Loading…

お知らせ:[2024-07-10]【お知らせ】メール履歴機能の追加

もっと見る

リザクト

メーカー

Cipla

種類:

5mg

10mg

数量:

40錠

¥11,080

80錠

¥20,480

120錠

¥29,800

商品説明

商品概要

商品名 リザクト(Lonitab)
内容量 1箱/40錠、1シート/4錠
効果・効能 片頭痛の緩和
用法・用量 頭痛の際に10mgを服用、必要に応じて2時間以上間隔をあけて追加服用
有効成分 リザトリプタン
形状・剤形 錠剤(経口服用タイプ)
副作用 傾眠、倦怠感、脱力、めまいなど
メーカー Cipla
発送国 インドなど

リザクトの特徴

片頭痛治療薬

リザクトは、Ciplaが製造する片頭痛治療薬で、マクサルトのジェネリック医薬品です。有効成分リザトリプタンを配合しており、片頭痛の発作時に速やかな効果を発揮します。

主な特徴

  • 即効性: リザクトは発作時にすぐに効果を発揮し、短時間で片頭痛を緩和します。
  • 選択的な用量: 5mgと10mgの2つの用量から選べるため、個々の症状に最適な量を選択できます。
  • 携帯性: 錠剤タイプで持ち運びが便利。必要な時にすぐに服用できます。

リザクトはこんな方におすすめ

リザクトは、次のような方におすすめです。

  • 頻繁に片頭痛に悩まされている方
  • 即効性のある片頭痛治療薬を探している方
  • 片頭痛の発作を迅速に抑えたい方
  • 常備薬として手軽に持ち運びたい方

リザクトは、片頭痛の発作に迅速に対応できる薬剤として、多くの方におすすめです。特に、日常生活において急な片頭痛に悩まされる方にとって、即効性と携帯性に優れたリザクトは最適な選択肢です。

リザクトの効果・効能

主な効果・効能

  • 速やかな症状緩和: リザトリプタンが頭蓋血管に作用し、迅速に片頭痛の痛みを軽減します。
  • 血管収縮の抑制: 片頭痛の原因となる血管拡張を抑えることで、痛みの発生を防ぎます。
  • 神経伝達物質の抑制: 痛みの信号を伝える神経伝達物質の放出を抑制し、痛みを効果的に緩和します。

リザクトの服用方法・使用方法

1回の用量 10mg
1日の服用回数 1〜2回
服用間隔 2時間以上間隔
服用のタイミング 片頭痛の発作時に速やかに服用

片頭痛の発作が現れたら、できるだけ早く10mgを服用します。

追加服用

効果が不十分な場合は、2時間以上間隔をあけて追加服用が可能です。1日最大20mgまで服用できます。

常備薬として

リザクトは頓服薬として使用されるため、毎日服用する必要はありません。症状が現れた際にのみ使用してください。

リザクトの保管方法

  • 直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
  • 子供の手の届かない所に保管してください。

リザクトの有効成分について

リザトリプタンの効果

リザクトの有効成分はリザトリプタンです。リザトリプタンは片頭痛の治療において非常に効果的な成分で、セロトニン受容体に作用して血管の拡張を抑制し、片頭痛の症状を緩和します。

リザトリプタンのメカニズム

リザトリプタンは5-HT1Bおよび5-HT1D受容体の作動薬です。これらの受容体は脳の血管および三叉神経に存在します。

  • 血管収縮作用:片頭痛の主な原因の一つは、脳の血管が異常に拡張することです。リザトリプタンは5-HT1B受容体に結合し、血管の収縮を促します。これにより、異常な拡張が抑制され、痛みの原因となる圧力が軽減されます。
  • 神経伝達物質の抑制:片頭痛はまた、三叉神経が痛みの信号を過剰に送ることによって引き起こされます。リザトリプタンは5-HT1D受容体に作用し、三叉神経からの神経伝達物質の放出を抑制します。これにより、痛みの信号が減少し、痛みの感覚が緩和されます。

効果の発現と持続時間

  • 即効性: リザトリプタンは服用後速やかに吸収され、通常30分から1時間以内に効果が現れます。
  • 持続時間: 効果は約4〜5時間持続します。これは、片頭痛の症状を効果的に緩和し、日常生活の支障を減少させます。

リザクトの副作用

一般的な副作用とその対策

  • 傾眠: 服用後に強い眠気を感じることがあります。運転や機械操作を避け、休息を取るようにしてください。
  • 倦怠感: 全身のだるさや疲労感が現れることがあります。軽度の運動やストレッチで緩和を図り、無理をせずに休むことが重要です。
  • 脱力感: 筋力の低下を感じる場合があります。体を動かす際には注意が必要です。
  • めまい: 立ちくらみやふらつきを感じることがあります。座ったり横になって安静にすることで対処してください。

リザクトの注意事項

リザクトの使用に注意する人

  • 妊娠中または妊娠している可能性のある方: リザクトの使用は慎重に行う必要があります。必ず医師と相談してください。
  • 授乳中の方: 母乳を通じて乳児に影響を与える可能性があるため、使用は控えるべきです。
  • 脳血管障害の可能性のある方: 脳の血管に影響を与える可能性があるため、医師と相談してください。
  • コントロールされている高血圧症の方: 血圧管理が重要です。医師の指示を守って使用してください。

リザクトを使用してはいけない人

  • リザクトの使用で過敏症の既往歴のある方: アレルギー反応を引き起こすリスクがあるため使用を避けてください。
  • 心筋梗塞の既往歴のある方: 血管に対する影響があるため使用を避けるべきです。
  • 脳血管障害や一過性脳虚血発作の既往のある方: 脳の血管に影響を与える可能性があるため使用を避けてください。
  • コントロールされていない高血圧症の方: 血圧をさらに上昇させるリスクがあるため使用を避けるべきです。
  • 重度の肝機能障害を有する方: 薬物の代謝が正常に行われない可能性があるため使用を避けてください。
  • 血液透析中の方: 薬物の排泄に影響を与える可能性があるため使用を避けるべきです。

併用禁忌

  • エルゴタミン製剤、エルゴタミン誘導体含有製剤: これらの薬剤との併用は避けるべきです。
  • 5-HT1B/1D受容体作動薬: リザクトとの併用により、副作用が増強される可能性があります。
  • MAO阻害剤: これらの薬剤との併用は避けるべきです。
  • プロプラノロール塩酸塩: 併用により血中濃度が上昇し、効果が増強される可能性があります。

併用注意

  • 選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI): これらの薬剤との併用により、セロトニン症候群のリスクが高まる可能性があります。医師の監督のもとで使用してください。

その他注意事項

  • 本製品を服用する前に、製品ラベルや添付文書をよく読んで、服用方法や注意事項を理解してください。
  • アレルギー反応が出た場合は、使用を中止し、医師に相談してください。
  • 製品の使用期限を確認し、期限を過ぎた製品は使用しないでください。

リザクトのよくある質問

Q: リザクトは市販されていますか?

A: リザクトは市販されておらず、個人輸入代行サイトでの購入が可能です。

Q: 片頭痛の予防薬として使用できますか?

A: リザクトは片頭痛の発作時に使用する頓服薬であり、予防薬としての効果はありません。

Q: 効果の持続時間はどれくらいですか?

A: 効果の持続時間は4〜5時間ほどです。他の片頭痛薬に比べて長いことが特徴です。

Q: 飲み忘れた場合はどうすればよいですか?

A: リザクトは片頭痛の発作時に使用する薬剤であるため、発作が起きた時点で速やかに服用してください。飲み忘れた場合は、次回の発作時に服用してください。

Q: 他の痛み止めとの併用は可能ですか?

A: リザクトには併用禁忌薬や併用注意薬が報告されています。併用する際は必ず医師に相談してください。

Q: 妊娠中に使用できますか?

A: リザクトは妊娠中または妊娠している可能性のある方は基本的に使用できません。医師と相談の上でご使用ください。

Q: 副作用にはどのようなものがありますか?

A: 主な副作用には傾眠、倦怠感、脱力感、めまいなどがあります。重篤な副作用が現れた場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

レビュー・口コミ

まだレビューはありません

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1989年4月15日
趣味:ヨガ、料理(ヘルシーなレシピ開発と世界の料理を試すこと)
経歴:薬学部卒業後、国内外の製薬会社での研究職を経て、医学・薬学ジャーナリストへ転職。その後、出産を機に研究者としての経験を生かし、お薬市場スタッフに転身した一児のママ。専門的な内容をわかりやすく解説する記事が魅力です。

マーシロン

マーシロン

低用量ピル 避妊
4
¥2,480
ノルパック

ノルパック

アフターピル 避妊
4
¥2,480