Loading…

お知らせ:[2024-06-12] 【重要】クレジット決済エラーに関するご案内

もっと見る

アポメトホルミン

メーカー

Arrotex Pharmaceuticals

種類:

500mg

数量:

100錠

¥5,080

商品説明

商品概要

商品名 アポメトホルミン(Apometformin)
内容量 1箱/100錠
効果・効能 2型糖尿病、ダイエット効果
用法・用量 1日2~3回、1回500mg
有効成分 メトホルミン
形状・剤形 タブレット
副作用 吐き気・嘔吐・腹痛・倦怠感・胃腸障害・発疹・便秘・消化不良など
メーカー Arrotex Pharmaceuticals
発送国 香港

アポメトホルミンの特徴

アポメトホルミンはアポテックス社が製造販売している、2型糖尿病の治療薬として活用可能な医薬品です。糖尿病治療薬であるメトグルコのジェネリック医薬品です。

肝臓での糖生成を抑え、末梢での糖利用促進を高める作用があり、インスリンの効力が高まり、血糖値の低下が期待できます。加えて食後の血糖値上昇を防ぐ作用も期待できるでしょう。またメトホルミンにはAMPKと呼ばれる酵素を活性化させる作用があります。体全体のエネルギー量を調整するAMPKがあることで、体内のエネルギーが効率良く使用され、筋肉量を増やす効果が期待できます。そのため、程よく引き締まった体に近づきやすくなり、ダイエット効果も期待できるでしょう。

アポメトホルミンはオーストラリアのアポテックス社が製造・販売している医薬品です。アポテックス社はジェネリック医薬品のみならず、OTC製品やビタミンなどを供給している会社です。

☆お薬市場スタッフからのおすすめポイント☆

血糖値が高いので服用しています!

  • 血糖値が高くやや肥満気味なこともあり、このお薬を服用しています。無理なくダイエットができるのと、血糖値の上昇を抑えられるので助かっています。私には気になる副作用は特になく個人的にはかなり使いやすい お薬なのでおすすめです。(お薬市場40代男性スタッフより)

メディカルダイエット薬として人気の商品

メディカルダイエットとは?

最適な薬を使いながら行っていくダイエットのことです。医療ダイエットとも呼ばれています。食べ過ぎや運動不足が原因でダイエットに失敗する方が多く見受けられますが、メディカルダイエットなら内服薬を飲むだけでダイエットができるため、すぐに挫折してしまう方でも無理なく継続できます。

メディカルダイエットの種類

メディカルダイエットに使われている内服薬は、主に5種類の作用効果があります。

    ① 食欲を抑えて食べ過ぎを防止する
    ② 尿から等を排泄してカロリーカットする
    ③ 食事から摂取した油の一部を便と一緒に排泄させる
    ④ 消化管での糖の吸収を抑えてカロリーカットする
    ⑤ 糖質の吸収を遅らせて痩せやすい体にする

それぞれ効果が違いますので、自分に合った内服薬を選びましょう。

メディカルダイエット薬の選び方

「ゼニカル」の
ジェネリック
オルリガル
油ものが好きな方におすすめ
リベルサス 食欲を抑えて食べ過ぎを防止したい方におすすめ
フォシーガ 余分なカロリーをカットしたい方におすすめ
アポメトホルミン(本商品)
余分なカロリーをカットしたい方・食欲を抑制したい方におすすめ

アポメトホルミンはこんな方におすすめ

「アポメトホルミンってどんな糖尿病治療薬なの?」このように疑問を持つ方に向けて、アポメトホルミンをおすすめできる方の特徴について解説します。次に当てはまる方はアポメトホルミンの購入をご検討ください。

2型糖尿病でお困りの方

アポメトホルミンに含まれるメトホルミンは2型糖尿病に効果があるとされています。そのため、インスリンの効力を高め、血糖値を上手にコントロールしたい方にはおすすめです。

ダイエットしたい方

アポメトホルミンに含まれるメトホルミンには、消化管における糖の吸収を抑える作用があります。これにより、急激な血糖値上昇を防ぐ効果が期待できます。またメトホルミンにはAMPKと呼ばれる酵素を活性化させる作用を持つのが特徴です。
体全体のエネルギー量を調整するAMPKが存在することで、体内のエネルギーが効率良く使用され、筋肉量を増やす効果が期待できます。そのため、程よく引き締まった体に近づけるでしょう。

アポメトホルミンの効果・効能

アポメトホルミンに含まれるメトホルミンには、肝臓での糖生成を抑えたり、末梢での糖利用促進を高めたりする作用があり、インスリンの効力が高まり、血糖値の低下が期待できます。「ダイエット効果を狙いつつ、体を引き締めたい…」「糖尿病治療に専念したい…」「血糖値が気になる…」このような方は、アポメトホルミンをぜひご活用ください。

アポメトホルミンの適応症状

  • 高血糖の方
  • 2型糖尿病の食事運動療法が上手くいかない方
  • 2型糖尿病のお薬を飲んでいるが、更にお薬の追加を検討中の方

アポメトホルミンの服用方法・使用方法

1回の用量 500mg
1日の服用回数 2〜3回
服用間隔 記載無し
服用のタイミング 食前または食後

成人の方の場合は、1回500mgから投与を開始してください。1日2~3回、食前または食後に服用してください。1日当たり750~1500mgが通常用量で、最大2,250mgまで増量可能です。毎日忘れずに継続的に服用することが重要です。

アポメトホルミンを服用する際は、水またはぬるま湯で服用してください。食事の影響を受けにくいとされているため、服用タイミングは食前・食後どちらでも構いません。

アポメトホルミンの保管方法

  • 開封後は、できるだけ早めに服用してください。
  • 高温多湿や直接日光が当たる場所を避けて保管してください。
  • お子様がいるご家庭の場合は、お子様の手が届かない場所に保管してください。
  • 使用期限が切れている場合は、服用せずに速やかに破棄してください。

アポメトホルミンの有効成分

有効成分はメトホルミンです。肝臓での糖生成を抑え、末梢での糖利用促進を高める作用があります。結果、インスリンの効力が高まり、血糖値の低下が期待できます。加えて食後の血糖値上昇を防ぐ作用も期待できます。

治療対象は2型糖尿病の方であり、1型糖尿病の方には効果がありません。ご注意ください。

アポメトホルミンの副作用

アポメトホルミンの主な副作用としては、以下が挙げられます。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 倦怠感
  • 胃腸障害
  • 発疹
  • 便秘
  • 消化不良

また、アポメトホルミンの稀な副作用の症状としては主に以下が挙げられます。

  • 低血糖
  • 乳酸アシドーシス
  • 肝機能異常
  • 横紋筋融解症
  • 黄疸

アポメトホルミンの服用中に、上記の症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診してください。

アポメトホルミンに関する注意事項

アポメトホルミンの併用禁忌

  • 腎機能障害の方
  • アポメトホルミンの服用で過去に過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦または妊娠している可能性のある方
  • 重度の肝機能障害の方
  • 栄養不良の方
  • 心筋梗塞・心不全の方
  • 脱水状態の方

また併用注意薬としてはヨード系造影剤や血糖降下作用を有する薬剤、利尿作用を有する薬剤などが挙げられます。

アポメトホルミンに関するその他注意事項

開封後は、早めに服用してください。保管する際は、高温多湿や直接日光が当たる場所を避けてください。お子様がいるご家庭の場合は、お子様の手が届かない場所に保管しておくといいでしょう。万が一、使用期限が切れている場合は、服用せずに破棄してください。

2型糖尿病の治療においては、運動療法や食事療法が重要です。

バランスのとれた食生活を行い、日常的に適度な運動をすることを心がけてください。

食事の際は、脂質や糖質のとりすぎに注意し、間食を控えましょう。また食べ物を噛む際はゆっくり噛んで食事してください。
日常的にジョギングや散歩など、軽い運動でも構いません。積極的に身体を動かすことを心がけてください。

上記を行っても効果がない場合は、専門医の判断のもと、アポメトホルミンを服用することをおすすめします。

参考サイト

アポメトホルミンのよくあるご質問

Q:アポメトホルミンの効果や副作用の感じ方に個人差があるのは本当ですか?

A:本当です。人によって効果が出やすかったり、副作用が出やすかったりします。

Q:アポメトホルミンを購入する際、どういった手段がありますか?

A:通販、個人輸入代行業者から購入可能です。

Q:国内で製造販売している会社はどこですか?

A:オーストラリアのアポテックス社が製造・販売している医薬品です。
ジェネリック医薬品のみならず、OTC製品やビタミンなどを供給している会社です。

Q:アポメトホルミンは毎日欠かさず服用する必要がありますか?

A:あります。服用しない日があると、効果が薄れる可能性があるため、注意してください。また、毎日同じ時間帯に服用してください。

Q:アポメトホルミンはどのぐらい服用し続けたら血糖値減少が期待できますか?

A:個人差はありますが、2週間程度で効果が期待できる場合があります。

Q:1型糖尿病と2型糖尿病。アポメトホルミンはどちらを治療するための薬ですか?

A:2型糖尿病患者の方が対象です。

Q:2型糖尿病とはなんですか?

A:2型糖尿病とは、膵臓で作られるインスリンの分泌量が足りず、作られたインスリンが血糖値を調整できなくなる病気(インスリン抵抗性)です。

Q:アポメトホルミンを飲み忘れた場合、どうしたらいいですか?

A:1日以内に気づいた場合は、気づいた時点で1回分を服用してください。
ただし、次に服用する時間が近い場合は、その時間まで待機して1回分を服用しましょう。

レビュー・口コミ

2023年10月1日

アポメトホルミンを飲み始めてから、毎日ウォーキングやジョギングも実施。食欲も減り、運動の効果も上がって、2ヶ月で5kgの減量に成功!

むぎ さん

2023年4月26日

家族が糖尿病率が高いうえ、自分も血糖値が高い自覚があって、太ってもいるので、ダイエット効果も期待して飲んでいます。無理な運動はしていないですが3か月で6キロストンと落ちました!

痩せたい40代 さん

2022年7月16日

服用すると食欲がなくなるので、無理せずダイエットができます。

白米好き さん

2021年10月5日

アポメトホルミンを2週間服用し3キロ減。食事の際に1錠で調整。副作用の嘔吐は量を調節して乗り越えました。最初は4分の1からがおすすめです。夜食を抜いても、食欲減退のおかげで苦ではありません。

健一 さん

2021年4月18日

アポメトホルミンでダイエット成功!始めは半錠から、副作用も少なめでした。最終的に4kg減出来ました!

なち さん

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1981年4月25日
趣味:写真撮影と旅行(特に国内の温泉地を巡るのが好き)
経歴:以前は製薬会社で働いており、医薬品の研究開発に携わっていた。自然が好きで、休日はよく山に行く。お薬市場では過去の技術を生かして、理解しやすい記事の作成を行っています。

リベルサス

リベルサス

ダイエット薬 トレーニング・ダイエット 生活習慣病 糖尿病・高血糖値
4
¥10,480
リポカット

リポカット

ダイエット薬 プロテイン・サプリメント
0
¥2,980