、授乳中の方
  • 腎障害のある方
  • 妊娠ヘルペスの方
  • 糖尿病の方
  • 高血圧の方

エストラヒールの併用禁忌

  • 現在、特に報告されておりません

エストラヒールの併用注意薬

  • 抗生物質
  • 逆転写酵素阻害薬
  • 抗痙攣薬
  • HIVプロテアーゼ阻害剤

子宮を有する女性に投与する場合は、 子宮内膜癌予防の見地から原則として黄体ホルモン剤を併用することとされています。

他のホルモン補充療法から本剤に切り替える場合、周期的投与法では治療周期の最終日以降に、逐次的投与法では休薬の後に、本剤の投与を開始するようにしてください。

参考サイト

エストラヒールに関するよくあるご質問

Q:更年期障害はエストラヒールのような薬で治すことはできますか?

A:更年期障害は閉経前後の女性ホルモン分泌の低下によるホルモンバランスの変化によって起きます。エストラヒールで分泌が低下したホルモンを補うことで、ホルモンバランスを整えて更年期障害の症状を和らげることができます。

Q:エストラヒールのようなお薬は一生飲み続けなければならないのでしょうか?

A:治療薬を服用する期間に関しては、個人差があります。症状が治まり、薬の服用をやめても症状が現れない場合は、そのまま服用しなくてもよくなるケースもあります。

Q:エストラヒールのような更年期障害に使う治療薬は使うと太りますか?

A:薬の服用によって、むくみが出やすくなって太っているように見えることがあります。しかし、こちらも個人差があります。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

薬剤師の資格を持ち、医療・健康・美容についての幅広い知識を基に、一貫した視点で記事作成を行っています。抗加齢医学、カンナビノイド、栄養カウンセリング等、多彩な専門知識を活かした情報提供が魅力です。

オブラルG

オブラルG

ホルモン剤 低用量ピル 更年期障害 緊急避妊薬(アフターピル) 避妊薬
2
¥2,080
エリアス

エリアス

アレルギー アレルギー性鼻炎
2
¥3,480