Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

二日酔い・食べ過ぎを解消しながら忘年会シーズンを過ごす方法

二日酔いや食べ過ぎを解消しながら忘年会シー

コロナ禍が去った状況下、年末が近づき、忘年会シーズンが始まろうとしています。仲間と一緒に楽しみながら、飲み食いするのはとても楽しみですね。しかし二日酔い、食べ過ぎには注意が必要です。

本記事では、二日酔いのメカニズム、二日酔いの解消法、食べ過ぎで起こる症状、食べ過ぎの解消法、二日酔い・食べ過ぎを予防するヒントについて解説します。また二日酔い、食べ過ぎに効果がある胃薬、サプリメントをご紹介します。忘年会シーズンを有意義に過ごすために役立ててみてください。

二日酔いのメカニズム

二日酔いは酒の飲み過ぎが原因であるとは言うまでもないでしょう。しかし二日酔いのメカニズムは、あまり分かっていません。現在のところ、発症機序と考えられているものを列挙します。 これらの要因が重なって二日酔いを起こすと考えてください。

1.離脱症状

アルコール依存症に伴う離脱症状の軽症版という考えです。

これは疑わしい説と考える人がいます。

2.ホルモンの異常

二日酔い時には抗利尿ホルモンの分泌が増加して尿量が減ります。 これによって二日酔いの重症度が変わってくるといわれています。

3.脱水・低血糖

インスリングルカゴンの分泌が変化して、脱水・低血糖を起こします。

これが二日酔いの一部の症状の原因です。

4.酸塩基平衡の異常

体の酸性・アルカリ性のバランスが酸性に傾き、二日酔いの重症度に関係します。

5.炎症反応

二日酔い時には、ある種の炎症マーカーが高値になることが報告されています。

抗炎症薬が二日酔いにある程度効果があることも特徴です。

6.その他

その他の原因として、アセトアルデヒドの蓄積、胃腸障害、メタノール、酒に含まれる不純物などが考えられています。

二日酔いの解消法

二日酔いの解消のために、水分を補給、アミノ酸・ビタミンをとる、胃薬をのむなどが効果的です。

1.水分を補給する

二日酔いの時には脱水になりやすく、頭痛やめまいなどが起こります。

起床時に水分をとるようにしてください。

水分だけではなく、塩分・糖分を含んだスポーツドリンクがおすすめです。

胃に負担をかけないように、常温で飲むようにしましょう。

迎え酒やコーヒーを飲むのは、体に余計な負担をかけてしまいます。

2.アミノ酸・ビタミンをとる

二日酔い時にはアセトアルデヒドが蓄積します。

アセトアルデヒドは肝臓で生じるため、アミノ酸を補給して肝臓の働きを高め、肝臓を解毒したりアルコールの代謝を促進したりするとよいでしょう。

またビタミンB1をとれば、糖質の代謝が促されます。

しじみが二日酔いに効く」という話がありますが、しじみには肝臓の細胞再生に必要なアミノ酸が豊富に含まれています。

その他、グレープフルーツジュースはちみつ梅干しなどが二日酔いに効くといわれるものです。

3.胃薬をのむ

二日酔いのときには胃酸の分泌が多くなり、胃もたれ・胸やけが生じます。

ですから胃酸を抑える胃薬をのむとよいでしょう。

また腸内環境を整えるため、乳酸菌製剤をのむのもおすすめです。

二日酔いの解消方法

食べ過ぎで起こる症状

胃で消化できる量を超えて食べ過ぎると、胃は激しく動いて食べ物を消化しようとします。その結果、胃痛や胸やけが生じます。普通の食べ物が胃の中にたまるのは2~3時間ですが、脂っこいものを食べた時は5~6時間かかることがあります。食べ物が胃の中に長時間とどまると、胃もたれが起こります。また食べ物が胃で十分に消化されずに十二指腸へ押し出されると、胃へ送り返されることもあり、これはいわゆる消化不良の状態です。

食べ過ぎの解消法

食べ過ぎて胃の調子が悪い時には、胃薬をのむ、食後にガムをかむ、胃の調子が戻るまでは消化のよいものを少しずつとるといったセルフケアで胃の調子を整えましょう。

1.胃薬をのむ

一番の対処法として胃薬をのみましょう。
胃薬には以下の種類があります。

  • 消化薬:消化を助ける酵素を含む薬で、消化不良に効果的
  • 健胃薬:胃の働きを高める薬で、胸やけ・胃もたれに効果的
  • 総合胃腸薬:消化薬・健胃薬・制酸薬などが配合された薬で、どの薬を飲めばよいか分からない時に便利

2.食後にガムをかむ

食後にガムをかむと唾液の分泌が促進され、胃に入った唾液が胃酸を洗い流して中和してくれます。
脂っこいものを食べ過ぎた時は、食後にガムをかむとよいでしょう。

3.胃の調子が戻るまでは消化のよいものを少しずつとる

食べ過ぎて胃の調子が悪くなったからといって、何も食べないのは逆効果です。
胃の調子が戻るまでは、消化のよいものを少しずつ食べましょう。
次のような食べ物がおすすめです。

  • おかゆ
  • うどん
  • 豆腐
  • じゃがいも

食べ過ぎのときにおすすめの食べ物

製品紹介

二日酔い・食べ過ぎのときにおすすめの胃薬・サプリメントをご紹介します。

ドグマチール

胃粘膜の血流改善作用と消化管の運動促進作用をもつ薬です。
もともと胃・十二指腸潰瘍に対して用いる薬であり、二日酔い、食べ過ぎの場合は保険適用がありません。
ただし個人輸入で購入する方法があります。
用法、禁忌、副作用、入手方法などは商品のリンクページをご覧ください。

パーティースマート

インドで育まれたアーユルヴェーダの理論を取り入れた二日酔い予防のサプリメントです。
センレンシン、乾燥なつめやし、チコリ、赤ぶどう、フィランサスニルニ、アムラなどの天然成分がアルコールの分解を促進し、二日酔いの症状を軽減するといわれています。

詳しくは商品のリンクページをご覧ください。

LIV52

インドで育まれたアーユルヴェーダの理論に基づいて開発された二日酔い解消のサプリメントです。
チコリ、ケッパ―ブッシュ、マンドゥールバズマなどを含みます。
肝細胞の再生を促進しながら、肝機能を助け、二日酔いや食べ過ぎなどによる肝臓への負担を軽減する効果があるといわれています。
詳しくは商品のリンクページをご覧ください。

ザントレックスブラック

ナイアシン、ヤーバマテ、朝鮮人参、プロテイン、ガラナ、トリメチルキサンチン、緑茶、シゾネペタ抽出液、ブラックペッパー、ロディオラ・クレニュラータ、マカ、カカオ、紅茶などの成分を含むサプリメントです。
ザントレックスブラックは、食欲を抑えながら、食べ過ぎを防止する効果があるといわれています。
無理な食事制限や過激な運動が苦手な方におすすめのダイエットサプリメントです。
詳しくは商品のリンクページをご覧ください。

二日酔い・食べ過ぎを予防するヒント

「イッキ飲み」をすると、急にアルコール濃度があがり、体に負担がかかります。「チャンポン」は飲んだ量が分からなくなり、飲み過ぎになりがちです。またアルコールの分解には時間がかかるため、夜遅くまで飲み続けると二日酔いになりやすいです。こういった飲み方はつつしんだ方がよいでしょう。
さらに空腹時にお酒を飲むと、胃の粘膜が荒れるため、お酒は食事と一緒に飲むようにしてください。
タンパク質・ビタミンをとると二日酔いを予防できます。それからお酒以外に水分をとるようにしましょう。いうまでもなく、食べ過ぎないようにしてください。

まとめ

忘年会シーズンを有意義に過ごすためには、二日酔い・食べ過ぎを解消することが必要です。二日酔いの解消のために、水分を補給、アミノ酸・ビタミンをとる、胃薬をのむといった対策をとれば効果があります。食べ過ぎて胃の調子が悪い時には、胃薬をのむ、食後にガムをかむ、胃の調子が戻るまでは消化のよいものを少しずつとるといったセルフケアで胃の調子を整えましょう。また二日酔い・食べ過ぎのときにおすすめの胃薬・サプリメントをご紹介しましたので役立ててみてください。

商品名有効成分効能・効果
ドグマチールスルピリド胃粘膜の血流改善作用
消化管の運動促進作用
パーティースマートセンレンシン、乾燥なつめやし、
チコリ、赤ぶどう、アムラ、
フィランサスニルニなど
アルコールの分解を促進し二日酔いの症状を軽減
LIV52チコリ、ケッパ―ブッシュ、
マンドゥールバズマなど
二日酔いや食べ過ぎなどによる肝臓への負担を軽減
ザントレックスブラックナイアシン、ヤーバマテ、朝鮮人参、
プロテイン、ガラナ、緑茶、
トリメチルキサンチン、シゾネペタ抽出液、
ブラックペッパー、マカ、カカオ、
ロディオラ・クレニュラータ、紅茶など
食欲を抑えながら、脂肪をエネルギーに変える

参考サイト

関連商品