Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

秋なのに花粉症の症状でお悩みの方必見!アレグラが効果的

秋の花粉症はニュースなどで頻繁に取り上げられることは少ないですが、実際には花粉は一年中飛散しており、特に秋は春に次いで花粉症の症状に悩む人が多く見られます。

秋なのに花粉症?

この記事では、花粉症とは何か、なりやすい人はどんな人か、秋花粉の種類、秋の花粉症の特徴、日常生活でできる花粉症の対策について解説します。これを読めば、秋の花粉症に関する基本的な知識を得ることができます。さらに、花粉症の症状に効果的な抗アレルギー薬「アレグラ」についてもご紹介します。これらの情報を活用して、秋の花粉症の改善に役立ててください。

花粉症とは?

花粉症は、体内に侵入した花粉に対して身体が起こす過剰な免疫反応です。体は侵入した花粉を異物として認識し、抗体を作成して花粉の排除を試みます。通常、この免疫反応は体を守るための健康的な機能です。しかし、場合によっては過剰に反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。

例えば、花粉の排除を試みる過程で、鼻水、くしゃみ、涙といった症状が現れますが、これらが過剰に強いと日常生活に支障をきたします。さらに、咳や喘息の発作、皮膚のかゆみや発疹などの症状が現れることもあります。このような花粉に対する過剰な免疫反応が「花粉症」と呼ばれています。(参考1

花粉症になりやすい人はどんな人?

花粉症になりやすいのは、一般的にアレルギー体質を持つ人です。この体質の特徴は、アレルギー反応を引き起こすIgE抗体を作りやすいことで、遺伝的な要素が関係していることが多いです。アレルギー体質の人が花粉にさらされると、その種類に応じて異なるIgE抗体が生成されます。

数年間にわたって花粉に曝露されると、体内には一定量のIgE抗体が蓄積され、これを「感作」と呼びます。感作が成立した後、再び花粉が体内に入ると、花粉症の症状が現れるようになります。

花粉症の患者数が増加している原因としては、飛散する花粉の量の増加、母乳から人工栄養への移行、食生活の変化、大気汚染、喫煙などが挙げられます。これらの要因は、アレルギー反応を引き起こしやすくするため、花粉症の発症に影響を与えていると考えられています。(参考1

秋花粉の種類

秋の花粉症を引き起こす主な花粉の種類には、ススキ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどがあります。これらの植物の花期は秋に当たり、この時期にこれらの花粉が飛散するため、秋に花粉症の症状が現れるのが一般的です。ニュースで取り上げられることは少ないものの、秋の花粉症はこれらの植物由来の花粉によって引き起こされます。

秋花粉の種類

【ススキ】

花期:8~10月
生育場所:山野
秋の七草の一つ
大きさは約35㎛

【ブタクサ】

花期:8~10月
生育場所:道端・河原
午前中に飛散します
大きさは約20㎛

【ヨモギ】

花期:8~10月
生育場所:道端・堤防
多年草で旺盛に繁殖します
大きさは約25㎛

【カナムグラ】

花期:8~10月
生育場所:道端・荒地
別名はジャパニーズホップ
大きさは約20㎛ (参考1, 参考2

秋の花粉症の特徴

秋の花粉症は、主に8月下旬から10月にかけての花粉の飛散ピーク期に症状が増加する傾向にあります。しかし、地域によってはブタクサの花粉が12月まで飛散する場合もあるため、地域によって花粉症の症状が異なることがあります。

また、秋の時期は風邪や通年性アレルギー性鼻炎の発症も多く見られます。これらの疾患も花粉症と似た症状を引き起こすため、正確な診断のために症状の鑑別が重要となります。秋の花粉症の疑いがある場合は、医師による適切な診断を受けることが推奨されます。

花粉は1年中飛散している

花粉症と風邪の違い

症状花粉症風邪
鼻水さらさらとして透明粘性
くしゃみ連続して出やすい数回程度
症状が強い時間帯朝方・日中の午後一日中
その他の症状鼻がかゆくなる
目のかゆみ・充血
ほとんど熱は出ない
喉の痛み
咳・痰
発熱することあり

花粉症と通年性アレルギー性鼻炎の違い

同じアレルギー性鼻炎でも、ハウスダストが原因で起こるアレルギー性鼻炎もあります。
ハウスダストとは、1mm以下のほこりやちりのことで、ダニの死骸やフン、カビ、細菌、フケ、ペットの毛などが含まれています。
これらの異物がアレルギー体質の人の体内に入ると、アレルギー性鼻炎を起こします。
花粉症は屋外で症状が強くなりますが、通年性アレルギー性鼻炎は屋内で症状が強くなるのが鑑別点です。(参考3

日常生活でできる花粉症の対策

花粉症対策

花粉症の原因は花粉ですから、花粉を避けることが花粉症の予防法です
まず花粉の多い時は、できるだけ外出を避けたほうがよいでしょう。
花粉の飛散量は日によって異なりますから、飛散予測情報を有効に使ってください。
とりわけ昼前後と夕方は、多くの花粉が飛散するため注意が必要です。

また花粉のばく露を避けるために以下の対策を取りましょう。

  • マスク
  • 花粉対策用のメガネ
  • 花粉が付着しにくい外出着
  • 帰宅後の手洗い・洗顔
  • 室内の掃除・換気(参考1 p.22

花粉症の治療

前述した対策を練っても花粉症がおさまらないときは、抗アレルギー薬を服用すればよいでしょう。
またくしゃみ・鼻水が主な症状の場合、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイド薬が使われます。
より鼻づまりが強い時は点鼻用血管収縮薬を使うこともあります。
さらに目のかゆみ、涙が強い場合は、抗アレルギー作用のある点眼薬も併用可能です。(参考4

アレグラがおすすめ

~花粉症には抗アレルギー薬「アレグラ」がおすすめ~

抗アレルギー薬にはいろいろな種類がありますが、アレグラが比較的眠くならないため、おすすめの薬です

~効果~

アレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患に伴うそう痒
ただし花粉症の一種であるアレルギー性結膜炎には、あまり効果が期待できません。

~用法・用量~

有効成分であるフェキソフェナジン塩酸塩として以下の用量を1日2回投与

  • 成人:60mg
  • 7~12歳の小児:30mg
  • 12歳以上の小児:60mg
  • 症状により増減が可能です

~重要な基本的注意~

  • 花粉症に使う場合は、好発季節の直前から開始し、好発季節の終了時まで続けること
  • 効果が認められない場合は、漫然と投与しないこと
  • 妊婦・授乳婦は治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ用いること
  • 高齢者は異常が認められた場合には適切な処置を行うこと

~持病のある方の注意事項~

  • 中等度以上の腎機能障害のある方は、有効成分であるフェキソフェナジンが体内に蓄積しやすいため、服用量を減らしたほうがよいでしょう。
  • 肝機能障害のある方は、特に減量する必要はありません。
  • 高齢者の方は、相対的に腎機能が低下しており、服用量を減らしたほうがよいでしょう。

~禁忌(使ってはいけない人)~

本剤の成分に対し過敏症がある方

~併用注意薬(併用しない方がよい薬)~

  • エリスロマイシン
  • 水酸化アルミニウムj・水酸化マグネシウム含有製剤

~副作用~

  • ショック・アナフィラキシー(まれ)
  • 肝機能障害・黄疸(まれ)
  • 無顆粒球症(まれ)
  • 白血球減少(頻度0.2%)
  • 眠気・倦怠感・めまい(頻度0.1~5%未満)

ブタクサアレルギー患者に、アレグラ、第一世代の抗ヒスタミン薬を投与し、運転能力に及ぼす影響を調べたところ、アレグラの影響は有意に小さいという結果が見られました。
アレグラを服用しても眠くなり難いため、自動車の運転も可能ということです。(参考5  関連ページ:アレグラ|お薬市場

(アメリカなどで販売されているアレグラにはフェキソフェナジンが180mg含まれます。日本人の用量は1回60mgであることに注意してください)

まとめ

花粉症とは、体内に入った花粉に対して身体が起こす過剰な免疫反応です。
鼻水・くしゃみ・涙がでますが、この症状が強すぎると生活に支障を来します。
秋の花粉症はニュースなどで取り上げられることが少ないのですが、ススキ・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラの花粉により花粉症を起こす人が多いのが特徴です。

花粉症の対策として、マスク、花粉対策用のメガネ、花粉が付着しにくい外出着などがあります。
また抗アレルギー薬である「アレグラ」はアレルギー性鼻炎に効果的であり、比較的眠気を誘わないため、おすすめの治療薬です。
秋の花粉症を改善させるために役立ててみてください。

参考文献・情報

参考1:花粉症環境保健マニュアル2022
参考2:花粉の種類と説明 – 東京都保健医療局
参考3:ハウスダストの原因とアレルギー症状|大正製薬
参考4:的確な花粉症の 治療のために|厚生労働省
参考5:アレグラ錠添付文章

関連商品