Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

サプリで憧れの美白肌を手に入れよう!ケアの方法やおすすめの栄養素とは?

サプリで憧れの美白肌を手に入れよう!

サプリで憧れの美白肌を手に入れよう!ケアの方法やおすすめの栄養素とは?

「色白は七難を隠す」ということわざがあるほど、色白で透き通った肌は周囲の方に良い印象を与えます。色白の肌は多くの方が憧れており、日々ケアに勤しんでいる方も多いでしょう。今の時代は女性だけでなく、男性でも美白ケアを行っている方が少なくありません。

しかし、一体どれくらいの方が正しいケアをできているのでしょうか。本記事では、美白を目指すための正しいケアの方法やおすすめのサプリメントについて紹介します。

美白ケアは内側と外側の両方から行うことが重要

みなさんはどのような美白ケアを行っていますか?美白に良い成分をサプリメントで摂ったり、美白クリームを塗ったりしてケアしている方が多いでしょう。

十分な美白ケアを行うためには、内側と外側の両方からケアをすることが大切です。

美白ケアとは?

●内側からの美白ケア

内側からの美白ケアとして行っている方が多いのが、サプリメントの摂取です。美白ケアに良いとされるビタミンCやビタミンE、L-リジンなどは、食事から摂ることもできますが十分な量を毎日摂り続けるのは簡単ではありません。サプリメントなら簡単に必要な栄養素の摂取を続けられます。

●外側からの美白ケア

外側からの美白ケアとしては、美白クリームなどを塗る方法が一般的です。ハイドロキノンは、とくに効果が高い成分として知られています。肌の漂白剤とも呼ばれており、続けて使用することでシミや肝斑を改善できます。

このほか、プラセンタが配合されたクリームやジェルも人気です。プラセンタにはメラニンの生成を抑制したり排出を促したりする効果があります。

美白に必要な栄養素とは?

まずは、内側から美白ケアを行う際に摂り入れたい栄養素について紹介します。それぞれどのように美白効果を発揮するのかについて詳しく見ていきましょう。

・ビタミンC

ビタミンCは水溶性ビタミンの一種です。メラニン色素の生成を抑える働きがあるため、美白ケアに良いことで知られています。簡単に入手できる成分ですが、酸化しやすいことがデメリットです。サプリメントや美白用のクリームに配合されています。

・ビタミンB群

ビタミンBには、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンB6などいくつか種類があります。これらのビタミンB群は、肌の健康を保ったり代謝を促したりするのに欠かせません。
肌の代謝がスムーズに進まなければ、産生されたメラニン色素が蓄積してしまいます。ビタミンB群は肌の健康を取り戻して美白を叶える成分です。

・ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があります。「若返りのビタミン」とも呼ばれており、肌の土台作りやトラブル改善に役立つ成分です。また、血行を促進する働きがあることから、肌の生まれ変わりを助ける効果もあります。

・βカロテン

βカロテンは抗酸化作用に優れた成分です。体の酸化を抑え、メラニン色素の生成を抑制することで美白効果を発揮します。肌のハリを保つために必要なコラーゲンの生成を促進する働きがあることも特徴です。

・リコピン

リコピンは、トマトに多く含まれることで知られています。メラニン色素の生成を抑制し、さらにターンオーバーを促進する効果もある成分です。抗シワ効果もあるため、美白ケアとエイジングケアをしたい方にぴったりの成分だと言えます。

・L-リジン

L-リジンは必須アミノ酸の一つです。必須アミノ酸のなかでは、もっとも不足しやすいアミノ酸として知られています。体の成長や修復に関わるホルモンを作るための材料となる成分です。成長ホルモンの分泌を促し肌のダメージ回復をサポートする力もあります。

どんな食事でなら美白に必要な栄養素を摂取できる?

普段の生活で美白を意識した食事を摂ることも大切です。とくに内側からの美白ケアを重点的に行うためには、食事で必要な栄養素を摂取していく必要があります。

●美白におすすめの食事

食事を通して美白ケアを行う場合は、ビタミンCやビタミンB群、ビタミンEやβカロテン、リコピンなどが豊富に含まれたものを食べるのがおすすめです。

美白ケアに効果的な栄養素多く含まれる食品
ビタミンCアセロラ、ケール、パセリ、赤ピーマン、ブロッコリー
ビタミンB群しじみ、豚ヒレ肉、ごま、豚レバー、まいたけ
ビタミンEアーモンド、抹茶、小麦胚芽、ドライトマト、米ぬか
βカロテン パセリ、人参、モロヘイヤ、ケール、わかめ
リコピントマト、スイカ、柿、マンゴー、ピンクグレープフルーツ
美白を目指すなら控えるべき食事

●美白にしたいなら控えるべき食事

美白ケアをしたいなら控えるべき食事もあります。糖質や油分の多い食べ物はできるだけ避けましょう。糖質は重要なエネルギー源ではあるものの、脂質やたんぱく質と結合することで糖化を起こし、肌の老化を進めてしまうと考えられています。糖質を多く含む白米や麺類、ケーキなどは食べ過ぎないように注意してください。

油分の多い食べ物は、皮脂の分泌量を増やす原因となります。分泌された皮脂が酸化されると肌にダメージを与えてメラニン色素が生成されるため、美白ケアをしたいならできるだけ控えるようにしましょう。

栄養素はサプリメントで効率よく補える

美白ケアに有効な栄養素は、食事からも摂取できます。しかし、食事にはあまり含まれていなかったり、毎日摂取するのが難しかったりする栄養素が少なくありません。

そのようなときに活用したいのがサプリメントです。サプリメントなら効率よく美白ケアに必要な栄養素を摂取できます

個人輸入~美白ケア編~

美白ケア用のサプリメントは個人輸入で購入できる

「美白ケアに効果的なサプリメントはどこで購入できるの?」と疑問に思っている方が多いのではないでしょうか。薬局やドラッグストアでも購入できますが、個人輸入をする方法もあります。
個人輸入をすれば、日本では一般的に販売されていないサプリメントを購入できるため、より徹底した美白ケアが行えるようになるでしょう。サプリメントを活用した美白ケアを行いたいと考えている方は、個人輸入の利用も検討してみてください。

●内側からの美白ケアにおすすめのアイテム

内側からの美白ケアにおすすめのアイテムには、次のようなものがあります。いずれもドラッグストアや薬局ではなかなか手に入らないアイテムです。

(BIHAKUEN) プレミアムニュージーランド羊プラセンタ

羊プラセンタを主成分として配合したサプリメントです。プラセンタは胎盤から抽出された成分であり、美白効果やエイジングケア効果、保湿効果があることで知られています。
メラニンの生成を抑制し排出を促す働きがあるため、美白に効果的なのです。プラセンタのほかに、レスベラトロールやグレープシードオイル、海洋コラーゲンなども配合されています。

L-リジン

美肌をキープするのに役立つ成分です。必須アミノ酸の一つで、体の組織の修復や成長に大きく関わっています。体内では作ることができないため、L-リジンは外から摂取しなければなりません。
美肌作りのサポートをするほか、疲労を回復したり集中力を高めたりする効果があることでも知られています。

エンパワー・馬プラセンタ+α

馬プラセンタを主成分として配合したサプリメントです。美白効果のほかに、疲労回復や滋養強壮にも効果が期待できます。
メラニン色素の生成を抑制して排出を促すことで美白効果を発揮する成分です。ビタミンやミネラル、成長因子なども含まれているため、エイジングケアを行うのに向いています。

トラネミック

美白効果のあるトラネキサム酸を主成分として含む飲み薬です。通常のシミにはもちろん、肝斑やそばかすの改善にも効果があります。メラニン色素を合成するのに必要なプロスタグランジンを抑制することで、メラノサイトの働きを抑える成分です。

トランサミン

トラネキサム酸が主成分として配合されています。トラネキサム酸は、メラニン色素を分泌する工場であるメラノサイトに働きかけてシミやそばかす、肝斑を治療する成分です。炎症を抑える効果もあることから、喉の痛みにも効きます。

●外側からの美白ケアにおすすめのアイテム

美白ケアは、内側だけでなく外側からも同時に行うことが大切です。外側からのケアには、次のようなアイテムをおすすめします。

BIHAKUENハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも呼ばれている成分です。シミやそばかす、ニキビ跡など幅広く効果を発揮します。メラニン色素の生成に関わるチロシナーゼという酵素や、メラノサイトの働きを弱めることで美白ケアを行うものです。

エムラクリーム

リドカインとプリロカインを含む局所麻酔薬です。美白を叶えるためには、まず美肌を目指す必要があります。美白肌を叶えるためには、肌に潤いを与えて透明感を出し、ハリをアップさせることが大切です。

エムラクリームを使用すれば、自宅での美容ケアも痛みをほとんど感じることなく行えるようになります。

エリンクリーム

抑毛効果を示すエフロルニチンが主成分として配合されています。1日に2回、洗顔後に塗布することで毛の成長を遅らせることができます。シミやそばかすなどに直接働きかけるわけではありませんが、産毛の少ない状態にすることで肌のトーンを上げることが可能です。

プラセントレックスクリーム

ヒトプラセンタが含まれたクリームです。アミノ酸や活性ペプチド、成長因子などを豊富に含んでいます。成長因子には皮膚の新陳代謝を促進する働きがあるため、蓄積したメラニン色素の排出を促すことが可能です。

プラセントレックスジェル (プラセンタジェル)

ヒトプラセンタが含まれたジェルです。栄養素や成長因子を豊富に含んでいることから、エイジングケアに効果を発揮します。アミノ酸が豊富なため、美白ケアだけでなく肌の保湿にも効果的です。

まとめ

美白ケアのまとめ

憧れの美白肌を手に入れるためには、内側と外側の両方からケアをすることが重要です。内側のケアには、サプリメントの使用をおすすめします。

サプリメントを活用すれば、食生活を大きく変えることなく美白に良い生活ができるためです。同時に、外側からのケアにも力を入れましょう。プラセンタやハイドロキノンなどの美白成分が含まれたものがおすすめです。

参考文献・情報

The effect of Vitamin C on melanin pigmentation – A systematic review

食品成分データベース


関連商品