Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

節分に欠かせない大豆の効果は?ダイエットにも良いって本当?

節分に欠かせない大豆の効果は?

「年末年始の食べ過ぎをリセットしたい」「ダイエットしたい」と悩んでいませんか?そのような方におすすめなのが、大豆です。節分の豆まきで使う大豆には驚くべきパワーがあります。この記事では、大豆の健康効果と効率的なダイエット法について紹介しています。

「鬼は外、福は内」と言いながら豆をまいて鬼を退治する節分の豆まき。暦の上では立春の前日である2月3日が節分の日とされています。節分は、邪気を祓って一年を健康に過ごせるようにと祈る行事です。

豆まきのときに使われる大豆は、さまざまな健康効果があることで知られています。今年の節分は、風習を楽しみつつ健康も手に入れてみませんか?この記事では、節分に使われる大豆が私たちの体にもたらす効果について詳しく解説します。

節分の行事の意味

節分は、邪気を祓って無病息災を祈る行事です。まずは、なぜ節分を行うのか、そもそも「鬼」とは何のことを指すのかなどについて詳しく見ていきましょう。

~なぜ立春の前日に節分の行事を行うの?~

節分は立春の前日に行われます。立春の前日に節分の行事を行うのは、太陰太陽暦で立春にもっとも近い新月を新年の始まりとしていたことが関係しています。

2月は気温が低く、体調を崩しやすい時期です。さらに季節の変わり目は邪気が入りやすいと言われていたことから、立春の前日に節分の行事を行うことで邪気を祓って一年間を健康に過ごせるようにと願うようになりました

~節分の「鬼」とはそもそも何?~

節分は、鬼に豆を投げます。では、この鬼とはそもそも何なのでしょうか。節分で鬼に向かって豆をまくのは、仏教の教えが関係していると言われています。

古くは災害や自然現象は鬼によって引き起こされているものと考えられてきました。現代人と比べると、昔の人にとって鬼はとても身近な存在だったのです。

この鬼を煩悩に例えたことから、鬼は煩悩の象徴となりました。節分で鬼に豆を投げるのは、煩悩を追い払うためなのです。

~なぜ節分では豆をまくのか~

節分でまく豆は、主に大豆が使われています。豆まきに大豆が使われるのは、米と同じようにエネルギー源として使われており、病や災いを祓う力があると考えられていたためです。豆まきの後に年の数だけ豆を食べるのは、食べることで病や災いから守る力を授かれると考えられていることが関係しています。 ちなみに、大豆は「畑の牛肉」という別名をもつことでも有名です。大豆には可食部100gあたり37.5gのたんぱく質が含まれています。これは、牛もも肉よりも多い量です。さらに私たちの生活に欠かせない20種類のアミノ酸も含まれています。

節分に使われる「大豆」の健康作用

節分に使われている大豆には、次のようにさまざまな健康作用があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

節分に使われる大豆の健康作用

● 若々しさをキープする

大豆に含まれているポリアミンには、エイジングケア効果があると言われています。ポリアミンは、細胞の生まれ変わりに欠かせない成分です。特殊な成分のように思えるかもしれませんが、実は私たちの体でもアルギニンやオルニチンなどから合成されています。

しかし、ポリアミンは20歳頃をピークに減少するため、いつまでも体内に豊富に存在するわけではありません。ポリアミンが不足すると、新陳代謝が正常に行われなくなり老化が加速しやすくなると言われています。

● 総コレステロール値を下げる

大豆に含まれているレシチンは、総コレステロール値を低下させる働きがあります。レシチンはホスファチジルコリンとも呼ばれており、細胞膜の主成分として知られている物質です。

レシチンは脂質の代謝に関わっていることから、総コレステロール値を下げる働きがあります。肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぐ働きもあることから、脂肪肝の予防にも効果的です。

このほか、LDLコレステロールの蓄積を防いで動脈硬化を予防したり、血流を良くして肌に栄養素を行き渡らせたりする効果もあります。

● 集中力を高める

レシチンの働きは、総コレステロール値を下げたり動脈硬化を予防したりするだけではありません。集中力を高めるのにも効果があると言われています。

大豆に含まれているレシチンは脳の働きを活性化させる効果があるのです。情報伝達に必要な神経伝達物質を合成するのにレシチンが使われることが分かっています。

● 骨粗鬆症を予防する

骨粗鬆症とは、骨を作る働きよりも破壊する働きのほうが上回り、骨がもろくなる状態のことです。骨がもろくなる原因としては、骨を形成しているカルシウムやマグネシウムが不足したり、運動不足だったりすることが挙げられます。

大豆に含まれているイソフラボンは、骨からカルシウムが溶け出さないようにする効果があることが特徴です。そのため、大豆を摂ることで骨粗鬆症の予防につながります。

● ダイエット効果がある

大豆はダイエットのサポートにも効果的です。消化される速度が遅いため、満腹感が長続きします。また、食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれていることから、腸内環境を整えてお腹をすっきりさせてくれるのもポイントです。

基礎代謝を向上させるビタミンB1や、脂肪の燃焼を助けるビタミンB2も含まれています。

大豆はどんな方におすすめ?

大豆は、次のような方におすすめです。節分の行事を楽しんだら、大豆を活用して健康や美容に役立ててみてください。

大豆はこんなかたにおすすめ

① いつまでも若々しくいたい方

大豆にはエイジングケアに効果的なポリアミンが含まれています。そのため、いつまでも若々しくいたい方におすすめです。ポリアミンは細胞が分裂して増殖する過程を正常に進めるために必要になります。抗炎症作用や抗酸化作用もあるため、肌を健康に保つのにも最適です。

② お酒が好きな方

お酒を飲むと、ついつい食欲が亢進しておつまみを食べすぎてしまう方が多いのではないでしょうか。お酒には食欲に関わっている中枢神経を麻痺させる働きがあるので、飲むと普段より食欲が増してしまうことがあるのです。

お酒と一緒に大豆を食べると、良質なたんぱく質を補給できるため食べ過ぎを防ぐことができます。

③ メタボリックシンドロームが気になっている方

メタボリックシンドロームとは、内蔵肥満があることに加えて高血圧や高血糖があり、心臓病や脳卒中などを起こしやすい状態のことです。大豆に含まれている大豆β‐コングリシニンは、中性脂肪を低下させさらにメタボリックシンドロームに対して良い影響をもたらすことが分かっています。

美味しく大豆を楽しむ大豆の食べ方

最後に、大豆を楽しく食べるための食べ方を紹介します。より効果的に大豆を摂取する方法も紹介しているので参考にご覧ください。

① 煮物にする

大豆を簡単に美味しく食べる方法として、煮物が挙げられます。昆布などのだし汁と一緒に煮込んでみてください。人参やごぼう、こんにゃくなども一緒に煮込むとさらに美味しく召し上がれます。

② 煎り大豆にする

おつまみやおやつ代わりに食べたいなら、煎り大豆にするのもよいでしょう。乾燥大豆を一晩水につけて戻しておきます。水気をよく切ったら強火にかけて一気に水分を飛ばし、途中から弱火にして15~20分ほど煎りましょう。

③ 大豆と一緒にカルシウムや食物繊維も摂ろう

大豆がもつ効果を高めるためには、カルシウムや食物繊維を一緒に摂るのがおすすめです。大豆にはカルシウムが骨に吸着するのを促進する働きがあるため、骨粗鬆症の予防につながります。また、きのこや海藻類などの食物繊維とあわせて摂ると、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪を減らして血液をサラサラにする効果も期待できます。

まとめ

節分は、邪気を祓って一年を健康に過ごすための大切な行事です。今年は節分の風習を楽しみながら、大豆のパワーで健康や美容も手に入れてみてはいかがでしょうか。大豆には体を若々しく保ったりダイエットをサポートしたりする効果があります。

年末年始の食べ過ぎで体重を戻せないまま過ごしている方は、ぜひ大豆を活用してみてください。ただし、大豆を食べすぎるとかえってダイエットの妨げとなってしまうことがあるので注意しましょう。

効率よく確実にダイエットをしたい方には、摂取した油の約30%をそのまま便と一緒に排出するゼニカルオルリファスト、自然に食欲を抑えてくれるリベルサスや糖の吸収を抑えるフォシーガなどもありますのでこちらもチェックしてみてください。

効率よくダイエットしたい方

参考文献

関連商品