Loading…

お知らせ:[2024-06-24] 【お知らせ】注文履歴から配送状況が見れる機能追加

もっと見る

ステンドラ成分「アバナフィル」とは?効果や食事の影響を解説

蒸留器具

アバナフィルは、バイアグラ、レビトラ、シアリスに続く、世界で4番目に開発されたED治療薬であるステンドラの主成分です。他のED治療薬と比較して、アバナフィルは最短15分で効果が現れる点や、食事の影響を受けにくい特性があります。また、副作用も比較的軽いことから、徐々に人気を集めています。

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの他のED治療薬で効果を感じなかった方や、何らかの理由で満足できなかった方にも推奨されています。性行為のタイミングに左右されずに使用できる点も、アバナフィルの大きなメリットです。

アバナフィルを含むED治療薬は、確かな効果が証明されているものの、日本国内の医療機関ではまだ処方されていない状況です。そのため、アバナフィルを含む製品は通販でのみ入手可能で、配送には数日を要することが一般的です。購入時は余裕をもって手続きをすることをお勧めします。また、服用する際には、添付されている文書をよく読み、注意事項を遵守することが重要です。

アバナフィルの効果

  • ED(勃起不全)の改善 正常な勃起を促し硬度を維持させる効果を持ちます

アバナフィルは、勃起不全の原因となる特定の酵素を抑制し、陰茎周辺の血流を増加させることで勃起を促進し、適切な硬度と持続時間を支える成分です。

様々な勃起不全の症状に対して効果が認められており、勃起が困難な状況、性交前に勃起が萎えてしまう場合、挿入後に早期に勃起が失われる状況(中折れ)などにも効果的です。体への直接的な作用により、器質性EDだけでなく、心因性EDにも効果を示します。

アバナフィルの作用は服用から約15分後に始まり、その効果は約6時間持続します。レビトラに匹敵する即効性を持ちつつ、食事やアルコールの影響を受けにくい点が特徴です。迅速な効果発現により、性行為のタイミングに関するプレッシャーが軽減され、精神的なストレスも緩和されます。さらに、バイアグラと同等の勃起力を持ちます。

アバナフィルは副作用がなく、バイアグラやレビトラが体質に合わなかった人にも使いやすい成分です。2012年に承認された成分であり、それまでのシルデナフィルやバルデナフィルの長所を併せ持っていると注目されています。

アバナフィルは副作用が少なく、バイアグラやレビトラが体質に合わなかった方にも適しています。2012年に承認されたこの成分は、シルデナフィルやバルデナフィルの優れた点を集約しており、そのため大きな注目を集めています。

アバナフィルの働き

アバナフィルは、陰茎周辺の血流を改善する作用があり、勃起を鎮静化するPDE-5(ホスホジエステラーゼ)という酵素を阻害します。

通常、勃起は性的興奮を覚えると脳から陰茎に信号が送られ、陰茎周辺の血管内に存在するcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質を大量に生成することで起こります。 cGMPは血管拡張作用のある物質で、陰茎動脈や海綿体の血流を高め、膨張と硬度を促します。 射精をするか、性的興奮が収まると、cGMPを分解するPDE-5が分泌され、陰茎周辺の血流が低下し、勃起状態が収束していきます。 しかし、PDE-5が過剰分泌されると勃起を正常に行うことができなくなり、ED(勃起不全)につながることがあります。

アバナフィルがPDE-5を阻害することで、成分が分解されるまではPDE-5阻害効果および血流改善作用も続きますので、勃起が促進され、満足いく性行を実現することができます。

性欲を増進する効果はないため、性的刺激がない状況で勃起する心配はありません。

アバナフィルのED改善率は73.9%

アバナフィルの臨床試験は、ED(勃起不全)を発症した男性を対象に行われました。治験ではアバナフィルを含有する50mg錠、100mg錠を服用するグループに分けられ、その結果、どちらの成分量でもEDの改善に有効であることが示されました。

試験前の対象者の挿入成功率は約46%であり、性行為を最後までできた男性は約13%程度でしたが、50mg錠を服用したグループでは挿入成功率が64.3%となり、性行為を最後までできた人は57.1%に達しました。

100mg錠を服用したグループの成功率はより高く、膣内への挿入を成功させられた人は約73.9%に達しました。

アバナフィルを含む製剤を受け取った治験参加者は、性行為の30分前に内服することで、満足のいく性行為を実現しています。アバナフィルは、バイアグラやレビトラ、シアリスなどの三大ED治療薬に比べてまだ広く知られていない成分ですが、その改善効果の高さと使いやすさから、海外では4番目のED治療薬ステンドラとして販売されています。

また、アバナフィルを含むジェネリック医薬品や、早漏防止効果を持つダポキセチンと配合された早漏改善薬もありますので、ED(勃起不全)を解決するための選択肢の一つとして有効です。

ステンドラ(アバナフィル)の服用方法・飲み方と注意点

性行為の30分から1時間前に水かぬるま湯で服用してください。初めて服用する場合、ピルカッターを使用して100mgや200mgの錠剤をカットし、50mgから始めることが推奨されます。

薬の効果は個人によって異なるため、50mgで効果が十分でない場合は、100mgを試してみてください。ただし、ステンドラの1日の最大服用量は200mgですが、これは体格の大きな欧米人向けの用量です。

また、服用間隔は必ず24時間以上空けてください。自分に合った用量を見極めるため、効果の程度を注意深く観察しましょう。

アバナフィルの食事の影響

ステンドラは食事の影響を受けにくい特性を持っていますが、確実な効果を得るためには空腹時に服用することが推奨されています。

油分の少ない軽い食事であれば問題はないですが、焼肉やラーメンなどの高脂質な食事の後に服用すると、成分の吸収が阻害され、効果が十分に得られない可能性があります。ステンドラを服用してから20~30分後には、成分が体に十分に吸収されているため、その時点であれば食事の内容に関わらず効果に影響はないと考えられます。

アバナフィルのアルコールの影響

ステンドラはアルコールとの相互作用がほとんどないため、服用時に適量のアルコールを摂取しても大きな問題はありません。

ステンドラの有効成分であるアバナフィルは血管拡張作用があるため、アルコールが通常よりも体内で早く回る可能性があります。これにより、少量のアルコールでもリラックス効果が得られ、性行為に自然に取り組むことができるでしょう。ただし、過度のアルコール摂取は性欲を減退させる可能性があるため、摂取量には注意しましょう。適量を守ることが重要です。

アバナフィルの副作用

アバナフィルの副作用な、以下のようなものが報告されています。

  • 頭痛
  • ほてり
  • 紅潮
  • 鼻づまり
  • 鼻咽頭炎
  • 背中の痛み

従来のED治療薬に比べて、アバナフィルの副作用の発生率は低いとされています。副作用が現れた場合、最も多く報告されているのが頭痛、ほてり、鼻づまりです。

頭痛は、アバナフィルが持つ血管拡張作用により、頭部の大きな神経を圧迫することで引き起こされます。ほてりや紅潮は、血流改善効果により体温が上昇することで起こり、鼻づまりは、鼻腔内の血管が拡張することで気道が狭くなるため起こるとされています。

また、鼻咽頭炎と背中の痛みも報告されていますが、これらの症状も軽度であり、アバナフィルの薬効消失に伴い改善することが多いです。

アバナフィルの禁忌事項と併用禁忌薬

  • 低血圧症
  • 高血圧症で治療を受けていない
  • 重度の腎障害をもっている
  • 重度の肝障害をもっている
  • 網膜色素変性症

アバナフィルを含む薬剤を使用したことでまぶたの腫れや全身のかゆみ、発疹などの過敏症が出たことがある人は、軽度でも状況によっては悪化する可能性があります。そのため、アバナフィルを使用しないようにしてください。

心血管系の持病や不安定狭心症をもっている人は、アバナフィル使用によって心臓や血管に大きな負担がかかり、生命に関わるリスクが高いとされています。また、数ヶ月以内に心筋梗塞や脳卒中、重篤な不整脈・冠動脈の既往歴をもつ人や、6ヶ月以内にバイパス手術など血行再建術を受けた人も同様です。性行為そのものが負担のかかる行為であるため、上記の疾患をもつ人は血管拡張作用を持つステンドラを使用しないようにしてください。

また、アバナフィルは血管拡張作用があるため、血圧変動の可能性があります。低血圧症や治療を受けていない高血圧症をお持ちの人は、急激な血圧低下によるリスクが高まります。

また、肝臓や腎臓に重い障害がある場合には、薬の成分を代謝し体外に排する機能が低下するため、アバナフィル製剤の服用はできません。アバナフィルの血中濃度が通常より高く長時間に及ぶことで、悪影響をもたらす危険性が報告されています。

さらに、網膜色素変性症を患っている人の安全性も確立されていません。網膜色素変性症患者は、PDE-6の遺伝的障害を持つ場合があり、本来PDE-5という酵素に作用するアバナフィルがPDE-6を阻害することがあります。このため、失明につながる恐れがあり、アバナフィル製剤の使用は禁止されています。

  • 硝酸薬(ニトログリセリン、硝酸イソソルビドなど)
  • 酸化窒素供与剤(亜硝酸アミル)
  • sGC刺激剤(リオシグアト)

上記の薬剤と併用すると、作用が相殺、もしくは増強される可能性があるため、絶対に服用してはいけません。 特に、狭心症や心不全などの治療薬である硝酸薬は、降圧作用の増幅により急激な血圧低下を招く可能性があり、重大な健康被害をもたらすことがあります。 硝酸剤にはニトログリセリン、硝酸イソソルビドがあり、ニトログリセリンは内服薬だけではなくスプレー剤やクリーム剤などさまざまな薬剤に含まれていますので、特に注意が必要です。

また、亜硝酸アミルなど酸化窒素供与剤や肺高血圧症に使われるsGC刺激剤も、降圧作用に影響するため、アバナフィルとの併用は絶対に避けなければなりません。

アバナフィルの注意事項

副作用が弱い特徴を持つアバナフィルですが、心血管系に強く働くことから使用には十分な注意が必要です。

アバナフィルの使用に注意がいる人

  • 65歳以上の高齢者
  • 陰茎に構造上の欠陥を持つ
  • 他のED治療薬を使用している
  • 肺高血圧症や前立腺肥大症の治療をしている
  • 出血性疾患もしくは消化性潰瘍を患っている
  • 鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病
  • 肝障害もしくは腎障害を患っている

65才以上の高齢者は、加齢による成分の分解と代謝、排出などの生理機能が衰え、アバナフィルの作用が悪影響に変わることがあります。 性行自体が心臓や血管に負担のかかるものですので、服用の際には10mg錠をピルカッターで割るなどして、少量からはじめてください。

年齢が若い方、65才以下の方でも重度の腎機能障害や肝機能障害を患っている方も服用に注意が必要です。 アバナフィルなどの成分は肝臓で代謝され腎臓で排出されますが、機能低下により正常に分解されず血中濃度が高くなる危険があります。

陰茎が折れた折症やペロニー病など、陰茎の構造に異常をきたしている場合は、性行そのものが向きません。 アバナフィルの勃起促進効果で思わぬ悪化を招くこともあります。

過剰摂取もできませんので、同じアバナフィルの限度量を超える服用やシルデナフィル 、バルデナフィル、タダラフィルなど配合された他のED治療薬との併用もしないでください。 ED治療薬ではなくても、肺高血圧症や前立腺肥大症の治療薬に上記成分が使われているため併用注意となっています。

出血性疾患や消化性潰瘍を治療中、もしくはその疑いがある方は、アバナフィルとの併用で血液の抗凝固作用を増進させる危険性があります。 止血が正常におこなわれなくなり、命に関わります。

鎌状赤血球性貧血や多発性骨髄腫、白血病を患っている方に対しては、性的刺激のない状態で4〜6時間以上勃起が続く持続勃起症(プリアピズム)を発症するリスクが高いとされています。 痛みを伴うケースが多いので、違和感を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

アバナフィルとの併用に注意がいる薬剤

  • 降圧剤
  • CYP3A4阻害剤
  • α遮断剤

アムロジピンなどに代表される降圧剤は高血圧症の治療に使われています。 アバナフィルには血管拡張効果がありますので、降圧作用を増幅させる可能性があります。 ドキサゾシンなどα遮断剤も血管拡張効果を持つ降圧剤ですので、急激な血圧変動を招きます。 併用でめまいやふらつき、失神などを引き起こす症状も報告されています。

真菌症やHIV治療薬、抗生物質などに使用されるCYP3A4阻害剤も併用に注意がいります。 アバナフィルの血中濃度が上がることで、過度に作用がおよぶリスクがあります。 ケトコナゾール、リトナビル、エリスロマイシンなど多数の種類が出ていますので、薬を使用する際はご確認ください。

関連商品