Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

【数量限定】ゼニカル

メーカー

Cheplapharm Arzneimittel

種類:

120mg

数量:

84錠

定価¥29,800

¥15,980

お悩み別なび

症状ごとにおすすめのダイエット薬

油の吸収をカットしたい方 脂肪の多い食事食事が好き、外食が多い方は脂肪吸収を抑える効果のダイエット薬がおすすめ
本商品、オルリガルオルリファスト
食欲を抑えて食べ過ぎ防止したい方 ついつい食べ過ぎてしまう方は食欲抑制効果のあるダイエット薬がおすすめ
リベルサス
代謝を上げて引き締まった体にしたい方 筋肉増加効果と体内のエネルギー効率を上げる効果があるダイエット薬がおすすめ
アポメトホルミンメトホルミン
太りづらい体にしたい方 血糖値の上昇を抑えて痩せやすい体にする効果があるダイエット薬がおすすめ
グルコバイ

商品説明

商品概要

商品名 ゼニカル(Xenical)
内容量 1箱/84カプセル
効果・効能 ダイエット
用法・用量 1日3回、60mg(1/2カプセル)
有効成分 オルリスタット
形状・剤形 カプセル剤
副作用 下痢、脂肪便など
メーカー Cheplapharm Arzneimittel
発送国 香港

特徴

肥満治療薬の説明

ゼニカルは食事に含まれている脂肪分をカットすることでダイエット効果を発揮するので、体内にほとんど吸収されません。そのため、命にかかわるような重篤な副作用を起こしにくく安全性が高いのが特徴です。

安全性が高いため、日本でも医師から処方してもらう処方薬ではなく、薬局やドラッグストアで購入ができる市販薬(OTC)として承認がされています。

海外通販と病院処方の比較

ゼニカルの購入には、通販サイトを利用して海外から購入する方法と、美容クリニックでの処方箋を通じて購入する方法があります。これらの方法の主な違いは、価格とジェネリックの可否です。

ゼニカルの処方箋は、保険適用外のため、クリニックでの取得は患者の全額負担となります。さらに、初回診察料も必要な場合があり、これにより薬代合わせてコストはかさみます。

例えば、84錠(約1ヶ月分)を購入する際:

  • 海外通販:薬代18,800円
  • 病院処方:薬代27,000円~加えて、診察料(初診料・再診料・調剤料など)

海外からの通販の方が薬代は安く、ゼニカルをより経済的に購入できます。

ゼニカルはこんな方におすすめ

普段通りの食事をしても痩せられるため、食事制限をせずにダイエットをしたい方におすすめです。

あるいは、普段からゼニカルを服用していなくても、どうしても抜けられない急な飲み会やパーティーなどでカロリーの高い食事会があるときにゼニカルを服用すると、その食事から脂質を30%カットできるのでおすすめです。

日本でもダイエット薬として承認されている

ゼニカルの有効成分オルリスタットは日本の製薬会社である大正製薬によって開発された内臓脂肪減少薬アライにも含まれており、2023年には薬局などで購入できる市販薬として承認もされています。そのため安全性や有効性が確認されており、安心感があります。

先発品として製造・販売されている

オルリスタットの先発品は、日本でも販売が予定されているアライだけでなく、ゼニカルも先発品とされています。ゼニカルは世界的に有名な製薬企業であるロシュによって製造されており、世界中でダイエット治療に使われています。

効果・効能

腹部が太めな方(腹囲が男性は85cm以上、女性は90cm以上)の内臓脂肪および腹囲の減少(生活習慣改善の取り組みを行っている場合に限る)に用いることができます。

運動や食事制限なしでの効果

ゼニカルを使用することで、厳しい食事制限や定期的な運動を行わなくても体重が減少するという点が、実際の臨床データで示されています。

ゼニカルに含まれるオルリスタットを1年継続して摂取することにより、平均で約6.1kgの体重減少が確認されています。

この結果を詳しく見ると、体重が5%減った方は大体8割、10%減った方は約5割となっています。例えば、100kgの人がゼニカルを用いると、約10kgの減少が期待できることになり、これは月におおよそ0.8kgの減少率となります。

ゼニカルの一般販売について

ゼニカルは100以上の国で「抗肥満薬」として、高血圧や脂質異常のある肥満患者に使用されています。

日本でも、2022年の11月頃より、処方箋なしで薬局で購入可能なダイエット薬として承認されています。ただし、薬局での提供の際には、男性の場合腹囲85cm以上、女性の場合90cm以上という制約が課せられる可能性が考えられます。

服用方法・使用方法

1回の用量 60mg(1/2カプセル)
1日の服用回数 1日3回
服用間隔 3~6時間
服用のタイミング 食事中または食後1時間以内

日本では有効成分オルリスタットの用法は1回最大60mg(1/2カプセル)までしか承認されていません。海外では症状や肥満度に応じて最大1回120mg(1カプセル)服用する用法も承認されています。

保管方法

  • 開封後は、できるだけ早めに服用してください。
  • 高温多湿や直接日光が当たる場所を避けて保管してください。
  • お子様がいるご家庭の場合は、お子様の手が届かない場所に保管してください。
  • 使用期限が切れている場合は、服用せずに速やかに破棄してください。

有効成分

有効成分はオルリスタットです。

オルリスタットは脂肪吸収抑制作用を持つ内臓脂肪減少薬です。

服用すると消化管管腔内で脂肪を分解する酵素であるリパーゼの活性を阻害し、食事由来の脂質の吸収を抑制します。

オルリスタットの服用とあわせて食事・運動の改善(生活習慣の改善)をすることで内臓脂肪が減少し、結果として復囲の減少へと導くことができます。

オルリスタットの効果

副作用

主な副作用

主な副作用として、下痢、脂肪便、悪心、吐き気、腹部膨満感などが報告されています。

とくに脂肪便は50%近くの方で報告されており、服用後にオナラをすると一緒に脂っぽい便が出たりすることもあるので注意が必要です。特に、通常よりも脂質の多い食事を食べたときにゼニカルを服用すると脂肪便が出やすいといわれています。

これらの副作用はオルリスタットの脂質吸収抑制作用によるもので、服用を中止すれば数日で解消するといわれています。

これら以外にも、何か気になる症状がある場合は速やかに医療機関を受診するよう推奨されています。

注意事項

ゼニカルの使用に注意する人

併用禁忌

  • 一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)
  • アミオダロン塩酸塩の経口剤(アンカロン)
  • sGC刺激剤のリオシグアト(アデムパス)

併用注意

  • シクロスポリン
  • 脂溶性ビタミンサプリメント
  • レボチロキシン
  • ワルファリン
  • アミオダロン
  • 抗てんかん薬
  • 抗レトロウイルス薬

ゼニカルは脂の吸収を抑制するお薬であるため、脂に溶けてから体内に吸収される性質がある脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)の吸収も邪魔されてしまいます。そのため食事に含まれている脂溶性ビタミンの欠乏症を起こすおそれがあります。

欠乏症を予防するためには脂溶性ビタミンを補給するためにマルチビタミンのサプリメントなどを併用することが推奨されています。ただし注意点として、ゼニカルと一緒のタイミングで服用はせず、2時間程度の間隔をあけてサプリメントを摂取するのが効果的です。

重要な基本的注意

  • 特に無し

禁忌(次の方は使用できません)

  • 栄養をうまく吸収することができない疾患である慢性吸収不良症候群の方
  • 脂肪の消化吸収に関与する肝臓から分泌される胆汁がうっ滞している方
  • 妊娠・授乳している方
  • ゼニカルの成分に対して過敏症の既往歴のある患者
  • 太っていない方
  • 18歳未満の方

参考サイト

よくあるご質問

Q:食事をしないときにゼニカルを飲んでも痩せますか?

ゼニカルは食事に含まれている脂質の吸収を抑制し、体外に排出することでダイエット効果を発揮するので、食事をしないときにゼニカルを服用してもダイエット効果は得られません。食事を摂らないのであればゼニカルは服用しなくても大丈夫です。

Q:カプセルをあけて中身を飲んでもいいですか?

日本で承認されたオルリスタットの用法では1回に60mgなのでゼニカルの半分の量ですが、カプセルをあけて中身を半分服用するなどの服用方法はできません。

Q:ゼニカルで体重が減らない、どうしてですか?

ゼニカルの効果が表れない場合、主に以下の理由が考えられます。

  • 正しい服用のタイミングが守られていない:
    正確な服用時間や指示を守ることが重要です。
  • 脂質の摂取量が多すぎる:
    ゼニカルは脂質の吸収を抑制するため、過度な脂質摂取は効果を減少させます。
  • 肥満の主な原因が脂質以外の食品成分である:
    ゼニカルは脂質の吸収を阻害する薬なので、肥満の主因が他の食品成分の場合、効果が限定される可能性があります。

これらのポイントを考慮して、正しい方法でゼニカルを服用し、バランスの良い食事を心掛けることが重要です。

Q:ゼニカルは炭水化物の吸収も抑えますか?

ゼニカルは「脂肪」の吸収を制限するための薬であり、炭水化物の吸収には作用しません。炭水化物の吸収を抑えたい場合は、他の種類のダイエット薬の使用を検討してください。

レビュー・口コミ

2023年10月12日

副作用が大変だけど、その分効果を感じます。

水谷 さん

2023年9月25日

サラダがメインの食生活から抜け出せるゼニカル!週末は好きなものを食べながら、ゼニカルで脂肪分をカット。でも、外出前の服用は禁物!自宅での利用が基本ですね。

彦摩呂 さん

2023年9月10日

母と一緒に始めて、二人とも効果を感じています。ただ、外出時は心配ですね。

OL さん

2023年9月5日

こんなに油を吸収しているの…!!と若干引きます(笑)その分目で見て効果がはっきり分かるのでいいです。

Obusa さん

2023年3月4日

どうしても脂っこい食事が好きでやめられません。でのこの薬のおかげで食べながらも減量できています。

肥満男子代表 さん

2022年5月27日

ゼニカル飲むようになって心置きなく揚げ物を食べられるようになりました。

すみれ さん

記事の著者情報と記事監修した商品

生年月日:1989年4月15日
趣味:ヨガ、料理(ヘルシーなレシピ開発と世界の料理を試すこと)
経歴:薬学部卒業後、国内外の製薬会社での研究職を経て、医学・薬学ジャーナリストへ転職。その後、出産を機に研究者としての経験を生かし、お薬市場スタッフに転身した一児のママ。専門的な内容をわかりやすく解説する記事が魅力です。

ザモカル

ザモカル

ダイエット薬 トレーニング・ダイエット
7
¥6,980
フォシーガ

フォシーガ

ダイエット薬 トレーニング・ダイエット 生活習慣病 糖尿病・高血糖値
3
¥6,080